スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ移転のお知らせ

いつもご愛読いただいている皆様、本当にありがとうございます。
実はこのたび、はてなブログへ移転することにしました。

新しいブログはこちらになります(→新型犬型相撲日録)。
実に安易なタイトルですが…

はてなユーザーの方でなくともコメントしていただけるようなので、
気が向かれたら今まで通り書き込んでやって下さい。
よろしくお願いします。

ちなみに今までのブログも、そのまま残しておくつもりです。
自分の記事にリンクしている記事もあるので、これを全て貼りなおすのも大変で…


で、なぜに移転か、という話なのですが。

気まぐれに書いてきたこのブログですが、
いつのまにか記事の本数も500本近くなりました。
(ゼニにもならんのに我ながらようやるわい、とも思いますが…)

長くやっているとアーカイブ的な意味合いも案外出てくるもので。
自分で昔の記事をあれこれ読み返すことも、最近は多くなりまして。

すると現在のFC2ブログで不満になってくるのが、「カテゴリ」の機能です。
1つの記事に対し1つのカテゴリしか設定できないので、
複数の要素を持つような記事をうまく扱えない。

例えばこれなんかは今までのブログなら「書評」に当然入りますが、
できるものなら「大相撲の国際化」みたいなカテゴリを作ってそちらにも入れたい。
FC2だとそれができない。

FC2でもタグ機能があるので、それを使えばいいのですが、
タグの表示を編集できないようで、見た目が非常に煩雑だったりします。

はてなブログはこの点非常に便利なようで。
こちらの「カテゴリ」は実質タグと同じようなもので、しかも表示をにカスタマイズできる。
この方があとで読み返すには便利だな、と思ったわけです。


といいつつ、未だ新しいブログの方は古い記事のカテゴリー分けも十分できていなかったり。
いろいろ手つかずの部分も多いのですが、夏場所も始まってしまったので見切り発車で行きます。

これからは新しいブログの方でご愛読いただければ幸いです。
今後ともよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

だいがくせい なりました

いぜんスクラップした記事の続報、というか。

鳴戸親方が学生に 日体大入学式で沙羅らと記念撮影ニッカン

大相撲の元大関琴欧洲の鳴戸親方(32、本名・安藤カロヤン)が3日、東京・世田谷区の日体大で行われた入学式に出席した。

鳴戸親方は、02年10月の角界入りする前に、母国ブルガリアの国立体育大学に2年間、通学していた。単位も取得しており、これを日体大が確認。体育学部武道学科の3年生として、編入学の措置がとられ、晴れて「大学生」になった。

日体大では、科学的なトレーニング理論の習得に意欲を示している。入学式では、新入学生へのエールを送り「最先端のコーチ論を学びたいと思い、編入学を決意しました。皆さんも充実した学生生活を送りましょう」とあいさつ。体操の白井健三、昨年入学したスキージャンプの高梨沙羅らと記念写真に収まり、満面に笑みを浮かべながら、異例の「学生親方」としてのスタートを切った。


最近引退した親方の中で、NHKの解説に呼ばれ一番頭の良さを感じさせたのがこの人。
たった今おこなわれた目の前の取組やそのポイントを、瞬時に言語化してしまう。
しかも当人にとってはそれが外国語なわけで、凄いな、と感心しながら見ていた。

ただ頭が良すぎて、むやみに考え込んでしまう癖があるのだろう。
現役時代は、前に出て投げや叩きで一度負けた相手には、悪いイメージが先走りしてか、
腰の引けた相撲になる傾向が強かった。
すると上体が下がるから、逆に叩きを食いやすくなる。
ならばと慎重に行けば、見透かした相手にいっぺんに持っていかれる。

あまり深く考えず、自分のスタイルに徹すればそれで良かったのだが。
相手の出方を意識しすぎて、要らぬ苦労を背負ってしまう。
大関琴欧州はそんな人だったように思う。

この辺りの過剰に知的な面が、今後どう働くのか。
細部まで目の届く優秀な親方になるのか、
あるいは神経質なケアで弟子を潰してしまうのか。
恐らく独立して部屋を興すのだろうが、5年後10年後が見ものである。

それにしても散々ごねた先代の鳴戸夫人は、結局指導料を琴欧洲から貰ったのだろうか…?

妙義龍が初CM、ぶっ飛びぃー


妙義龍がテレビのCMに出ているらしい。

妙義龍が初CM 大関への足掛かりへ発奮材料ニッカン

大関候補の小結妙義龍(28=境川)がテレビCMに初出演することが3月31日、分かった。サントリーから発売中の「伊右衛門 特茶」のアピール役として起用され、2月中に撮影も終了。近日中に放送が始まる。春場所で8勝を挙げ、夏場所(5月10日初日、両国国技館)では4場所ぶりの関脇復帰が濃厚。大関への足掛かりへ、新CMを発奮材料にする。

 速攻の押し相撲で技能賞を5度受賞している技能男が、これからは“お茶の間”にも頻繁に登場しそうだ。女優宮沢りえらを起用して好評の「伊右衛門 特茶」は、体脂肪低減を補助する特長がある。妙義龍は力士の中でも体脂肪率22%台と低く、体重153キロのうち筋肉量が110キロ。角界のムキムキ男にとっては適任のCMで、説得力もありそうだ。(後略)


映像はこちら、リンク先「広告紹介」の一番左。
宮沢りえって色っぽくなったんだなあ(←そこじゃない)。


本題は妙義龍、この人の仕切りの格好が私は好きで。
腰を深く割って鍛え上げた大胸筋をグッと反らし、相手を睥睨する姿が好もしい。
横から見るとひらがなの「ん」の字に見えるが、こういう形になる人ってあまりいない。

一時期は大関候補の呼び声も高かったが、最近は照ノ富士、逸ノ城の存在でちょっと影が薄くなってしまった。
ぜひ奮起を、と思うが。
この人が大関になっても、また弱い日本人大関が増えるばかりじゃないかと考えてしまうのはなぜだ。

稀勢の里のカエル飛び

春場所もおわったが、
いまだにひっかかるのが稀勢の里の低調振り。

9勝6敗と今一つの成績であったが、目についたのは、
場所中時折みせた、両脚を同時にピョンとはねるカエル飛びのような立ち合い。
今まであまり見られない姿だった。あれは何だったのだろう。

15日間すべて、というわけではなかったのだが、今になって録画など見返してみると、
逸ノ城、照ノ富士、栃ノ心、白鵬戦などがこの立ち合いになっている。
結果として照ノ富士戦以外はすべて敗戦。
ほかはいつも通り右足からちゃんと踏み出しているのだが。

思い当たるのはやはり、昨年初場所でいためた、右足の親指であろうか。
あのケガ以来、稀勢の里の立ち合いはひところの迫力をうしなっている。
一歩目の足の親指にダメージがあっては、当たり前といえば当たり前なのだけど。

それでも突き押しから四つ身の相撲にスタイルを変えることで、何とか対応。
逆に相撲が安定感を増したようにもうつり、
ケガの功名かな、などと去年の半ばあたりはよろこんでいたのだが。
その後はジワジワと状態が悪化しているような。
それが顕在化したのが、あのカエル飛びなのか、どうなのか。

場所中はつい感情的になっていろいろ悪口もかいてしまうのだが。
もしそうだったらゴメンよキセ。いまごろ反省したり。

千秋楽


1敗白鵬、2敗照ノ富士で迎えた千秋楽。
照ノ富士が豪栄道を下したものの、白鵬も結びで日馬富士を熱戦のすえ退け、
自身の記録を更新する34度目の幕内最高優勝を果たした。


2分超の熱戦を白鵬制す

○白鵬<東横綱14-1>(よりきり)日馬富士<西横綱10-5>●

立ち合い中に入ろうとする日馬富士を、白鵬突いて牽制、
そのまま西土俵に攻めこむも、日馬富士機をみて飛び込み右四つで東土俵に走る。
白鵬ここは右からすくって体を入れ替え残すが、
土俵中央日馬富士、上手を引いて頭をつけ、白鵬に上手を許さず。
日馬富士絶好の体勢。
白鵬は下手投げ、蹴返しなどいろいろ試みるも日馬富士の構えは崩れず。
やむなく下手一本でじっと我慢。

やがて体躯に劣る日馬富士、スタミナも切れ、もはや勝負と下手を切りつつ前に出るも、
白鵬これは離さず出し投げに振って胸を合わせる。
かまわず日馬富士黒房に寄りたてれば、白鵬再び下手から振って今度は上手を引く。
我慢のすえようやく自分の形を作った白鵬、あとは出るだけと黒房に寄れば、
日馬富士すでに残す腰無く、あっさりと土俵を割る。
2分を超える大熱戦だった。

今場所右ひじの故障もあって精彩を欠いた日馬富士が、
弟弟子の援護射撃のため、今場所一番の相撲を千秋楽に見せてくれた。
上手を引いて食い下がったところまでは、よもやと思わせた。

しかし横綱に昇進したころの日馬富士ならともかく、
満身創痍の現状では、ここから先の攻め手はなかったのだろう。
下手一本で守りに入った白鵬に対し、出し投げで崩すことすらままならなかった。
それでも、男気に満ちたいい相撲だった。


熱気に満ちた千秋楽は一転、底冷えのするフィナーレ

舌禍事件以来取材を遠ざけてきた白鵬が、
久々に公の場で重い口を開くということで注目された優勝インタビュー。
例の件に対し何を語るか、と見ていたのだが。

アナウンサーに「どのような気持ちでこの場所に臨みましたか」と問われると、
「まあ、いろいろ騒がしましたけど…」と自ら触れた後、固い表情のまましばし無言。
重い沈黙に耐えかねたか、優しい大阪のお客さんからジワジワとクレッシェンドで声援が上がる。
さあ何を言う、と思いきや、何の脈絡もなく「…頑張ります」と締めてしまった。

ここで今場所初日のわたくしのツイート。



自己愛の強い白鵬なら、これくらいのことは考えているだろう、ケッ、というつぶやきであった。
しかし私のような意地の悪い目線ではなくとも、
このインタビューで何か一言でも相撲ファンに詫びるような文句がほしい、と思っていたのは、
私だけではなかったのではあるまいか。

彼の嫌うメディアのいない、肉声をファンに直に伝える最大のチャンス。
ここで語らないでいつ語るんだ、という場面であった。
しかしそこに謝罪の言葉はなかった。
結局白鵬の中で、譲れないものが断固としてあるのだろう。

「騒がしましたけど」という言葉にも、自らを非とするような気持ちは感じられなかった。
これまでの流ちょうな弁舌を振り返る限り、いかにモンゴル人の白鵬とはいえ、
詫びる気持ちがあったなら「お騒がせしましたが」程度の言葉は使っていたはずだ。
「俺が騒がせたんじゃない、お前らが勝手に騒いだだけじゃないか」
そんな白鵬の思いすら感じられた。考え過ぎだろうか。

結局インタビュー中、白鵬は終始硬い表情。
言葉も少なく、いつもの過剰なリップサービスは微塵もなかった。
土俵上の戦いは大いに盛り上がっただけに、後味の悪さが余計に感じられた。


照ノ富士は豪栄道に双差しを許しながらも、豪快に極め、攻めたてての小手投げで勝利。
あの格好でも勝たせてもらえないのだから、大関とは言え豪栄道を責めるのは酷だろう。
照ノ富士のスケールの大きさに呆れるほかない。

宝富士は旭秀鵬を寄り切って破り、勝ち越し。
来場所の新三役は難しいが、筆頭は間違いない。
三度目の正直に期待。

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。