スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だいがくせい なりました

いぜんスクラップした記事の続報、というか。

鳴戸親方が学生に 日体大入学式で沙羅らと記念撮影ニッカン

大相撲の元大関琴欧洲の鳴戸親方(32、本名・安藤カロヤン)が3日、東京・世田谷区の日体大で行われた入学式に出席した。

鳴戸親方は、02年10月の角界入りする前に、母国ブルガリアの国立体育大学に2年間、通学していた。単位も取得しており、これを日体大が確認。体育学部武道学科の3年生として、編入学の措置がとられ、晴れて「大学生」になった。

日体大では、科学的なトレーニング理論の習得に意欲を示している。入学式では、新入学生へのエールを送り「最先端のコーチ論を学びたいと思い、編入学を決意しました。皆さんも充実した学生生活を送りましょう」とあいさつ。体操の白井健三、昨年入学したスキージャンプの高梨沙羅らと記念写真に収まり、満面に笑みを浮かべながら、異例の「学生親方」としてのスタートを切った。


最近引退した親方の中で、NHKの解説に呼ばれ一番頭の良さを感じさせたのがこの人。
たった今おこなわれた目の前の取組やそのポイントを、瞬時に言語化してしまう。
しかも当人にとってはそれが外国語なわけで、凄いな、と感心しながら見ていた。

ただ頭が良すぎて、むやみに考え込んでしまう癖があるのだろう。
現役時代は、前に出て投げや叩きで一度負けた相手には、悪いイメージが先走りしてか、
腰の引けた相撲になる傾向が強かった。
すると上体が下がるから、逆に叩きを食いやすくなる。
ならばと慎重に行けば、見透かした相手にいっぺんに持っていかれる。

あまり深く考えず、自分のスタイルに徹すればそれで良かったのだが。
相手の出方を意識しすぎて、要らぬ苦労を背負ってしまう。
大関琴欧州はそんな人だったように思う。

この辺りの過剰に知的な面が、今後どう働くのか。
細部まで目の届く優秀な親方になるのか、
あるいは神経質なケアで弟子を潰してしまうのか。
恐らく独立して部屋を興すのだろうが、5年後10年後が見ものである。

それにしても散々ごねた先代の鳴戸夫人は、結局指導料を琴欧洲から貰ったのだろうか…?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

科学的なトレーニング

閉鎖的な感じがする相撲の世界では、新しいトレーニングの仕方があって良いと思います

琴欧州が活躍してた頃をあまり知らないですが、素敵な親方になられましたね。


鳴戸部屋のいざこざも詳しくは知りませんが。
稀勢の里が大関になるか?という時に親方が亡くなられたとかで…。


親方が場所間近の急逝でなくて。
もっと新しい親方を決めるのに
時間があったら、稀勢の里は二所ノ関一門の部屋に移ったりしたのかな?って思いました
今の、田子ノ浦親方でなくて。
他の部屋の親方の元で指導を受けてたら稀勢関は、どうなってたかな?と思ってしまうのです。

雪椿さんコメントありがとうございます

新しい科学的なトレーニング、ぜひ親方には期待したいですね。

まあただ、今の力士たちは伝統的な稽古ばかりでなく、
ジムに通ったりしている人も多いので、それほど閉鎖的でない気もします。

あと、昔風の四股・テッポウなどもインナーマッスルの強化、という意味で、
実はすごく理にかなったものだったりします。

私は一時期遊びで毎朝四股を踏んでいたことがあるのですが(笑)、
続けていると腰回りが非常にしっかりしてきて、
日常の歩行などが凄く楽になります。
なるほどお相撲さんが100キロ以上の巨体でああも動けるのは、
こういうことなのか、と納得できたり。

このあたり、もしご興味があれば、
高砂部屋マネージャーの一ノ矢さんの著作など読んでみてください。
相撲の伝統的トレーニングを科学的に捉えていて、おもしろいです。

稀勢の里が移籍していたら、ということですが…

うーん、これは難問…
まあ移籍の可能性はあまり無かったような気がします。

でも他の師匠のもとで指導を受けた稀勢の里、っていうのは、
ちょっと見てみたかった気もしますね。
先代師匠の隆の里のスタイルを、
濃厚に受け継ぎ過ぎている嫌いがあるので。

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。