スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稽古総見もろもろ

今日(というか昨日か)は稽古総見。
大相撲ニュースも久々に賑やか。

白鵬が豊真将に不覚も13勝1敗(ニッカン)

大相撲初場所(来年1月9日初日、両国国技館)の横綱審議委員会けいこ総見が23日、東京・両国国技館で行われた。6連覇を狙う横綱白鵬(25=宮城野)は全14番で13勝1敗だった。11月の九州場所で敗れた関脇稀勢の里に2連勝して勢いに乗ると、豊響、若荒雄、琴奨菊を退け7連勝。さらに九州場所では14勝1敗で優勝決定戦を行った東前頭筆頭の豊ノ島に2連勝し、玉鷲は蹴返しで破るなど技の豊富さも見せつけた。最後に、東前頭4枚目の豊真将にこそ不覚を取ったが、直後に2連勝。敗れた1番以外は危なげない、貫禄(かんろく)十分の内容だった。「いい汗を流せた。これから初場所まで、まだ日がある。焦らずマイペースで調整していきたい」と振り返った。


おおっ、唯一横綱に土をつけたのが豊真将とは素晴らしい。
どんな相撲だったのか、といえば。

唯一の金星は豊真将「ああいうのを目指していた」(スポニチ)

横綱・白鵬をただ一人破ったのが豊真将だった。横綱から名指しで土俵に呼ばれると、鋭い踏み込みから力強く寄り切った。「下からおっつけて押す、そして前に出る。先場所もああいうのを目指していた」と、イメージ通りの取り口に納得の表情を浮かべた。

先場所はあっさりとはたき込まれたが、東前頭4枚目の初場所も対戦する可能性はある。「まだ本格的な申し合いをしていないんで、これからですね」と気合を入れた。


先場所の相撲もイメージは伝わったが、
白鵬の引き足についていけずバッタリ前に落ちたんであった。
まあ申し合いの流れの中で白鵬の気の緩みもあったろうし、
あと二番は負けたということでニワカには喜べないが、まずは良いニュース。

気になるのはこの人。

モンゴルで右足治療中 無断欠席の日馬富士に注意(スポニチ)

右足首の負傷で先場所を途中休場し、来年1月の初場所では初のかど番となる大関日馬富士(26)が23日、両国国技館での横綱審議委員会(横審)による稽古総見を日本相撲協会に連絡せずに欠席した。二所ノ関生活指導部長(元関脇金剛)は、師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)に本人に注意するように伝えた。

日馬富士はけがの治療のため、10日から故郷のモンゴルに滞在中。相撲協会に海外渡航届は提出しており、30日に日本へ戻る。同協会の放駒理事長(元大関魁傑)は無断欠席に「(渡航)届けを出したから報告の必要はないと判断したのだろう」との見解を示した。

ただ番付発表後も日本を離れていることについて、放駒理事長は「できれば帰ってきてほしかった。年明けから稽古をしても10日もない。大丈夫なのか」と話した


九州場所開け早々、11月の半ばに足首を負傷し、全治6週間の診断が出ていた日馬富士。
いずれにせよ年内一杯まともな稽古も出来ないことは分かっていたので、
今更見る側が気にやむことではないのだけれど。
場所を通じて調子を上げていくしかないのだろう。


スポンサーサイト

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

不器用ですから

大関取りへの足固めをねらった11月場所、
関脇で7勝8敗と残念な成績に終った栃煌山。
序盤5勝1敗で終えながら、
6日目から7連敗、13日目から3連勝という極端な星取り。
連敗中は立ち合いも出足も冴えず、精神面で行き詰っているのが感じられた。
年明け1月場所は東の小結で出直し。

下は今月20日の記事から要点を拾ったもの。

大関とり「がむしゃらに」 大相撲・栃煌山雄一郎(日経)

1年納めの九州場所に悔いは残るものの、振り返れば収穫の多い1年だった。期待をかけられながら伸び悩み、あっさり負けることも少なくなかったのが、かつての栃煌山。それが今年はムラがなくなり、上位でも安定した成績を残せるようになった。
(中略)
189センチ、152キロの堂々たる体格。鋭い出足を生かした馬力を武器に、まわしにこだわらずにどんどん圧力をかける。相手にとってこれほど嫌なことはない。

同部屋で出世を競う平幕の栃ノ心も、日々の申し合い稽古で栃煌山の成長を実感する一人だ。「強くなった。前は当たって止まって、そのまま相撲をとっていた。でも今は当たってそのまま一気にいくからね」それまではあまり踏み込まずに、得意のもろ差しになりたいばかりに窮屈な体勢で差しにいく姿がよく見られた。

栃煌山が「もろ差しを狙うと、足が止まっていた」と認める通り両足もそろいやすく、その瞬間を狙われ、引き技やはたき込みを食らい前にバタリ。そんな悪循環も、長所を伸ばすことで消えていった。

以前は四つ相撲を覚えさせたこともある師匠の春日野親方(元関脇栃乃和歌)は「器用な男ではないし上手な相撲はとれない。余計な動きをしないで、相手を押し出すということ。栃煌山に馬力で勝てる力士はそういないよ」と今のシンプルな相撲を磨いていく方針だ。


記事全体のトーンは今年後半に入っての栃煌山の変化を描いているが、
最後の親方の談話は不振に終った九州場所を踏まえての発言にも聞える。
というのも場所前の10月にはこんなコメントがあり、栃煌山本人もやや戸惑い気味だったため。

馬力主体の愛弟子に朝青龍を目指せというのは酷だった、
まずは難しいことをしようとせず、腰を落して前に出ること、
上半身ばかり目がいって、持ち味の下半身の強みが失われては元も子もない…
そんな反省が親方にあるようにも見て取れる。

まあコメント通りの相撲だと、大関としては安定感に欠ける嫌いがなくもない。
しかし角を矯めて牛を殺すよりはマシなのだろう。
先場所のように連敗の泥沼にはまりかけても、
自分のやるべき事がシンプルな形で頭にあれば立ち直りも早いはず。

インタビューでは来年、大関を目指すとのことだが、
なにしろ三役経験もまだ4場所に過ぎない。
あまり気負わず、三役定着くらいを目標に当分は相撲を取って欲しい。


テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

新弟子検査

北斗の拳から…「羅王」新弟子検査パス(ニッカン)

大相撲初場所の新弟子検査が27日、東京・両国国技館で行われた。漫画「北斗の拳」をヒントに名付けられたという伊藤羅王(いとう・らおう、17=立浪)や、白鵬の父から入門を勧められたモンゴル出身のガントルガ・ガンエルデネ(19=間垣)ら11人が受検し、9人が体格基準(173センチ、75キロ以上)をパスした。

伊藤の師匠・立浪親方(元小結旭豊)は「しこ名は羅王丸。すでに兄弟子たちとも、いい勝負をしている」と期待していた。合格者は内臓検査の結果を待って、初場所初日に発表される。


早ければ初場所の土俵にあがる、と言われた
日体大の明月院は記事中に名前が無い。
ということは3月になるのだろう。

伊藤羅王…どんだけマンガ好きな両親だったんだろう。
しかし胸板の厚さはなかなか。

若三勝ことガンエルデネの名も。
この人はさっさと幕下まで上がってきそうだが。


テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。