スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武田頼政さんのインタビューを読んで

民主党政権になったから相撲の八百長がバレた あと八百長力士は律義(ガジェット通信)


八百長騒動ですっかりおなじみになった武田頼政さんのインタビュー。
このひとの記事や発言を見聞きすると、ほんとに相撲見てるの?と感じることが少なくない。
リンク先の記事は先場所中の古いものだが、いいサンプルだと思うのでちょっと取り上げる。

冒頭いささか浮かれ気味の聞き手が、
いまや八百長のオーソリティーとなった観のある武田センセイに直球質問。

――た、武田さん! 「技量審査場所」では八百長ありましたか! 八百長の見分け方を教えてください!

武田:これはまた直接的過ぎる質問ですね。まぁ、今日は「釣り出し」が決まり手の取り組みが何件かありましたが、「釣りだし」ってのは典型的な八百長相撲なんですよね。よく、テレビは「もつれて倒れるのはガチ」なんていいますが、「四つ」になって倒れるのも実は怪しいのでは、と見ています。


「吊り出し」を魚でも捕るように「釣り出し」と書いてしまう時点で、
この記事どうなのよ、と思ってしまうが、それは本題ではない。

記事の採録が行なわれたのは5月場所14日目のことだと明記されている。
そこで実際に14日目幕内あるいは十両の記録を見てみると、
吊り出しで決まった相撲は一番もない。

いくらか甘く見て、編集上のミスで日付を間違えていると仮定しても、
そもそも5月場所中、十両以上の取り組みでは
吊り出しは中日、千秋楽と一番ずつ出ているだけである。

「今日は「釣り出し」が…何件かありました」というのは
中継も見ず、生観戦もせずに思いつきで発言していると取るのが自然だろう。



不思議な発言はまだある。
八百長とは実力上位のものが、
アクシデントなどによる取りこぼしを防ぐためのもの…と説くくだり。

――こうした「運」は排除しようってのが八百長の狙いなのですね。

武田:まぁ、「実力的に負けるべき相手には負けてあげる」ってところでしょうか。元々「本当の力」を図る場所としては巡業や普段の稽古があるわけですね。その場で「あっ、こいつは相当強い。負けるべき相手だ」ということが分かる。巡業先で力関係が決定し、本場所でその関係が現れるといったところでしょうか。


巡業の取組はあくまで花相撲で、実力を出し合うものでないのは周知の事実である。
そこで「本当の力」が分かるというのは奇妙な言い分だ。
まあ巡業では公開稽古も行なうから、そちらを指していると捉えれば理解できる。
しかしその積りならもう少し言葉を添えるだろう。



話は新入幕魁聖の快進撃にも及んで

――技量審査場所では、新入幕で前頭16枚目の魁聖が初日から9連勝し、結果的に10勝5敗となりました。これって魁聖がガチンコですさまじく強かったってことですか?

武田:こういう非常にイレギュラーな場所にありがちなことですよ。魁聖が破竹の勢いで勝っているだけに、空気を見て負けてあげた人もいることでしょう。でも、場所の終盤では4連敗したりしているわけで、強い力士と当たり出して負けがこむのは自然といえば自然でしょう。


「イレギュラーな場所にありがち」というのは真意が今ひとつ分からない。
しかし八百長騒動の影響だと言いたいのであれば、どうもピントがずれている気がしてならない。

地力のある新入幕力士が、取り口が知られていないのを強みに大勝ちするのは時折あることだ。
近年では平成19年の3月に栃煌山が11勝、9月に豪栄道がやはり11勝など好成績を上げている。
魁聖の活躍の原因を、場所がイレギュラーなものであったからというのは
素直にうなづける話ではない。



ただこの人は時折まともな事も言うから始末が悪い。

本場所は90日もやっていますし、全国各地へ巡業へ行くから部屋が違えど力士同士でお友達になります。そういうところから腐敗が始まり、そこに金が発生するという構造があります。これがほかの武道とは違う点ですね。
(中略)
大体、親方名跡売買に1.6億円という金が動くので、負けたから引退ってワケにはいかないんですよ。それと場所数も多過ぎです。この二つの問題が解決しないと八百長はなくなりません。この状況を放置しておいて八百長だけをやめさせるってのは、全体の環境整えないと無理です。それをしながら、八百長が自然自然に淘汰される勝負環境を作らなくてはいけません。


力士の馴れ合いを生み出す大巡業制度、
年寄名跡の売買に行き来する億単位の金の問題など、それはそれで問題である。
しかし語り手は素人の相撲ファンからしても
本当に相撲を見ているのか、疑問に思うような人物だ。
最後にこうしたもっともらしい言葉で締めれば、内心はともかく、
いかにも大相撲の将来を慮っているようで聞こえがいいのだろう。

虚と実をパッチワークのように縫い合わせ、
面白おかしい読物を生産するのが武田頼政という人の仕事なのだと思う。
プロの興行である以上、そうしたなりわいに利用されるのは仕方の無いことだし、
大相撲に八百長なんて全くない…とは私もさすがに思わない。
OBらの重い告発記事などは、ある程度信じてもいいのだろう。
しかしこの人の話は様々な面で軽い。




スポンサーサイト

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

ガチンコ場所で決まり手に変化が!?

5月場所が終ってもう3週間も経つが、
場所終盤、ネットに上がったゴシップ系の記事の一つ。

ガチンコ化推進で復興図る大相撲技量審査場所にみる、ある傾向(リアルライブ)

八百長問題で存亡の危機に揺れ、全席入場無料の一般公開の「技量審査場所」を開催して再起を図る国技・大相撲。八百長を一掃すべく、土俵上のガチンコ化を推進しているのはご存じの通りだが、当然相撲内容にも変化が出ているという。

技量審査場所の土俵では、相撲の決まり手の定番中の定番である「寄り切り」と「上手投げ」の二つが激減しているというのだ。そしてこの二つの技は、実は八百長相撲の決まり手の定番としても知られている。要するに、最も打ち合わせ通りに決まりやすいのが、「寄り切り」と「上手投げ」なのだ。
(後略)


寄り切りと上手投げが激減?
ほんとかよ(笑)調べてみる。

まずは八百長問題発覚前の昨年3月場所から今年の1月場所まで、
一年間の幕内十両の決まり手総計上位十傑。
(参照したのは相撲リファレンス。本当に便利なサイト。管理者の方には頭が下る)

kmrt1nen

全体におけるパーセンテージも出せばいいのだろうけど面倒なので略。
次に問題の今年5月場所。
記事は5月19日付けで、場所中12日目にアップされたもの。
そこで初日から11日目までの同じく幕内十両決まり手十傑を見てみる。

kmrt5-2

寄り切りも上手投げも激減などしていない。
決まり手ネタは八百長記事の人気トピックだが、
実際調べてみればさして根拠のないものも多い。

まあ一ヶ月近くも前のヨタ記事に目くじら立てるのも野暮ではある。
しかしライターのいい加減な仕事で
真面目にやっている力士が白眼視される世の風潮もどうかと思うので書いておく。



テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

ぐぎぎぎ

八百長よりも夏場所?理事会も調査委も「開催ありき」(スポニチ)

大相撲の八百長問題の全容解明を目指す特別調査委員会は22日、東京・両国国技館で開かれた相撲協会の理事会で、関与の疑いがかけられている14人が正直に関与などを申告すれば処分の軽減を考慮することを提案し、承認された。幅広い情報提供を求めるのが狙いだが、放駒理事長(元大関・魁傑)も一転して“夏場所(5月8日初日、両国国技館)ありき”を示唆。徹底究明を諦めたような発言に終始した。

特別調査委員会の“迷走”はこの日も止まらなかった。理事会では、23日から関与を疑われている14人を対象に行う面談調査で、正直に関与を申告した者には情報提供と引き換えに処分の軽減を考慮したいと提案した。だが、関係者によると「厳罰を逃れるため力士が虚偽の証言をしたら大混乱する」との懸念が相次いだという。「爆弾を持たせるようなもの」という猛反対も出た。

これに対し、放駒理事長は「皆さんも夏場所はやりたい気持ちではないか?解決のためには協力してほしい」と説得。外部理事である伊藤座長も、3月中旬までに区切りをつければ5月の夏場所開催に間に合うと述べると流れは変わったという。さらに同委員会は、理事会が必要とあれば処分を提言する用意をするとの意向も通達した。

伊藤座長は「情報を多方面から取らなきゃいけない状況に追い込まれている」と説明するが、内部告発を期待した「ホットライン」開設でも十分な情報を得られない中、正直に申告する力士は皆無に等しいと言わざるを得ない。昨夏の野球賭博問題では、上申書で正直に申告すれば厳重注意にとどめると通達しながら、実際は解雇、けん責などの処分が下された。力士らは情状酌量をちらつかせる手法に不信感を抱いており、疑惑をかけられているある力士も「裏付けをするとはいえ関係ない人が犠牲になる可能性もある。とんでもない話」と不満を漏らした。

放駒理事長は当初、「全容解明がない限り本場所開催はできない」と明言した。ところが、一転して夏場所ありきで調査を進め、早期解決を目指すことになった。閉塞(へいそく)状態に陥る特別調査委の苦肉の策に夏場所ありきの思惑が絡んでいるようでは、世間の納得を得ることはできない。それどころか批判が出るのは必至。相撲協会は徹底究明とはかけ離れた方向に動きだした。


興行団体が、実態と対策をはっきりさせるまで興行しませんと言ったのだ。
調査を急ぐのは当り前ではないか。
稽古してれば飯の食える団体ではないのだ。
何を書いてるんだこの記事は。がるるる。

相撲好きとしては正直な所、もう過去のことなぞどうでもいい。
対策だけしっかりやって、さっさと本場所再開へ向けて動き出してほしい。
済んだことの吊るし上げは、悪くすれば今の親方衆や故人にまで及ぶのだろう。
でもそれで「納得」する「世間」は、
再開された大相撲をほんとうに見るのだろうか?

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

八百長の防止に一門別総当り制の復活というのはどうか

相撲好きには気のめいるニュースが毎日続く中、一服の清涼剤のような話もたまに出てくる。

高見盛が改革!3カ条!信頼回復へ(サンスポ)

大相撲の幕内高見盛(34)が13日、八百長問題に揺れる相撲界へ3つの提言を行った。(1)地元へのサービス(2)本場所中止でも若い衆にやる気を出させる(3)疑惑を招く連合げいこの自粛-の3点。この日は所属する東関部屋近くの墨田区吾妻橋二丁目町会(東京)の餅つき大会に参加。さっそく(1)を実践し、社会貢献活動を開始した。

(中略)

「連合げいこ? 他の部屋の力士たちと、いまは下手に会わない方がいいんじゃないかな。あらぬ疑惑をもたれないためにもね」

八百長問題の実態解明を進める特別調査委員会は12日までに、高見盛を含む関取衆78人との面接を終えた。14日に行われる日本相撲協会の臨時理事会へは、最終報告ではなく中間報告を行う見込み。関与者への処分は先送りが濃厚だ。まだ疑惑の全容が解明されない中、一門が集まる連合げいこなどで他の部屋の力士と接触することで、新たな疑いをもたれることを強く心配した。
 
「他の人たちはどうか分からないけど、自分のことをやるだけ」。逆風が吹き荒れる相撲界で、真面目に相撲道を貫いてきた男は真っ直ぐ前をみつめた。


ピエロのような扱いを受けている人だが、
人気者としての立場を自覚して、
自分の出来ることを精一杯やろうとしているのだろう。
高見盛は偉い。

で、私がもうひとつ印象に残ったのは、
太字にした、現在連合稽古を自粛している、というくだり。
土俵上での敵同士が日常的に顔を合わせている、というのは
確かに個人競技の格闘技において高見盛のいうとおり誤解を招くし、
あまり健全なものでもない。
といって部屋間の行き来を禁じてしまっては、
稽古相手に不足してしまう。

ならば取組編成を旧に復し、
部屋別総当り制から一門別総当り制に戻してはどうか、と思う。
これなら一門内での出稽古は可能だし、
力士同士の一門外との接触を禁止すれば、八百長も防止できる。

ただこれには色々欠点もある。
第一に取組のバリエーションが大いに減ってしまうこと。

元来は一門別で対戦していたものを、好取組を増やすという趣旨で
部屋別に改めたのは、昭和40年のことである。
これを逆行させるわけで、今まで見てきた好勝負がいくつも消滅してしまう。

たとえば去る一月場所の番付で考えてみる。
力士たちを一門別で色分けしてみた(一番下は各一門の幕内力士数)。

H2301番付

例えば横綱白鵬と魁皇、日馬富士、安美錦、鶴竜といった取組は消えてしまう。
稀勢の里は同じ二所一門の琴欧州や琴奨菊と当たらなくなるし、
出羽一門の栃煌山、把瑠都、豪栄道といったところも対戦はない。
部屋別の勝負を見なれた目には物寂しさがある。

しかし世間がかくも八百長八百長とアレルギー反応を起こすなら、
これぐらいの処置を講じなければ納得してもらえないのではないだろうか。
私自身も個人的に、公明正大なガチンコ勝負のためならこの程度は我慢できる。

一門別総当り制の第二の欠点としては、
どこか一門の勢力が多数を占めはじめると、
他の一門にくらべ取組編成において絶対的有利に立つ点。

例えば時代をさかのぼって平成5年3月場所。
二子山部屋と藤島部屋が合併、新生二子山部屋が誕生し、
実に一部屋で10人もの幕内力士を抱えたことがあった。
二子山部屋の力士が圧倒的に有利ではないかと物議を醸し、
個人別総当り制の導入を言い出す人もいた。

部屋別でさえ寡占状態となったこの時、
もし一門別で取組が編成されていたらどうなったか。

H0503ban

二所一門の圧勝である。
例えば曙の相手は番付順にいけば三役から平幕の5枚目あたりまでだが、
貴ノ花は同じ一門を避ければ11枚目まで下ってしまう。
こうした事態がもし起きた場合、
一門別の割というのは優勝争いを大いに盛り下げてしまう。

しかしそれでも、公明正大なガチンコ勝負の魅力もまた強い。
有力な一門の上位力士と当てられる他門の下位力士は、
何としても我が一門のためにと全力を尽くすことだろう。
一門の結束もまた強化される筈だ。

白鵬の連勝記録中によく、
「双葉山の時代は打倒双葉をめざし、
出羽海勢は一門総出で智慧を絞ったのに、
今の時代はそんな動きが皆目みられない…」
という嘆きがしばしば聞かれた。
しかしそれも一門別の取組であったがゆえの話で、
部屋別総当りでは難しい注文でもあった。
時代を逆行させるようなこの手法は、
そうした熱さを復活させることにもなるだろう。

と、長々書いてしまったが、
もちろんこの制度では
現在のような関取衆勢ぞろいの大巡業も不可能になってしまう。
今日挙げたものに限らず、欠点はまだまだ多いやり方だ。
その対策はまた追々考えたい。

補足として、
もちろん私は相撲ファンとして、大半の力士たちがガチンコで勝負していると思っている。
彼らは普段の付き合いと土俵の上は別物と割り切っているはずだ。
しかしごく稀に「おや?」という取組は無いこともない。
信じたいのだが、時に一ファンとして見ても不思議な勝負がこれまであったことはあった。
それも含めて個人的には楽しんできたのであるけれど、
世情がこうも辛くなってくるともうそれも許されないのだろう。


テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

メディアと政府と相撲ファン

連日相撲ファンには憂鬱になるようなニュースが続いている。
最近はこんなものまで出てくる始末。

「国民の血税で大豪遊!」崩壊寸前の相撲界 ある元横綱のすさまじすぎる金と女(楽天woman)

日本相撲協会は野球賭博事件がきっかけで発覚した八百長問題を受けて6日に開かれた理事会で、3月13日に初日を迎える予定だった大相撲春場所の開催中止を決定した。本場所が中止となるのは1946年の夏場所以来65年ぶり2度目だが、不祥事による中止は今回が初めという一大事に発展してしまった。

「こういう事態になったからには特殊公益法人の剥奪が検討され始めるだろう。力士らの給与は国民の税金から支払われているが、その金が八百長に使われたり、闇社会に流れているとなれば国民から反発を受けることは必至。もはや、国技とは呼べないから、国技館の使用中止も検討されるだろう」(スポーツ紙の相撲担当記者)

(後略)


相撲協会は税制で優遇はされているが、税金を受け取っているわけではあるまい。
こういう誤解は2ちゃんねるや個人のブログにしか出てこないものだと思っていたが、
元ネタはゴシップサイトとはいえ、大手のニュースサイトにも平気でこんな言辞が飛び交う現状。

皆がこんな風に考えていてくれれば、この先

首相、消費税増税「実施前には国民に判断仰ぐ」(日経)

菅直人首相は9日午後の党首討論で、消費税を含む税制抜本改革に向けた法整備について「11年度末までに何らかの法的対応をしなければならない」と述べた。そのうえで消費税増税と衆院解散・総選挙との関係について「消費税を含む大きな税制改正を実施する場合には、実施前に国民に判断を仰ぐ」と説明した。


といったことを目論む人たちにしてみれば

総理杯扱い、調査踏まえ判断=菅首相(時事ドットコム)

 菅直人首相は4日夜、大相撲の八百長疑惑に関連し、優勝力士に授与する総理大臣杯の扱いを含めた政府の対応について「まずはしっかりした調査(が必要)。その結果が出た段階でまた考えたい」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。 
 また、蓮舫行政刷新担当相は同日、日本相撲協会について、国会内で記者団に「解散も視野に入れて当然、高木義明文部科学相の下でさらなる調査が行われると思う」と述べ、公益法人認定の取り消しも念頭に厳しく対応すべきだと強調した。「これまでの野球賭博、暴力行為の問題もあるし、(協会は)激しく国民の信頼を失墜させている」とも指摘した。(2011/02/04-20:06)


とかやっていれば、ことは上手く運ぶのだろう。

八つ当たりかも知れないが、それぐらいの陰謀論は考えたくなる昨今だ。
とはいえ背景には、それだけ大相撲が一般の人々に魅力がない、という現実がある。

みんな八百長ばっかりでインチキで、国技なのに外人だらけで、
デブばっかりでカッコ悪くて、仕切りが長くて眠くなるし、始まったと思ったらすぐ終るし、
とても見ちゃいられないのに僕も私も受信料払ってるNHKで放送してるし、
みんなが苦労してるのに税金おさめてないし、そのクセ入場料は馬鹿高いし、
あんなもの無くなってしまえ!

というのが大方のイメージなのだろう。
外国人力士があくまで道化役、敵役でいてくれて、
国も人も潤っていたころは問題にもならなかったことが問題になってきた。
相撲協会が越えねばならないハードルは高い。
しかしハードルの高さの設定にもよるが、越えられないものではないと思うのだ。

公益法人としての認可はこの先難しいかも知れない。
しかしそうなってもプロの相撲が存続していけるよう、
今後ブログで素人なりに考えて見たい。


テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。