スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひさびさの更新

ものすごく久々の更新。
例の地震、八百長にまつわる一連の処分、
それに対する世間のリアクションなどなど、
何だか相撲に気が向かねーなーと思っていたら、
いつのまにか場所が始まるといった印象。

ファンですらこうなのだから、力士は何をかいわんや。

魁皇の気力低下に友綱親方心配…8日初日・技量審査場所

 大関・魁皇(38)=友綱=の師匠の友綱親方(元関脇・魁輝)が6日、5月技量審査場所(8日初日・両国国技館)での魁皇の進退に言及した。またこの日、日本相撲協会は両国国技館で取組編成会議を行い、初日と2日目の取組を決定した。

場所を2日後に控え、友綱親方がまな弟子の進退に関し心配の声をあげた。魁皇は今場所カド番ではないが、負け越しや途中休場となった場合の引退の可能性について「(本人が)もういいやってなったらね。場所に対する目標もかなり薄いのではないか」と語った。魁皇はこれまで何度も引退危機に遭ったが、それは故障でカド番場所を迎えたため。今場所は目立った負傷箇所はないが、同親方は「気持ちがかなり下がっている」と精神面の不安を明かした。

だが、今場所は様々な記録がかかる。通算勝ち星数はあと10、幕内出場回数はあと11で史上最多に並ぶ。大関在位は今場所で64場所目。1位まであと1場所だ。大関としての勝ち星数も最多記録にあと3勝。師匠は「実際に始まってどこまでテンションが上がるかだね」と奮起にも期待した。

魁皇は初日に豪栄道、2日目は豊ノ島と対戦することが決定した。この日は東京・墨田区の東関部屋に出稽古。高見盛と魁聖を相手に6勝3敗。場所前の稽古を打ち上げた。技量審査場所に関しては「今までと違うから。やってみないと分からない」と言葉少なだった。



ネット上のコメントなどを覗くと、このさき八百長で勝てなくなるから、
カムフラージュしているんだといった意見が多い。
しかしそれなら時に相手の腕を痛めつけるようなあの小手投げは出ないだろう。
魁皇に対していくら意地悪く見ても、
まあ終盤大関同士で、互助会的な感情があるかないかといった程度ではなかろうか。

ネットが世論の全てではないにせよ、
大相撲を取り巻く今の空気にファンの一人として正直げんなりしている。
見る側でさえそうなのだ。
体を酷使しながら現役を続けてきた力士自身にはなお辛いと思う。
勝てば八百長といわれ、負ければやっぱりとどちらにせよ叩かれるこの先の土俵人生。
魁皇の気持ちが下るのも無理ないと思う。


スポンサーサイト

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

正直の復活、そして頑張れ魁皇

昨日までは相撲に気がむかねーなーと思っていたが、
場所が始まるとやっぱり中継を見て喜んでしまった。
私も単純なファンである。

しかも今場所はパソコンの小さい画面でしか楽しめないわけだが、
それでも相撲が見られるというのは幸せなことだとつくづく思った。
で、初日。

○安美錦(ひきおとし)稀勢の里●

立会い低く当たって右をスパッと差して出る安美錦。
慌てた稀勢の里はおっつけて押し返すが、
これを読んでいたかのような安美錦の引き足。

今場所はリプレイが無いし、録画も出来ないので印象で振り返るしかないのだが、
安美錦の老獪さが目立った一番。


○栃煌山(おしたおし)日馬富士●

立会いで勝ったのは日馬富士。
しかし続く出足が今ひとつ。
仕切り線から二歩ほど進んだところで栃煌山が押し返すと、
簡単に後退。

日馬は相変わらず膝が悪い印象。
悪いときの、軽さばかりが目立つ相撲振りのまま。
栃煌山は一応大関に勝ったのであるが、
見る側はその点ちっとも印象に残らず。
それぐらい大関の不出来が目だった。


○把瑠都(すくいなげ)豊真将●

個人的に本日お目当ての一番。
豊真将は立ち合い右の前褌浅い所を取っていい格好。
左を差しつつ出る所、
把瑠都は体を開きながら強引に左をねじ込んですくい投げ。

惜しかった豊真将。
今場所は東の2枚目だが、
西筆頭の徳瀬川が例の処分で不在のため
(この処分についても納得は行かないのだが)
実質西の筆頭的な位置にある。
今場所こそ三役昇進を決めたいところ。


○豪栄道(おしだし)魁皇●

体重も減ったという魁皇。
パソコンの画面で見るせいか、はたまた節電で照明も絞り気味のせいか、
肌つやが悪いように見える。

ケンカ四つの両者だが、
豪栄道得意の右を差し勝つと、深く入ってすかさず密着、
一気に走って勝負を決めた。

かつて中途半端に差して
魁皇に破壊力満点の小手投げを喰らい、肱を負傷した豪栄道。
学習能力を発揮したよい相撲。

一方魁皇は明らかに土俵に集中できていない様子。
ネット上では「買い王」「ヤオなしじゃやってけない」といった
罵詈雑言がこの人に投げかけられている。
八百長力士とレッテルを貼る人は、
ここ数場所の魁皇の痛々しい相撲をどう説明するのだろう。

魁皇という人はこの所ほとんど気力だけで取っているような印象がある。
メンタルが最大の拠り所である力士が、
一連の騒動からあらぬ誤解の矢面に立つような現状は見ていて辛い。

唯一救いがあるとすれば、
魁皇自身に、場所の空気、リズムを自らの力に換えて行く能力がある点だろう。
この人は序盤が今ひとつでも、本場所の勝負や観客の声援からグンと乗っていくタイプだと思う。
それだけに1場所空いてしまったのは痛かったが、まだ持ち直す力はあるはずだ。

…と楽観的に考えようとしているのだが、
魁皇の表情を見ていると心配になってくる。
しかしここで身を引いてしまっては、
まさに八百長を認めたことになってしまうではないか。
がんばれ魁皇。


そしてこの日の慶事、木村正直の復活!
肝細胞がんの疑い(?結局どうだったのだろう)で
昨年秋場所以来休場を続けていた名物行司が今場所からようやく復帰した。
病み上がりのせいか今ひとついつもの元気はなかったようだが、
徐々に戻ってくるだろう。いやめでたい。

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

魁皇むっちゃ強いっす

今日のストリーミング中継、実況は銅谷アナ。
スカパーなどでは今でもレギュラーを務めておられるらしいが、
私は地上波テレ朝のダイジェスト以来。
久々の名調子を堪能。
さて二日目。


○琴奨菊(おしだし)安美錦●

立ち合いにまさった琴奨菊がそのまま走る。
安美錦は右にまわりこんで得意の横の動きで突き落としをはかるが、
わかっているよと琴奨菊、体を放さず一気に押し倒す。

琴奨菊は一連の騒動で体重を減らす力士が続出する中、
9キロも太ったらしい。
何を考えているのだろう。
あのぺヤング顔でニコニコと花道を下る様子を鑑みるに、
きっと何も考えていないのだと思う。


●琴欧州(よりきり)栃煌山○

立ち合い栃煌山二本入る。
慌てた琴欧州、左上手を取りにいくが、
栃煌山落ちついて着いていき、あっさり寄り切る。

これで栃煌山は二大関連破の好スタート。

「魁皇むっちゃ強いっす」/技量審査場所(ニッカン)

栃煌山(24=春日野部屋)は初日の日馬富士(27)に続いて大関を破り、連勝スタート。203センチの琴欧洲にもろ差しを果たし、そのまま寄り切った。「止まらずに出たのが良かった」と笑みを見せた。

春場所は中止になったが、稽古を休まずに続けていたため体は動いていると言う。3日目に当たる魁皇が圧勝するのを支度部屋のモニターで見ると「むっちゃ強いっすね。気持ちが入りすぎても駄目なんで」と気を引き締めていた。


この記事のタイトルでは大先輩を思い切り呼び捨てにしたみたいだ。
いいのかこれ。

しかし明日の魁皇戦は本人の言う通り、
過去は気合過剰で立ち合い頭が下りすぎ、バッタリ叩きこまれる場面が目立った。
リラックスが鍵か。


●豊真将(よりきり)日馬富士○

昨日は立ち合い軽かった日馬富士。
一方の豊真将は立ち合いの威力で時に日馬富士に勝っても、
そのあとの動きについていけない印象があった。
どうなるかな、と思っていたら。

日馬富士、久々にみせる突き刺さるような立ち合い。
左を差して出ると豊真将何も出来ずに完敗。

豊真将にしてみれば着いていく以前の段階でやられてしまった。
昨日の日馬富士の相撲を見て油断したのだろうか。
大関二人くらいは倒しておかないと、
今場所の勝ち越し、新三役はあとあと難しいかも知れない。
残る魁皇、琴欧州戦は期待したいもの。


●豊ノ島(よりきり)魁皇○

といいつつ今場所は魁皇も応援したいワタクシ。
例の事件で八百長大関などと揶揄されている人だが、
つまらない噂を吹き飛ばす意味でも今場所は頑張って欲しい。
しかし昨日は豪栄道相手にあっけなく敗れていてどうなるか。

立ち合い右を差して魁皇の左差しを阻もうとする豊ノ島。
しかし魁皇これをよくおっつけると、逆に左をさしていっぺんにもって行く。
眼の覚めるような完勝劇。昨日の相撲は何だったのだろう。

強いときは思い切り強い。
弱いときは思い切り弱い。
いかにも魁皇らしいここ二日の相撲振り。
いよいよ引退かとも思われたが、
案外ここから乗っていくかも知れない。


テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

大関を倒してもリプレイもインタビューもない三日目

PCで中継を見るのもようやく慣れてきた三日目。



●栃煌山(おしだし)魁皇○

魁皇には八百長疑惑を払拭すべく頑張って欲しいが、
栃煌山は栃煌山でいい加減先輩大関に取って代わるくらいの力を見せて欲しい。
複雑な思いを胸に観戦。

魁皇に対すると、相手を見ずに頭から突っ込みがちな栃煌山。
今日は額からいく良い立ち合い。
二本ざしを狙いながら出足よく攻め込むが、
魁皇いなしながら俵をつたって回り込み土俵際形勢逆転、
怪力で押し返すが栃煌山も執念で突き落としをはかる。
両者の足が同時に出たかに見えたが軍配は魁皇、物言いなし。
ストリーミング放送はリプレイがないのでこういう時つらい。

それでも栃煌山は善戦したし、
勝ち星を拾ったのは魁皇であったし、
個人的には満足のいく結果だった。

際だったのは土俵際を走る魁皇の脚捌きの軽やかなこと。
調子の悪いときに見せるヨタヨタとした動きとは段違いだ。
今場所は案外、いいかもしれない。


●琴欧州(はたきこみ)北太樹○

琴欧州今日の相手は小さな北太樹。
中に入られるのを嫌ってか、
立ち合い頭を思い切り下げていく悪いクセが出る。
北太樹よろこんで当たった刹那身をかわすと、
大関は土俵下へ大回転。

琴欧州はこれで1勝2敗。
今場所はどうもよくない。


●把瑠都(うわてなげ)豪栄道○

本日のベストバウト。
豪栄道は立ち合い左差し、右前ミツをとっていい格好。
把瑠都は例によって肩越しの右上手、
左をねじ込みながら強引に寄り立てる。
ふだん格下相手ならこれでも通用するが、
さすがに相撲勘のいい豪栄道。
右にまわりこみながら左の差し手を放しパッと体を開くと、
上手から豪快に大関を土俵下に放り投げた。

把瑠都「気合入らない」/技量審査場所(ニッカン)

豪栄道に投げ飛ばされた把瑠都は「残念。相手が強かった。もうちょっと落ち着いて取った方がいい」と、土俵際まで攻め込んだ後の詰めの甘さを悔やんだ。

八百長問題で異例の形で開催した場所で、信頼回復のためには相撲内容が問われるが、把瑠都の黒星で大関陣の全勝が早くも消えた。「気合が入らない。見に来ているお客さんには悪いけど遊びの場所みたい」と、通常と違う雰囲気に対応できずにいるようだ。


落ちついて相手を組みとめればまず大抵の相手には負けない人だと思うのだが。
妙に勝ち急いで墓穴をほるのが把瑠都。
しかし持前の愛嬌と見事な負けっぷりでお客を喜ばすという意味では、
高見山、小錦以来の優良ガイジン力士ではある。

一方の豪栄道は初日の魁皇、今日の把瑠都と二大関撃破。
大関陣相手に暴れる豪栄道って久しぶりだな、とネットでたどると、
昨年3月場所、対琴光喜(!)戦に勝利して以来の活躍である。
いつもの中継ならリプレイをガンガン流し、
あのドヤ顔の殊勲インタビューを聞けたのであるけれど、
それがないのがネット中継の寂しさ。
来場所NHKはどうするのだろう。
相撲やらないなら受信料拒否もファンとしてやぶさかでない所だが。


○白鵬(よりきり)豊真将●

ここ数場所は立ち合い右に潜り込んだり、
一気に土俵際まで押し込んだりで
横綱を慌てさせることも多い豊真将。

今場所は大関相手に初日から2連敗中であり、
横綱相手に勝てとは言わないが、
少しは見せ場を作って欲しいもの。
しかし蓋をあけてみれば

横綱の立ち合い鋭く、
立った瞬間に左前ミツ右下手の格好。
あとは電車道。豊真将何もできず…
白鵬の攻めが厳しかったのは確かだが、
豊真将もあまりにも簡単に右を許してしまった。

それにしても豊真将、昨日今日と立ち合いの悪さが気になる。
いかに相手が大関横綱でもちょっとどうかという気迫のなさ。
ケガや病気でしばしば苦しめられる人だけに、
またどっか悪いのかと見る側としては気に掛かるのだが。

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

おすもうさんも政治家の様に言葉を選ばなければならない四日目

今日のストリーミング放送、
実況はまたも銅谷アナ。
どうやら石橋・銅谷の二人が交代で
今場所は勤める様子。
さて四日目。


●琴奨菊<関脇3-1>(はたきこみ)鶴竜<小結2-2>○

初日から立ち合い一気の相撲で三連勝と好調な琴奨菊、
優勝もしくは同点なら大関昇進という声もあるが、
ありえんだろ、と思いつつ観戦。

立ち合い前日迄と同様に勢いこんでいった琴奨菊、
これを見透かしていた鶴竜、さっと体を左に開くと
琴奨菊は土俵下へ。完璧な注文相撲。

鶴竜は人のよさそうな顔をして、
時折こうしたダークな戦法をみせる。
はまった琴奨菊が悪いのではあるが、
鶴竜もこの調子では中々上が望めない…

といいつつも、
このあたりの勝負への執念が
逆に今の日本人力士に欠けている点なのかな、と思わないでもない。
注文相撲で勝ってブーイングを受けながらも
「勝負だもの、仕方ないよね」と
ひょうひょうと勝ち名乗りを受けられる面の皮の厚さ。
モンゴル人力士を見るたびいささか感じるところだ。


○把瑠都<大関3-1>(よりたおし)安美錦<前三2-2>●

把瑠都は昨日豪栄道にブン投げられた後、
悔し紛れにこんなコメントを残した。

把瑠都「気合入らない」/技量審査場所(ニッカン)

八百長問題で異例の形で開催した場所で、信頼回復のためには相撲内容が問われるが、把瑠都の黒星で大関陣の全勝が早くも消えた。「気合が入らない。見に来ているお客さんには悪いけど遊びの場所みたい」と、通常と違う雰囲気に対応できずにいるようだ。


昨晩の記事ではこの程度だったものが、今朝になると

「遊びの場所みたい…」把瑠都 初黒星で不謹慎発言(スポニチ)

初日から2連勝の大関・把瑠都が豪栄道に上手投げで敗れ、支度部屋で「遊びの場所みたい」などと不謹慎な発言をした。放駒理事長(元大関・魁傑)がファンの信頼を土俵で取り戻すと誓った技量審査場所で、大関が発した自覚を欠く言動は波紋を呼びそうだ。


何だかこんなことになってしまい、とうとう

放駒理事長、把瑠都を厳重注意=「遊びの場所」などと発言(時事)

日本相撲協会の放駒理事長(元大関魁傑)は11日、前日の取組で敗れた後に「遊びの場所みたい」などと発言した大関把瑠都を厳重注意した。
 
把瑠都は取組前に両国国技館の協会役員室に呼ばれ、発言を認めた上で「冗談だった」と説明。しかし理事長は、八百長問題で夏場所を通常開催できない状況で大関としての自覚が欠如していることを問題視。「お客さんはタダ」と発言したことについても「来てもらっているのに失礼」と厳しく叱責した。


かくなる結末となってしまった。

どうにもメディア側の悪意を感じる一件だ。
以前なら特に咎められなかったような発言も、
揚げ足をとるように問題視されてしまう。

放駒理事長も、これまでの理事長が
メディアを敵に回し墓穴を掘ったのを見てきた以上、
「自覚を欠く」と新聞に書かれれば動かざるを得ない。
辛い立場だが、こうするしかないのだろう。

把瑠都は最近の力士がみな生真面目な中、
明るいキャラクターで見るものを喜ばせてくれる稀有な存在である。
そんな彼がこうした些細な出来事で萎縮してしまうようになってはひどく残念だ。

今日の相撲だが、
取組前に理事長のお叱りを受けた把瑠都、
立ち合い右上手を素早く取ると、
クセモノ安美錦に何もさせず一気に寄り切った。
これでいいんだろと言わんばかりの取り口。
気迫は感じたが、いささか寂しい思いにもさせられた。


●琴欧州<大関1-3>(よりきり)豊真将<前二1-3>○

連日横綱大関相手に初日の出ない豊真将。
相手は不振の大関で、今日あたりは勝っておきたいところ。

豊真将立ち合い二本入る。
琴欧州これをおっつけ突き放す。
ふたたび飛び込む豊真将、
琴欧州再度突き放すが結局中に入られる。
右の小手投げで応戦するが逆に呼び込む格好で、
豊真将左から突き上げるように寄り切った。

豊真将大勝利。これを契機に調子を上げて行きたい。
しかし今日もそうだが何とはなし、上体がいつもより起き気味に見える。
これは意図的なモデルチェンジなのだろうか?


○豪栄道<前一3-1>(うわてなげ)日馬富士<大関2-2>●

日馬富士右を差して出るが、
豪栄道その手をたぐりながら横へ逃げる。
ふたたび日馬右を差してきたところ、
豪栄道左の上手をとって頭をおさえ上手投げ。
日馬は投げられながら相手の右足を取りに行く執念を見せるが、
きれいに裏返しにされたためドラゴンスクリューのような格好に。
しかし先に落ち、軍配は豪栄道。

これで豪栄道は三大関を撃破。
優勝争いの経験もある人だけに、
のってくれば今場所台風の目かも知れない。



テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。