スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年の大相撲界を占った結果(3)


引き続き、年頭の占いの結果を。


4.豊真将が9月場所新関脇に、33歳6ヶ月での昇進は史上2位の年長記録 ×

これまた大外れであった。

肩のケガで一時は十両下位まで番付を落とした豊真将。
衰えた上半身の張りも徐々に戻り、従来の粘り強い相撲が復活。
再小結となった7月場所、これまで勝ち星のなかった白鵬から金星を奪うなど大活躍。
翌場所新関脇となり、青葉城の34歳7ヶ月に次ぐ、史上2位の年長新関脇記録を達成。



7月場所は大活躍どころか、
5日目の日馬富士戦で右ひざに重傷を負い、残り半年を棒に振る結果となってしまった。

この場所の豊真将は東の2枚目で、
星取りいかんによっては新関脇の地位も狙えなくはなかった。
それもあってか、かなり気合いを入れて場所に臨んでいたように見えた。

ケガの前日の白鵬戦では立ち合い変化という、この人らしからぬ奇襲攻撃を仕掛け、
横綱の怒りを買う結果となった。
(昨今白鵬の態度の悪さを語られる際に引き合いに出されるのが、実はこの相撲)

ケガをした相撲では、日馬富士の叩きを喰らって土俵際、
ほとんど腰が砕けた状態にもかかわらず、かなり無理に粘った。
そこを横綱に上から押しつぶされ、足が俵にかかって伸びず、負傷に至った。
意気込みがアダとなった格好で、ひいきする私としても悔しい結果であった。

豊真将がなるはずだった9月場所の新関脇は、豪風であった。
しかも35歳2か月という、青葉城をも上回る戦後最年長の昇進記録を樹立。
念頭に妙な予測をした私に、豪風が当てつけたのに違いない。


5.勢、千代大龍、新三役に昇進 ○

勢は11月、千代大龍は9月にそれぞれ新小結となっている。
これは当たった。よしよし…ではあるのだが。

2人とも残念ながらこの地位で勝ち越すことができなかった。
千代大龍に至っては1勝10敗4休と惨憺たる成績であった。
今後に期待したい。


6.照ノ富士、大砂嵐が上位に定着 △

逸ノ城の活躍で影が薄くなってしまったが、
今年はじめ、遠藤とともにホープとして輝いていた2人の見通し。
半分よりちょっと下がる程度に当たったかな、といったところか。

大砂嵐は思いのほか苦労した。
この1年、初場所東16枚目で9-6、春は東11枚目で8-6-1、夏は東10枚目10-5、
名古屋西3枚目7-8、秋西4枚目7-8、九州西5枚目4-6-5。
上位に定着したとはちょっと言い難い。

エルボースマッシュの如きかち上げで上位を食うなど、派手な活躍は見せた。
しかし下半身の固さで腰高となり、相手に押し込まれることが多く、
打開しようと無理な投げを打ってヒザを痛めてしまう。
それがさらに下半身を不自由にするという悪循環に陥った。

春場所九州場所共に、途中休場から再出場という根性は見せた。
その敢闘精神は賞賛に値する。
しかし、先場所などはまだ入幕から1年ちょっとで、
両膝にサポーターを巻いた痛々しい姿で土俵に上がっており、
見ていてちょっと心配になった。

目先の番付にあまり拘らず、じっくり治しながら相撲に励んでほしいものだ。
まだまだ将来があるのだし。

照ノ富士はこの1年、
初場所西十両筆頭12-3、春は西前10枚目8-7、夏は東9枚目9-6、
名古屋は東6枚目9-6、秋は東筆頭6-9、九州西3枚で8-7。
上位に定着、とまでは言い切れないが、しつつある、というくらいであろうか。

腰の重さ、大きな体で差し手を返したときの凄味、いいところは随分見せた。
しかし上位やベテランを相手にすると、
いかんせんまだ相撲が雑で、叶わないところも多かった。
だが逸ノ城と共に、大関昇進は時間の問題だろう。


7.日本相撲協会、公益法人化なる ○

これはまず昨年末の時点ではほぼ決まっていたようで、
あたって当然とも思えるが。


7つ予測して当たりが2.5、つまり正答率0.36。
赤点クラスの成績であった。

期待交じりの気まぐれな予測も多かったとは言え、
分からんものだなあ、というのが正直な感想。

しかし振り返ると案外楽しいこの企画。
来年もやる…かも知れない。


では皆様、よいお年を。
スポンサーサイト

2014年の大相撲界を占った結果(2)


前回に引き続き、年頭の占いの結果を検証。


2.新大関の誕生はなし ×

これも見事に外した。
今年の初めにはこんな風に書いている。

豪栄道奮闘し、二場所連続二桁勝利までは達成するものの、三場所までは至らず。
栃煌山、妙義龍も伸び悩む。
隠岐の海が稽古嫌いを返上し、三役に定着。
しかし勝ち越すのがやっとで、大関候補とまではならず。



豪栄道の大関昇進は予想外であった。
しかし二場所連続の二桁勝利すら達成していない状況で昇進が認可されたのも、
さらに予想外であった。

結局昇進後の豪栄道は大関3場所目でカド番となっている。
やはり時期尚早だったのだろう。

…と今となっては言える。
ただ昇進の決まった7月場所、
私は初め反対といいつつも、千秋楽で本決まりとなると
「まあいいのかな」などと肯定してしまっているので、
あまり偉そうなことは書けない。

栃煌山と妙義龍が伸び悩んだのは予想通りとしても、
隠岐の海はもう少し頑張ってくれるかと思ったのだが。
今年は三役定着どころか一度も三役になれずに終わってしまった。

恋愛に夢中で相撲どころではなかったのだろう、
と勝手に私は見ているのだが、
来年は上位で…いや、どうかなあこの人は。


3.遠藤は七尾竜と改名、九州場所で新三役に ×

やはり大外れ。

この予測をしたのは、3月場所の幕下付け出しデビューから一気に番付を駆け上がり、
11月場所、西の7枚目で入門以来初の負け越しを記録したそのあとのこと。
ザンバラ髪で彗星の如く現れ、社会現象を巻き起こしていた時分である。

テクニックは十分ながら幕内で活躍するにはパワーの面で課題のあった2013年の遠藤。
今年前半は下位で勝ち越し、上位で負け越しと一進一退を続け、ひところの勢いを失う。
ゲン直しということで郷土の七尾湾にちなみ「七尾竜」と改名。
国技館は女性ファンの「竜サマ」コールで大盛り上がり。
黄色い声援に押されて七尾竜ようやく勢いを取り戻し、11月場所で新小結となる。


これでも当時は控えめに見積もったのだが、現実は思いのほか厳しかった。

一進一退はその通りだったが、「進」の方が思ったほど伸びなかった。
昨年来言われていたパワー不足はいくらか改善の兆しも見えるものの、
上位で勝ち越し、三役に上がるレベルには未だ至っていない。
分からないものである。うーん。

ちなみに「七尾竜」というのは入幕したころ私が勝手に考えた四股名である。
これはいいぜと一人悦に入っていたのだが、
その後新聞で、将来三役に上がった暁には、
追手風部屋のかつての名大関「清水川」の名を継ぐ予定であることが明らかになった。
こちらも外れで失望している。

まあ今時「川」の付く四股名も珍しいし、
伝統の名を復活させるのは良いことなので、これはこれで結構だが。

にしても早く三役に上がっておくれ。


思いのほか長くなったので、続きは次回。
…というか今年中に書ききれるのだろうか。


2014年の大相撲界を占った結果(1)


今年のはじめ、こんな記事を書いた。

2014年の大相撲界を占う(2014-01-03)

末尾に「今年の年末、どこまで当たったか、チェックしたいと思います」
などと我ながら呑気に書いている。
今読み返すと何を考えていたのやらと情けない記事だが、
チェックしたいと書いた以上チェックせねばなるまい。


1.稀勢の里、秋場所で綱とりに成功 ×

大外れであった。

そもそも前年、2013年の稀勢の里は、
初場所から10勝、10勝、13勝、11勝、11勝、13勝という成績。
高アベレージで星を残しつつも、
ここ一番の弱さで白鵬、日馬富士らモンゴル勢の牙城を崩せず、優勝には至らなかった。

是が非でも国産横綱が欲しい北の湖理事長は、
2場所連続の優勝を必ずしも昇進条件としない旨を、折りにふれコメント。
一方で世論はこれを日本人びいきとして連覇に拘る向きと、
昔だったらこれで十分だと拘らない向きと、真っ二つに分かれた。

昨年九州で準優勝に終わった稀勢の里には、
翌場所13勝以上の優勝なら昇進、という話が理事長や横審から持ち上がった。
今年初場所の話題はもっぱらこの人の綱取り一色であった。

そんな空気の中で私が出した予想(というか希望)は、
初場所はプレッシャーに負けて10勝どまり、
春は14勝1敗で初優勝、夏はまたも昇進の重圧で10勝、
名古屋で13勝2敗2度目の優勝、秋に準優勝でようやく昇進…というもの。

これでも結構当時は彼のKYぶりを見込んで、控えめに見積もっていたんである。
おめでたかったなあ。ハハハ。

現実は過酷だった。

初場所は場所中親指を痛め7勝8敗と大関昇進後初の負け越し。
春はケガの影響もあってか出足に精彩を欠き、9勝止まり。
それでも夏は出足の悪さが逆に慎重な取り口に繋がり、取りこぼし少なく13勝の準優勝。
名古屋はいよいよ初優勝の期待も高まったが、
慎重さがむしろ消極的な相撲を生んで、残念ながら9勝にとどまった。
秋も同様な受け身の相撲が目立ち、やはりクンロク。
九州は攻めの姿勢に転じたようで11勝と久々の2ケタ勝利。
ただ脇の甘さで危うい場面も目立ち、必ずしも内容の伴った星取りではなかった。

稀勢の里に関しては、もう盛りを過ぎたという意見がこのところ多い。
この1年をこうして振り返ってみると、確かにそうした印象もなくはない。

初場所の親指のケガ以来、じっくりと構えて取る相撲が増えた。
意図してペースダウンしている、と見ることもできる。
しかし以前ほど一気に持っていけなくなった、
あるいは一気に持って行こうとすると自滅してしまうほど、下半身が衰えた、
そう見られないでもない。

彼は終わったのだろうか。



稀勢の里だけで長々と書いてしまった。
残りはまた明日以降。

2014年の大相撲界を占う


年も明けたことだし、今年の大相撲を占ってみます。


1.稀勢の里、秋場所で綱とりに成功

初場所で二度目の綱とりに挑んだ稀勢の里だったが、
理事長からは「13勝以上の優勝」横審からは「14勝以上なら優勝同点でも」と外野の声に悩まされ、
結果10勝で準優勝以下という、綱とりはおろか次場所にも繋がらない成績に終わる。

春場所では奮起して前半平幕に取りこぼすものの、残りは2横綱も倒して全勝。
14勝1敗の堂々たる成績で初優勝。
1月にもう少し勝っていればこのまま昇進もありえただけに、つくづく先場所の不出来が悔やまれる。

夏場所は場所前理事長から「勝ち星にかかわらず準優勝以上で昇進」とのコメント。
前半戦を1敗で乗り切り昇進ムードが大いに高まるが、
後半戦、どうしたわけかこれまで得意としてきた上位陣にまさかの連敗。
10勝にとどまり準優勝にも該当せず、またしてもファンを失望させる。

世間がすっかり日本人横綱の誕生をあきらめた名古屋場所、当人はあきらめていなかった。
12日目まで土付かずの快進撃で理事長からは「全勝優勝ならば昇進もありうる」とのコメント。
急遽綱取り場所となり、よっしゃと気合を入れて横綱2連戦に向かうも空回りして2連敗。
しかしこの場所白鵬が前半から不振で12勝止まり、稀勢の里13勝2敗、2度目の優勝を飾る。

もう横綱としての力は十二分にある、あとはメンタルの問題だけであることが国民的コンセンサスとなった秋場所。
理事長も横綱審議委員も場所前から余計なことは言わなくなる。
散々裏切られてきたファンは、もはや素直に期待する気力も失っている。
微妙な空気の中、稀勢の里はマイペースで星を伸ばし、
前半平幕、後半白鵬に土を付けられるものの13勝の立派な成績。
優勝は1敗で並んだ白鵬と、この場所好調の日馬富士が決定戦で争い白鵬に決まる。
稀勢の里は準優勝と正面切って名乗ることはできないが、優勝次点には間違いない。
スカッと喜べはしないが、もういい加減よかろうというグダグダ感にあふれたムードの中、
2003年の貴乃花引退以来、久々の日本人横綱がやっとこさ誕生。


2.新大関の誕生はなし

豪栄道奮闘し、二場所連続二桁勝利までは達成するものの、三場所までは至らず。
栃煌山、妙義龍も伸び悩む。
隠岐の海が稽古嫌いを返上し、三役に定着。
しかし勝ち越すのがやっとで、大関候補とまではならず。


3.遠藤は七尾竜と改名、九州場所で新三役に

テクニックは十分ながら幕内で活躍するにはパワーの面で課題のあった2013年の遠藤。
今年前半は下位で勝ち越し、上位で負け越しと一進一退を続け、ひところの勢いを失う。
ゲン直しということで郷土の七尾湾にちなみ「七尾竜」と改名。
国技館は女性ファンの「竜サマ」コールで大盛り上がり。
黄色い声援に押されて七尾竜ようやく勢いを取り戻し、11月場所で新小結となる。


4.豊真将が9月場所新関脇に、33歳6ヶ月での昇進は史上2位の年長記録

肩のケガで一時は十両下位まで番付を落とした豊真将。
衰えた上半身の張りも徐々に戻り、従来の粘り強い相撲が復活。
再小結となった7月場所、これまで勝ち星のなかった白鵬から金星を奪うなど大活躍。
翌場所新関脇となり、青葉城の34歳7ヶ月に次ぐ、史上2位の年長新関脇記録を達成。


あとは簡単に。

5.勢、千代大龍、新三役に昇進

6.照ノ富士、大砂嵐が上位に定着

7.日本相撲協会、公益法人化なる


こんなところでしょうか。
中には占うというより願望に近いものもあるのですけど(笑)。
今年の年末、どこまで当たったか、またチェックしたいとおもいます。
プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。