スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春場所の番付発表と遠藤について

春場所の新番付が発表された。

遠藤が東前頭筆頭、横綱、大関と総当たりニッカン

日本相撲協会は24日、大相撲春場所(3月9日初日、大阪・ボディメーカーコロシアム)の新番付を発表した。

初場所で11勝を挙げ、敢闘賞を受賞した遠藤(23=追手風)は東前頭筆頭に。初の横綱、大関総当たりとなるが、勝ち越せば新三役が見えてくる。

西小結で11勝した栃煌山(26=春日野)が2場所ぶりに関脇に復帰し、豪栄道(27=境川)琴欧洲(31=佐渡ケ嶽)との関脇3人は、12年秋場所(琴奨菊、稀勢の里、鶴竜)以来となった。豊ノ島(30=時津風)と松鳳山(30=松ケ根)が小結に復帰。新入幕は初場所に13勝2敗で十両優勝した千代丸(22=九重)と照ノ富士(22=伊勢ケ浜)の2人。千代丸と弟千代鳳(21=九重)の兄弟幕内力士誕生は、史上10組目となった。



勝ち越し新三役を目指す遠藤だが、さすがに先場所までの相撲を見る限りではちょっと難しい。

さる初場所二日目のNHK大相撲中継、デーモン閣下がゲストで出たおり、
「遠藤の相撲はハラハラさせる。それもまたスター性のひとつ」と、閣下仰せになられた。
プロレスでも主役は最初に相手の技を受けてピンチに陥りながら、最後は自ら技をくりだし逆転勝利を収める。
遠藤にはそんな雰囲気を感じる…ということだった。

ただハラハラ相撲に「なってしまう」のは立ち合いの弱さゆえで。
プロの幕内力士の立ち合いにまだアジャストしていない遠藤。
得意の左四つに組みに行くわけだが、当たって左は入っても、右の踏み込みが弱く上手が引けない、前に出られない。
やむなく右足を引いて左半身になり、出てくる相手を左へ回り込みながらしのぎ、チャンスをうかがう。

それでも右のおっつけがあって半身の構えがしっかりしているし、
土俵を丸く使うのが上手いから(遠藤の円運動、と呼びたいくらいだ)何とか勝てる、
というのが先場所までの遠藤だった。
(まあそんなことは先刻御承知の上で、
閣下は遠藤人気を盛りたてようとポジティブな見方をしておられるのであろうけど)

春場所は先場所までのようには、まあ行かないだろう。
幕内中位下位と違い、上位以上の立ち合いは、
半身で回りこめるほどの余裕を遠藤に与えてくれまい。

すでに栃煌山や琴奨菊といった三役以上の力士との対戦も先場所は組まれたが、
立ち合いからいっぺんに持っていかれており、そうしたもろさがはっきりと出ていた。
春場所は連日そんな相撲が続くわけで、勝ち越すのは厳しいと思う。

ただ横綱大関を目指すもの、誰しもぶち当たる上位の強烈な立ち合いという壁。
みなここで一旦つまずく。
そこで半端な相撲に落ち着くか、
あるいは正攻法を模索してこの壁を乗りこえ、さらに上の地位をつかむか、
勝負の分かれ目になるだろう。

しばらくは苦しい場所が続く。
それでも、いずれは右四つの白鵬に左四つで組み勝って、巧みに先手を打って左右にゆさぶって…
そんな絵も浮かんでくる。
じっくり立ち合いの強化に取り組んでいってほしい。

スポンサーサイト

鶴竜はいってしまうのかな

昨日4日の様子。

鶴竜が鋭い立ち合いで日馬富士を圧倒(ニッカン)

春場所(9日初日、大阪・ボディメーカーコロシアム)で初の綱とりに挑む大関鶴竜(28=井筒)が4日、大阪・東成区の時津風部屋に出稽古した。同じく出稽古に訪れた横綱日馬富士(29=伊勢ケ浜)との三番稽古で、6連勝を含む8勝2敗。結果も内容も圧倒した。

日馬富士を上回る低く鋭い立ち合いを見せ「前みつを取ったり中に入ったり、自分の思った相撲が取れることはいいこと。本場所も余計なことを考えて硬くならないように、目の前の一番に集中したい」と調整は順調だ。

初場所は左足首靱帯(じんたい)損傷で全休した日馬富士は「今は休みなしで疲れがたまっているので、体も休めて場所を迎えたい」。両足首だけでなく、両膝と右肘にもサポーターが巻かれていた。鶴竜に関しては「久しぶりにやりましたけど強かった」と話した。


先場所後半からの鶴竜の強さはどうもフロックではないようで。
まあ相手となった日馬富士の調子の悪さもあるのだろうけれど。

こちらは今日5日の様子。

鶴竜が安美錦らと「受け身の稽古」19番(ニッカン

大相撲春場所(9日初日、大阪・ボディメーカーコロシアム)で初の綱とりに挑む大関鶴竜(28=井筒)が5日、大阪・東成区の時津風部屋に出稽古した。

横綱日馬富士(29=伊勢ケ浜)ら4部屋9人の関取衆が集結したが、相撲巧者の安美錦(35=伊勢ケ浜)や新入幕の照ノ富士(22=伊勢ケ浜)らと計19番。「前に出る相撲ばかりは(本場所では)取れないし、受け身の稽古もしないと」とあえて守勢に立って動きを確認。それでも安美錦に1度押し出された以外は、引き技や出し投げなどで勝負を決めた。場所前の出稽古は終了し、6日からは井筒部屋で調整する予定だ。

また、日馬富士は十両双大竜と8番取り、その後は時津風部屋の新弟子や合宿中の学生に胸を出した。初場所全休の要因となった左足首を痛がる場面もあったが「元気バリバリ」と弱みは見せなかった。


何とも風格さえ感じさせる稽古内容。
綱目前で足踏みを繰り返す稀勢の里を尻目に、
この人はワンチャンスで一気に駆け上がってしまいそうな雰囲気もある。

もともと体の小さかった鶴竜、私は横綱を目指すよりむしろ名大関となってほしいと思っていた。
下手に横綱になって短命で終わるより、大関の地位で持ち前の技量を生かした相撲を長くとって欲しいというのが、
個人的な希望だったのだけれども…

それは見る者のワガママで。
本人はそんなつもりは全くなかったのだよなあ。
というかしばらく存在感を欠くような場所が続く中、本人の中で心境の変化があったのかも知れない。
どっしりと増量して、さらに上の地位を射程圏内に収めはじめた。

ひと月ほど前、私はこんな事を書いているのだけれども。
春場所の内容によっては、考え直さないといけないかな。

初日

春場所が始まった。


遠藤は鶴竜に惜敗

○鶴竜<東大関1-0>(はたきこみ)遠藤<東前一・0-1>●

立ち合い遠藤は得意の左を差しに行かず、突き放しを選択。
鶴竜は右のマワシに手がかかったものの切られ、
さらに右へ回り込む遠藤の動きに大いに面食らう。

遠藤白房下に鶴竜を泳がせ勝負とばかり突っ込んでいったが、
鶴竜間一髪右へ体を開けば遠藤は横転。

右と左のケンカ四つで、場所前の出稽古では遠藤が差し負けてチンチンにやられていた。
鶴竜の頭の中にはそのイメージがあり、本番でも当然四つに組んでくるはずと踏んでいただろう。
それを見越して本場所では離れた相撲をチョイスした、遠藤の勝負勘の良さが光った。



不安の残る日馬富士

●豊ノ島<東小結0-1>(くびなげ)日馬富士<西横綱1-0>○

日馬富士左ノドワで追いつめるも、豊ノ島土俵際で二本入り左のカイナを返す。
ままよと日馬富士、返された右で首投げを打って何とかねじ伏せる。

先場所全休で、今場所前もあまり調子の良くない様子であった日馬富士。
復帰第一戦となった今日の相撲も腰の高さが目立った。
明日二日目は遠藤の横綱初挑戦を受けて立つわけだが、
このコンディションではよもやの展開も考えられなくはない。


新入幕の照ノ富士が豪快な相撲

●妙義龍<東前十・0-1>(きめだし)照ノ富士<西前十・1-0>○

妙義龍二本入って正面に寄り詰めるが、照ノ富士両腕で極めて左へ振り回し、
青房下に極め出す。

新入幕の照ノ富士が、上位経験豊富な妙義龍を大きな相撲で破る。
191センチ、179キロの末恐ろしい巨漢。

しかし妙義龍のようにクラシカルな相撲を取る日本人が、
スケールの大きな外国出身の新人にこうあっさり負けてしまうのを見るのは、何とも物悲しい。

愚痴のようなもの

ちょくちょくこのブログを覗いて下さっている方々、
場所中だというのに全然更新できていなくてすみません。
本業が忙しくてさっぱりブログを書く時間がないのです…

睡眠時間を削るという手もありますが、
細かい仕事をしているので、寝不足だと注意散漫になってミスを犯してしまう。
それも辛いので、うーん、なかなか難しい。

まあ大して気の利いたことを書いているブログでもないから、
さほど楽しみにしている方はそういないでしょうけど、
あんまりほったらかしなのも何なので、一応近況報告ということで。


もっとも場所の中継だけは録画してしっかり見ています。
ただそれに加えてブログを書くところまでは余裕がない。

何のために生きているんだか分からない毎日が続いています、まったくもう。

七日目

大砂嵐七連勝

○大砂嵐<東前十一・7-0>(つきおとし)舛ノ山<西前十四・4-3>●

大砂嵐立って右カチアゲから右前まわしをつかみかけるも、
舛ノ山左をねじこんで前へ、
大砂嵐すかさず右へ体をひらき突き落とす。

大砂嵐は左を差すとやっかいな舛ノ山に対し、
右の前まわしを下からとってこれを封じようとした。
結局とれなかったものの、相手の強引な攻めを誘発して上手く料理した印象。

今場所の大砂嵐は、まわしを下から丁寧に取ろうとする姿勢が見られる。
体さばきもこれまでの直線的なものに限らず、横への動きにも進歩が見られて頼もしい。


遠藤、先場所に引きつづき琴欧洲を破る

○遠藤<東前筆頭3-4>(はたきこみ)琴欧洲<西関脇1-6>●

立ち合い遠藤モロテで琴欧洲を突き起こし、
即座に左へ開きはたきこむ。

遠藤は五日目の稀勢の里戦からこれで3連勝。
立ち合いまわしを引きに行かず、離れた相撲で勝負したのが功を奏した。

一方の琴欧洲は初日勝って以降、二日目から6連敗。
腰の高さ、相手の引きにもバッタリ落ちるなど、下半身のもろさが今場所は目立つ。
急に衰えてきたように見える。


稀勢の里連敗を2で止める

○稀勢の里<東大関二・5-2>(こてなげ)豊ノ島<東小結3-4>●

立って豊ノ島二本入り前へ出るハナ、
稀勢の里左から小手に巻いて投げをうつ。

勝つには勝ったが、という稀勢の里の相撲。
脇の甘さは相変わらずでいただけない。


両横綱は安泰で共に全勝をキープ。
これに平幕の大砂嵐を加えた三人が今のところ勝ちっぱなし。
1敗が鶴竜、豪栄道の二人、という状況。
プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。