スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今場所は稀勢の里に期待

名古屋場所の番付が発表された。

大台へ白鵬が東横綱、豪栄道14場所連続関脇 名古屋場所新番付(スポニチ

日本相撲協会は30日、大相撲名古屋場所(7月13日初日・愛知県体育館)の新番付を発表し、大鵬、千代の富士に次いで史上3人目となる優勝30度の大台が懸かる横綱白鵬が3場所続けて東正位に座った。横綱在位42場所は朝青龍と並び史上8位。他の2横綱は日馬富士が西、9勝の新横綱場所から巻き返しを期す鶴竜が東となった。

大関は先場所13勝の稀勢の里が東、先場所は5勝10敗で3度目のかど番を迎える琴奨菊が西。

新三役と新入幕はいなかった。東の関脇豪栄道は魁皇を抜いて昭和以降単独トップの14場所連続在位を記録した。先場所10勝の栃煌山が3場所連続で西関脇。小結は東にベテラン安美錦が8場所ぶりに復帰し、35歳8カ月で戦後7番目の年長で三役昇進を果たした。西はブルガリア出身の碧山で11場所ぶり。ホープの遠藤は2場所連続負け越しで西前頭5枚目に下がった。



優勝候補の一番手は当然白鵬。
二番手に鶴竜、稀勢の里、コンディション次第で日馬富士、といったところだろうか。

毎回期待を裏切る稀勢の里だが、
今場所あたりはどうも初優勝の芽がありそうな気がしてならない。
1月場所で足の親指のケガなども経験して、攻め方が先場所などはだいぶ慎重になってきた。
テレビ解説の北の富士さんのいう「相手の足元を見る相撲」が板についてきたように感じられた。

こちらはニッカンのニュース。

稀勢「脳みそと体が一致してきた」ニッカン

日本相撲協会は6月30日、大相撲名古屋場所(13日初日、愛知県体育館)の新番付を発表した。

夏場所で13勝した大関稀勢の里(27=田子ノ浦)の顔には、これまでと違う落ち着きが漂っていた。8年半ぶりの日本出身力士の優勝が懸かる中で「昨年、おととしより、少しずつ脳みそと体が一致してきた。まだ少し違うことがあるので、すべて一致すれば(優勝)できると思う」と普段、慎重な大関に珍しく力強い言葉が飛び出した。

7月3日で28歳になる体は「前よりも充実していて、いろんな意味で今の方がいい」と実感する。ただ、日馬富士、鶴竜の2横綱は倒しても、今年に入って白鵬に3連敗。夏場所も星1つ及ばなかった。それだけに「一番強い横綱に勝たないと先は見えてこない」と成すべきことを見据えた。

名古屋場所での綱とりムードはなく、余計な重圧もない。場所前は出稽古にも行く。まずは悲願の初優勝へ「すべて出し切れば、そうなる(優勝する)と思っている。自分を信じてやっていきたい」と誓った。



面白い言い回しだが、
いわゆる「イメージ通りに体が動く」ということを当人の感覚で表現するとこうなるのだろう。

立ち合い低く当たる、左はおっつけながら差す、右はおっつけながら上手を引く、
フィニッシュは上手がしっかり引けてから、あるいはおっつけがしっかり決まってから、
その形にならない限りは安易に勝負をつけにいってはいかんぞ…

「脳みそ」の中にあるのは、以前からずっとそういう相撲なのだろう。
しかし分かっちゃいるけどやめられないのが人の常である。
少しでもいい格好になると多少態勢不十分でも「体」が勝手に勝負に出てしまい、
土俵際で墓穴を掘るのが今までの稀勢の里であった。
(だからついでにいうと安美錦の頭に稀勢の里の体があれば横綱だなんていう某氏の言い分は
いくら何でも言い過ぎと思うわけだが)

それがここに来て「一致してきた」というのは傍から見ていてもよく分かる。
13勝をあげた先場所などは、相手の攻めを受けても無闇に反撃には出ず、
相手の出方を見ながらじっくりと自分の形を作る相撲が目立った。
強くなった、というより、負けなくなった、という印象が強かった。

だが本人「まだ少し違うことがある」という。
頭にあるのは先場所立ち合いに失敗した碧山、白鵬との相撲であろう。
あるいは押し込まれて泡を食い、従来通りの雑な攻めをみせた日馬富士との一番かもしれない。
(日馬富士の反則で辛くも白星を拾ったが、事実上勝負には負けていた)

仕切りから相手を飲んでくる彼らに、「脳みそ」の中にある通りの立ち合いができるかどうか。
今場所は期待して見守りたい。

…なんて、そろそろ行けるんじゃないかな、と思うんですがねぇ。

スポンサーサイト

名古屋場所予想とりとめもなく


名古屋場所の番付を眺めつつ、いろいろと思うところを。


まず気にかかるのはカド番の琴奨菊。

琴奨菊週明け出稽古「感覚取り戻したい」(ニッカン)

名古屋場所(13日初日、愛知県体育館)で3度目のかど番を迎える大関琴奨菊(30=佐渡ケ嶽)が4日、週明けから出稽古に行く考えを明かした。現在は若い衆に稽古はつけるものの、昨年九州場所で断裂した右大胸筋の回復が遅れ、申し合いはできていない。だが「やるべきことをやっている。出稽古は、番数ではなく感覚の問題。場所をかえ、関取衆とやって感覚を取り戻したい」と決意をにじませた。

[2014年7月5日8時49分 紙面から]


右がまともに使えず、左からの速攻一本槍で何とか大関の地位にしがみついているここ数場所。
大関が何人もいたかつての時代なら、互助会発動でこういう人も救われた。
しかし二大関で片方がガチンコの稀勢の里となると厳しいか。コメントにも悲壮感が漂う。
しかし自分の形に持っていければ相変わらず強い。
ぎりぎり勝ち越しと見る。


今場所面白いのは優勝争いより、関脇から平幕上位の潰し合いかもしれない。
14場所連続で関脇の地位を維持する豪栄道だが、
大関取りも望み薄となった今、そろそろ下から脅かす存在もほしいところ。

再小結の碧山、東前頭筆頭の勢などはこの相手に一度も勝てていない
取って代わって新たな大関候補となるくらいの相撲を見せてほしいが…


とはいえ今場所の勢はどうだろう。

先場所立ち合いの当たりがよくなって、
そこからのはたきが面白いように決まり、西の5枚目で11勝。
しかし四股名の通り勢いで勝った印象も強い。

東の筆頭に上がった今場所は負け越しと見る。


今回二度目の小結である碧山は勝つ相撲など見ると豪快だが、
重すぎるのか(今は196キロあるらしい)稽古が足りないのか、
負ける相撲を見ると下半身の安定を欠く。

たまに前に出した足が宙に浮くことがあるが、
あれはスリ足ができていないということなのだろうか。
素人目にもそのうち大ケガしそうに映る。

しかしそろそろ三役に定着してほしい。
優勝戦線を突き押し一発で引っかきまわす力士になってほしい。
(できれば白鵬をブッ飛ばしてほしい)
期待を込めて勝ち越し一点と見る。


また追々続きを。



稀勢と碧山の三番稽古

稀勢の里が4日、春日野部屋に出稽古したときの様子がネットに上がっていた。
このところ2連敗中の碧山との三番稽古。
(up主の方、ありがとうございます)



動画の範囲では稀勢の里の8勝2敗。
低く立って左が入れば、稀勢の里が当たり前のように勝つのだが。
時にそう行かないことも。

稀勢の里の腰がいつもより下りているように見えるのは、
カメラアングルのせいだろうか。
本場所に向けて好材料…と思いたいのだが。

もういくつ寝ると名古屋場所

場所まで一週間を切って、お相撲さんたちも仕上げに入ってきた。

【名古屋場所】稀勢、日馬を圧倒「手応えは一日一日ある」(報知

大関・稀勢の里(28)が7日、愛知県長久手市の田子ノ浦部屋で、出稽古に来た横綱・日馬富士(30)と15番取って10勝5敗と好調だった。最初から11番で10勝と圧倒。強く当たって一気に土俵外へ持っていくなど内容も濃かった。

稀勢の里は「星数は気にすることじゃない。しっかり強く当たることを考えた」と納得顔。初日まで1週間を切り、「手応えは一日一日ある。でもまだ完成じゃない。少しでもいい状態に持っていきたい」と話した。

日馬富士は最後に4連勝したが、立ち合いが軽く、首をひねる姿が続いた。8日も再び出向く予定で「汗を流してさっぱりした。大関に申し訳なかった。明日は頑張る」と気持ちを切り替えた。


稀勢の里は順調に仕上がってきた様子。

とはいえ、場所前に好調と聞いていた力士が、
いざ蓋を開けてみると調子にのって取り口が雑になり、序盤で思わぬ黒星というのもよくあることだ。
ましてMrガッカリこと稀勢の里の場合、そんな光景も容易に目に浮かぶ。
石橋を叩き割るくらいの慎重さで臨んでほしい。

日馬富士は今一つのようだが、体調不十分でも本場所で白星を重ねるうち波に乗るタイプでもある。
案外こんな場所で活躍するケースもありうるから、まだ分からない。



遠藤さんの人気ぶりが凄まじい。土曜日の様子。

【名古屋場所】遠藤大フィーバー!ファン400人にパトカーも来た!(報知

大相撲名古屋場所(13日初日、愛知県体育館)で2場所連続負け越しからの巻き返しを狙う西前頭5枚目・遠藤(23)=追手風=が、あまりの人気で警察の“世話”になった。5日、三重・鈴鹿市の部屋で行った稽古を約400人ものファンが見学。稽古場付近の路上駐車の取り締まりに鈴鹿署のパトカーが出動する事態となった。

遠藤が動けばファンも動く。日に日に増える稽古の見物客は、土曜日だったこともありこれまでで最高の約400人。遠藤が稽古場から宿舎に移動すると、ファンも列をなして追った。

昨年までとは比べものにならないというファンの多さに厳戒態勢が敷かれた。頻発する路上駐車に近隣住民から苦情が出たこともあり、鈴鹿市相撲連盟の有志が「駐車禁止」の看板を持って注意を喚起。稽古中には前日に続き、鈴鹿署のパトカーが出動し、アナウンスで路上駐車の車の移動を促した。しかも稽古場が公園内にあることもあり、子どもの叫び声や鳴き声が響き渡る状況。それでも報道陣の「集中して稽古できるか」との問いに、遠藤は「まあそうですね」と動じず、新十両・大栄翔(20)らとの18番の申し合いで16勝と順調な仕上がりを見せた。


まるで戦場だが、大物の遠藤さんは意に介していないようで頼もしい。

この人は今回は出稽古をせず、もっぱら部屋で調整に努めるようだ。
外に出て同格やそれ以上の相手を研究するより、
余裕の持てる格下を相手に、まずは自分の形を確認、磨き上げたいということだろう。

今場所は前頭5枚目ということで、上位陣とはギリギリ対戦圏外である。
鶴竜以外の横綱大関陣にフルボッコにされた先場所先々場所とは違い、
勝ち星もある程度計算できる。

東の筆頭だった3月場所は6勝9敗、9敗のうち6敗が三役以上が相手であった。
東4枚目の5月は7勝8敗、こちらは8敗のうち5敗。
役力士との対戦がほぼ無い、あっても1、2番の今場所は、9勝か10勝はあげられそうでもある。
ここらで二桁勝利でも収めれば、遠藤フィーバーもいよいよ加速しそうだが。



名古屋場所気にかかる人とりとめもなく

名古屋場所の見どころ、
というか個人的に気にかかる人を番付を眺めつつメモ。


今場所東の2枚目につけているのが何と豊真将。
一昨年11月場所小結で負け越して以来、
去年から今年にかけて、肩のケガや虫垂炎で十両と幕内を往復していた。
しかしいよいよこの地位まで戻ってきた。

先場所は東の7枚目で中日までに4勝4敗。
相撲ぶりも元気がみられず苦しいかと思われたが、
徐々にあのしぶとく食い下がる相撲が復活。
後半戦を5勝2敗で乗り切り勝ち越し3点で仕上げた。

今場所は前半みっちりと上位戦の組まれる位置で、
勝ち越しもままならないかも知れない。
しかし少しでも横綱大関陣を慌てさせる活躍を期待したい。

それにしてもどれほどケガを負っても果敢に挑戦し続けるその姿勢と、
相手の攻めをしぶとく凌いで最後に勝ち切るその取り口と。
生き様と相撲振りがいよいよそっくりになってきた。

まあそんな相撲だからケガをすると言ってしまえばそれまでなのだけど。


西の3枚目に大砂嵐がいよいよ上がってきた。
中盤あたりで横綱大関と割の組まれる位置取り。

右かちあげから突っ張って上手を引く取り口だが、
腰は高く上手も深く、今場所は上位陣相手に苦労するのだろう。

上体の強さに頼る取り口を見ていると、あまり強くなりそうにないと思いもする。
しかし日によっては下からまわしを丁寧にさぐったり、横への動きも見せる。

同じ怪力外国人でも力任せだった把瑠都や栃ノ心と違い、
相撲らしい相撲を一生懸命マスターしようとしているのがこの人のいい所。
課題を突き付けられる場所だろうが、頑張ってほしい。


隠岐の海は何と東の13枚目である。
去年の末あたりは師弟ともにこんなコメントも残しているが、それから落ちていく一方だ。

ここ数場所は相撲に覇気が感じられない。
内臓でも悪いのだろうか。しかし特にそうしたニュースは聞かない。
まあ弱みを見せまいと秘しているのだろうけれど。

素質十分のこの人だが、最高位小結で終わってしまうのだろうか。


東の16枚目に若の里の名前が。
4場所ぶりに幕内へのカムバック。

若の里38歳の誕生日「運動量は10代以上」(ニッカン)

大相撲名古屋場所(13日初日、愛知県体育館)で昭和以降5位の高齢幕内再昇進を決めた東前頭16枚目の若の里(田子ノ浦)が10日、38歳の誕生日を迎えた。

愛知・長久手市の部屋で稽古し、若い衆と18番の相撲を取り調整。「土俵の稽古は少なくなりましたけれど、相撲を取って技術を上げるとかいう問題じゃない。それ以外のトレーニングはやっていますから。筋肉が落ちないように、運動量は10代、20代と同じかそれ以上」と話した。報道陣からケーキをプレゼントされると「(3日に)稀勢の里に用意したから、自分にも気を使っていただいてしまったんですね。でもありがたい。48歳の誕生日でも待っています。体が続く限り(相撲を)やりたい」と10年後の現役も目指す。


雑誌「相撲」5月号の琴剣さんの漫画で紹介されていたが、
すでに両膝、左鎖骨などなど全身で9回の手術も経験しているらしい。
「舞の海さんが技のデパートなら、俺はケガのデパートだ」という
自虐的なコメントも出ていた。

かつては左を差して右から引っ張りこめば無類の強さを誇ったこの人も、
最近はそんな格好でも若い者にいいように取られ、痛々しい土俵が続いている。
なぜそこまで現役にこだわるのだろうと時々思う。

1日でも長く力士でいたいから、という本人のコメントがしばしばメディアから伝わってくるが、
ほんとうにそれだけなんだろうか。

勝手な推測だが、この人は弟弟子の稀勢の里が横綱になるのを待っているのでは。

いつかアイツが綱を締めて、土俵入りで露払いをしてやるのがオレの夢…
勿論そんな言葉は聞いたことも読んだこともないのだが、
プレッシャーにもろい弟弟子を気遣って口をつぐんでいるのかもしれない。

ま、いい加減な妄想なのだけど。

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。