スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰が白鵬を止めるのか(3)

白鵬ストッパーを考える前提として、
基本的に白鵬と同タイプ、右四つがっぷりの力士は
今の白鵬に対して勝ち目が薄い。
勝とうとすれば土俵の真ん中で組み合ったとき、
白鵬を上回る差し出争いのスキルを見せねばならない。
把瑠都にしても琴欧州にしても今のところ
それは難しい注文であろう。

そうなると中から、横から攻める力士が有望で、
必然的に今まであげた鶴竜、日馬富士などが候補にあがる。
あともう一人、そんなタイプの白鵬連勝ストッパーとして
私が期待をかけているのが上位キラーの安美錦。

9月場所は西の4枚目で対戦がなかったが、
8勝7敗と勝ち越しを決め、九州では前半戦で当る地位に戻ってくる。

過去に横綱昇進後の白鵬とは15戦して2勝。
勝ったのはいずれもおととしの事であり、去年からは安美錦の7連敗中である。
そこから考えるとあまり期待できないかも知れない。

何だか名前を挙げておいてだんだん弱気になってきたが、
先場所千秋楽の中継では、
来場所連勝中の横綱と対戦できるのを楽しみにしているという
この人の談話が紹介されていた。
安美錦が楽しみにしているということは、
見る側も相当期待していいはずである。たぶん。

幕内随一のくせもの安美錦の相撲でいつも感心させられるのは、
作戦を練りに練ってそれをイメージ通り遂行してゆくスキルの高さである。
平成18年の9月場所で白鵬を外掛けで破ったときのこと。
(今調べて気付いたのだが、あれはもう4年も前のことなのか。
もっと最近かと思っていたのだけれど)
立ち合いの突っ張り合いから安美錦は二本さして、
白鵬得意の左上手をゆるさない。
慌てた白鵬は左から強引な小手投げをうってきた。
するとそこにつけこんで安美錦は右から外掛けを放ち、
これがドンピシャで白鵬を横転させたことがある。

勝利後のインタビューでは、
上手が取れないと白鵬が小手で振ってくるのは、出げいこなどで研究済みだった…
と明かし、さすが安美錦と観るものをうならせてくれた。

さる9月場所でも琴欧州との対戦に際し、取り組み前のインタビューで
「右上手を浅く取って相手に左をささせ、右へ体を開いて出し投げ…」
と作戦を明かしており、これがもうほとんどそのまま決まってしまう。
さすが安美錦とやはりうならせてくれた。

もっとも今の白鵬からは、かつてのように
いい格好になれないと強引に投げを打つような
悪癖は影をひそめつつある。
今年にはいって3回あった対戦でも、
右差しから両差しで攻めようとする安美錦を
白鵬は慌てず受けとめ、揺さぶって右四つになって寄り切り、
あるいは低く構えての上手投げなどで落ちついて捌いている。

ちょっと難しいかな、とも思う。
しかしどうしても期待してしまうのである。

白鵬の今回の記録を止めたものは、
過去の双葉山に対する安芸ノ海、大鵬に対する戸田、
千代の富士に対する大乃国同様、相撲史に名を刻むことだろう。
いっぽう膝の調子などをみている限り、
安美錦がこの先大関となって相撲史に名を刻むのは
あまり期待できそうにない。

ならばせめて、あの白鵬の記録を止めた一番として、
後世に語り継がれるような相撲を安美錦が演じ、
相撲史に名関脇として名を残して欲しいものだ。

もうほとんど願望なのだが、
やってくれないかな…

スポンサーサイト

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

誰が白鵬を止めるのか(2)

白鵬の連勝ストッパーとして二番手に浮ぶのが、
やはり白鵬キラーとして名高い日馬富士。

実績からいうと
横綱昇進以降の白鵬に対し、
本割通算7勝13敗、決定戦通算1勝1敗、
トータル8勝14敗、3割6分4厘の対戦成績は
「キラー」の名にふさわしい…はずなのだが。

このところどうにも冴えない場所が続いているのも事実。
今年は初場所以来10勝、10勝、9勝、10勝ときて
9月場所にいたっては勝ち越すのがやっとの8勝。
肝心の白鵬戦も初場所送り出しに破って以来4連敗中である。

やはり膝の調子が相当おもわしくないのだろう。
良かったころにくらべて最近は立ち合いの踏み込みもまるで無いし、
相手の投げに簡単に崩れる場面が目立つ。

しかしかつて大関昇進前には
同じ一門のライバル白鵬が横綱に昇進し、
土俵入りの太刀持ちを依頼されながら
僕は大関になるから白鵬の太刀持ちはやりません、と
言ってのけた程の男である。
一方的に差をつけられてゆく現状を良しとしている筈はないだろう。
膝さえ良ければ…と忸怩たる思いでいるに違いない。
モチベーションからすれば連勝止めの一番手に来る人である。

無論モチベーションだけでなく、
取り口のタイプから言っても他の上位陣にくらべこの人の優位は固い。
白鵬攻略といえばとかく、
白鵬の右について上手を遠ざけ、
喰らいついて横から攻めて…と語られるが、
上位陣を見回しても
白鵬相手にそんな相撲が取れそうなのは日馬富士くらいではなかろうか。

本当にコンディション次第だが、
昨年の5月場所、優勝決定戦で白鵬を地に這わせたときの
あの得意気な表情は忘れられない。
九州の土俵であんな顔をまたもう一度見せて欲しいものだ。

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

誰が白鵬を止めるのか(1)

さる秋場所も全勝優勝を成し遂げ、
4場所連続全勝優勝、
さらには双葉山の69連勝にあと7と迫る
62連勝を記録してしまった白鵬。

モンゴル人に神様双葉山の記録を破られるなんて…
という向きも世間にはあるようだが
強いんだから仕方がない。

でも誰が止めるか、ということはつい考えてしまう。

まず最近の相撲を見ていて一番期待するのは鶴竜。
他にも何人かいるのだが、まずはこの人から書きたい。

いまのところ初顔以来14連敗中で、一度も勝ったことはない。
それでも毎場所善戦しているこの人には、どうしても期待してしまう。

一番印象的だったのは今年3月場所の対戦。
立ち合いすばやく中に入ると、
両差しから一気の速攻で土俵際まで追い詰めた。
これは、と観る者が思った瞬間、
左の上手を取られて土俵下に転がされてしまい
惜しくも殊勲の星はならなかったのだが…

特筆すべきは立ち合いから土俵際まで
横綱にまわしを与えなかったこと。
突き放してゆくならともかく、
自らまわしをとって連勝中の白鵬にこんな相撲が取れたのは
このひと位ではなかったろうか。
(違っていたらごめんなさい)

以来白鵬も鶴竜を相手とすると相当警戒してのぞむようになり、
立ち合い張り差しで動きをとめ右四つで攻め立てるのであるが、
鶴竜も負けじと左を差し返して応戦し、
わくわくするような差し手争いを演じている。

9月場所でも立ち合いわざわざ二度つっかけて
横綱の動揺をさそおうとするなど、
相手に飲まれることなく且つそうとうな意気込みで
対戦に臨んでいるのが分かる。
(みんな呑まれっぱなしだものね)

今年はいささか足踏みモードの鶴竜だが、
ここらで一つ、連勝ストッパーとして名を馳せ
勢いをつけてもらいたいもの。
やがて名大関、なんて雰囲気は存分にあるんだが…

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。