スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大相撲はどうなるやら

朝青龍と白鵬が千秋楽の取り組み後、土俵上でにらみ合った件について。
以下のようになったらしい。

スポーツ報知の記事


横綱同士がああした行為をおこなうのは、あまり私の記憶にない。
仕切りでにらみ合うのは私は大好きだが、取り組み直後はいただけない。

この一件は両成敗でいいと思う。
青龍のあれは明らかにダメ押しだし、はねのけた白鵬も大人気なかったし。

気になるのは、どうも朝青龍が横綱になって以来、
大相撲が変質してきた感じがすること。

頂点に立つ人を下の者は自ずとモデルとするのだろうが、
決着がついた後に大関に暴言を吐いたり、
大関辺りの力士が格下に平気で立会い変化したり、
みんながじゃんじゃか張り差ししたり、
優勝インタビューで大声張り上げたり
(まあこれはあのセレモニー自体にも問題があると思うけれど)

元アナの杉山さんあたりがいう
「抑制の美」みたいなものがなくなっちゃったのかな、と。
外国人力士が悪いのか?

ハワイ勢が活躍していたころはまだよかった。
関脇高見山は目から汗が出る浪花節の人だったし、
大関小錦は問題発言こそしたけれど、
あくまで週刊誌上にとどまって、土俵上では「力士」だった。
初優勝(だったっけ)のとき、土俵下で泣いていたのはたまらなかった。
抑えた素振りが似合わないのに、相撲の様式美に忠実であったのが、
今思えば美しかったと思う。
横綱曙はとうとう頂点までいったけど、
土俵入りは本当にクラシカルなものだった。
貴乃花なんかよりずっと見事だった。
なんでM字開脚女の赤ん坊になっちゃったかな。
まあいろいろあったんだろうけど。

モンゴル勢が頂点にたち、
幕内の三分の一(くらいかな)を外国人力士が占めるようになった今、
大相撲は子供の頃にみたものとは変わってきたように思う。
闘志に満ちた紳士同士が土俵で覇を競うのではなく、
粗くて乱暴で心得のない人たちが土の塊の上で暴れまわるというか…

なんちて。

これはこれでグローバル化のひとつなのか。
どうなんだろう。

するといきおい、日本人横綱待望論に走るわけだが。
稀勢の里、琴将菊、あともうちょっと下の連中がんばれよ、となってしまう。

これは人種差別か?
というより、大相撲をする側と、見る側のバランスの問題なんだろう。
年六場所がワールドツアーで行なわれるようにでもなったら、
また違うんだろうけれど。











スポンサーサイト

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。