スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八百長騒動に思う

諸事情で忙しく、ブログの更新をしばらくさぼっていた。
ちょっと余裕が出来てきたので再開しようと、
初場所の感想でも書こうかな(いまごろ)と思っていたら、
なんだかそれどころでは無くなってきた模様。

これまでは週刊誌の専門分野だった八百長の話が、
四大紙やテレビで大っぴらに語られる事態になった。
NHKのニュースが八百長の詳細を報ずるさまは、
相撲ファンには正直ショックが大きかった。

もちろん八百長の話は今に始まったことではないし、
いくらかそういうこともあるのかもな、と思ってはいた。

相撲好きとして自身の歩みを振り返ってみる。

現在中年のわたしが千代の富士や若島津の土俵を見ていた小中学生のころ、
七勝七敗で千秋楽を迎えた力士が十中八九勝ち越すのに気付いたのが
そもそもの始まりだったと思う。

イケナイ子供だった私は留守番のとき、
父親が買ってきた週刊ポストなどを盗み読みするのを楽しみにしていた。
第一の目当ては当然ヌードだったが、
中には大相撲における八百長の存在を指弾する記事もあった。
千秋楽に勝ち越すのはあらかじめ打ち合せをしているのだとか書いてある。
ほんとかな、と興味深く読んだのを覚えている。

テレビ解説を引退したあと、玉の海梅吉さんが告発したこともあった。
あの玉の海さんが、と当時はショックだった。

その後も週刊誌を通じて訴える人はたびたび居た。
実際見なれてくると負けの込んできた横綱に、
対戦相手が自分からひっくり返るような取組などにも気付くようになった。
これはほんとかもしれない、と思い始めた。

しかしだからといって相撲が嫌いになることはなかった。
大半の取組は真剣なものに思えたし、
何より土俵の上で力士生命を失うような怪我を負う様子なども見ていれば、
時に素人目にも芝居じみた相撲があったところで、
これはもしやと思いつつ、まあもしそうでも仕方が無いかな、
おすもうさんも大変なのだしと許せる気にもなった。
むしろそうした若干の怪しさも含めて大相撲を楽しんできたように思う。
世の相撲好きの多くも似たようなものではなかろうか(たぶん)。

したがって「八百長発覚!」という今回のニュースそのものにさして驚きはない。
驚いたのはむしろ、事件性はないといいつつ警察がこれを取り上げ、
人々が猛り狂ったようにこの報道に群がり、
支持を失いつつある時の政権はこれに便乗して勢力を回復しようとまでしている
一連の世の中の流れのほうだ。

一昔前だったら、騒ぐのも野暮と片付けられそうな一件が
かくもセンセーショナルな話題になっている。
たまに変な相撲があっても、曖昧なところを面白がるような人は
今の世で少数派になってきた、ということなのだろう。

この現象の原因と対策、はまた考えたい。
大相撲はピンチであるが、むしろこれはチャンスなのではないかな、と思うので。


スポンサーサイト

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

メディアと政府と相撲ファン

連日相撲ファンには憂鬱になるようなニュースが続いている。
最近はこんなものまで出てくる始末。

「国民の血税で大豪遊!」崩壊寸前の相撲界 ある元横綱のすさまじすぎる金と女(楽天woman)

日本相撲協会は野球賭博事件がきっかけで発覚した八百長問題を受けて6日に開かれた理事会で、3月13日に初日を迎える予定だった大相撲春場所の開催中止を決定した。本場所が中止となるのは1946年の夏場所以来65年ぶり2度目だが、不祥事による中止は今回が初めという一大事に発展してしまった。

「こういう事態になったからには特殊公益法人の剥奪が検討され始めるだろう。力士らの給与は国民の税金から支払われているが、その金が八百長に使われたり、闇社会に流れているとなれば国民から反発を受けることは必至。もはや、国技とは呼べないから、国技館の使用中止も検討されるだろう」(スポーツ紙の相撲担当記者)

(後略)


相撲協会は税制で優遇はされているが、税金を受け取っているわけではあるまい。
こういう誤解は2ちゃんねるや個人のブログにしか出てこないものだと思っていたが、
元ネタはゴシップサイトとはいえ、大手のニュースサイトにも平気でこんな言辞が飛び交う現状。

皆がこんな風に考えていてくれれば、この先

首相、消費税増税「実施前には国民に判断仰ぐ」(日経)

菅直人首相は9日午後の党首討論で、消費税を含む税制抜本改革に向けた法整備について「11年度末までに何らかの法的対応をしなければならない」と述べた。そのうえで消費税増税と衆院解散・総選挙との関係について「消費税を含む大きな税制改正を実施する場合には、実施前に国民に判断を仰ぐ」と説明した。


といったことを目論む人たちにしてみれば

総理杯扱い、調査踏まえ判断=菅首相(時事ドットコム)

 菅直人首相は4日夜、大相撲の八百長疑惑に関連し、優勝力士に授与する総理大臣杯の扱いを含めた政府の対応について「まずはしっかりした調査(が必要)。その結果が出た段階でまた考えたい」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。 
 また、蓮舫行政刷新担当相は同日、日本相撲協会について、国会内で記者団に「解散も視野に入れて当然、高木義明文部科学相の下でさらなる調査が行われると思う」と述べ、公益法人認定の取り消しも念頭に厳しく対応すべきだと強調した。「これまでの野球賭博、暴力行為の問題もあるし、(協会は)激しく国民の信頼を失墜させている」とも指摘した。(2011/02/04-20:06)


とかやっていれば、ことは上手く運ぶのだろう。

八つ当たりかも知れないが、それぐらいの陰謀論は考えたくなる昨今だ。
とはいえ背景には、それだけ大相撲が一般の人々に魅力がない、という現実がある。

みんな八百長ばっかりでインチキで、国技なのに外人だらけで、
デブばっかりでカッコ悪くて、仕切りが長くて眠くなるし、始まったと思ったらすぐ終るし、
とても見ちゃいられないのに僕も私も受信料払ってるNHKで放送してるし、
みんなが苦労してるのに税金おさめてないし、そのクセ入場料は馬鹿高いし、
あんなもの無くなってしまえ!

というのが大方のイメージなのだろう。
外国人力士があくまで道化役、敵役でいてくれて、
国も人も潤っていたころは問題にもならなかったことが問題になってきた。
相撲協会が越えねばならないハードルは高い。
しかしハードルの高さの設定にもよるが、越えられないものではないと思うのだ。

公益法人としての認可はこの先難しいかも知れない。
しかしそうなってもプロの相撲が存続していけるよう、
今後ブログで素人なりに考えて見たい。


テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

八百長の防止に一門別総当り制の復活というのはどうか

相撲好きには気のめいるニュースが毎日続く中、一服の清涼剤のような話もたまに出てくる。

高見盛が改革!3カ条!信頼回復へ(サンスポ)

大相撲の幕内高見盛(34)が13日、八百長問題に揺れる相撲界へ3つの提言を行った。(1)地元へのサービス(2)本場所中止でも若い衆にやる気を出させる(3)疑惑を招く連合げいこの自粛-の3点。この日は所属する東関部屋近くの墨田区吾妻橋二丁目町会(東京)の餅つき大会に参加。さっそく(1)を実践し、社会貢献活動を開始した。

(中略)

「連合げいこ? 他の部屋の力士たちと、いまは下手に会わない方がいいんじゃないかな。あらぬ疑惑をもたれないためにもね」

八百長問題の実態解明を進める特別調査委員会は12日までに、高見盛を含む関取衆78人との面接を終えた。14日に行われる日本相撲協会の臨時理事会へは、最終報告ではなく中間報告を行う見込み。関与者への処分は先送りが濃厚だ。まだ疑惑の全容が解明されない中、一門が集まる連合げいこなどで他の部屋の力士と接触することで、新たな疑いをもたれることを強く心配した。
 
「他の人たちはどうか分からないけど、自分のことをやるだけ」。逆風が吹き荒れる相撲界で、真面目に相撲道を貫いてきた男は真っ直ぐ前をみつめた。


ピエロのような扱いを受けている人だが、
人気者としての立場を自覚して、
自分の出来ることを精一杯やろうとしているのだろう。
高見盛は偉い。

で、私がもうひとつ印象に残ったのは、
太字にした、現在連合稽古を自粛している、というくだり。
土俵上での敵同士が日常的に顔を合わせている、というのは
確かに個人競技の格闘技において高見盛のいうとおり誤解を招くし、
あまり健全なものでもない。
といって部屋間の行き来を禁じてしまっては、
稽古相手に不足してしまう。

ならば取組編成を旧に復し、
部屋別総当り制から一門別総当り制に戻してはどうか、と思う。
これなら一門内での出稽古は可能だし、
力士同士の一門外との接触を禁止すれば、八百長も防止できる。

ただこれには色々欠点もある。
第一に取組のバリエーションが大いに減ってしまうこと。

元来は一門別で対戦していたものを、好取組を増やすという趣旨で
部屋別に改めたのは、昭和40年のことである。
これを逆行させるわけで、今まで見てきた好勝負がいくつも消滅してしまう。

たとえば去る一月場所の番付で考えてみる。
力士たちを一門別で色分けしてみた(一番下は各一門の幕内力士数)。

H2301番付

例えば横綱白鵬と魁皇、日馬富士、安美錦、鶴竜といった取組は消えてしまう。
稀勢の里は同じ二所一門の琴欧州や琴奨菊と当たらなくなるし、
出羽一門の栃煌山、把瑠都、豪栄道といったところも対戦はない。
部屋別の勝負を見なれた目には物寂しさがある。

しかし世間がかくも八百長八百長とアレルギー反応を起こすなら、
これぐらいの処置を講じなければ納得してもらえないのではないだろうか。
私自身も個人的に、公明正大なガチンコ勝負のためならこの程度は我慢できる。

一門別総当り制の第二の欠点としては、
どこか一門の勢力が多数を占めはじめると、
他の一門にくらべ取組編成において絶対的有利に立つ点。

例えば時代をさかのぼって平成5年3月場所。
二子山部屋と藤島部屋が合併、新生二子山部屋が誕生し、
実に一部屋で10人もの幕内力士を抱えたことがあった。
二子山部屋の力士が圧倒的に有利ではないかと物議を醸し、
個人別総当り制の導入を言い出す人もいた。

部屋別でさえ寡占状態となったこの時、
もし一門別で取組が編成されていたらどうなったか。

H0503ban

二所一門の圧勝である。
例えば曙の相手は番付順にいけば三役から平幕の5枚目あたりまでだが、
貴ノ花は同じ一門を避ければ11枚目まで下ってしまう。
こうした事態がもし起きた場合、
一門別の割というのは優勝争いを大いに盛り下げてしまう。

しかしそれでも、公明正大なガチンコ勝負の魅力もまた強い。
有力な一門の上位力士と当てられる他門の下位力士は、
何としても我が一門のためにと全力を尽くすことだろう。
一門の結束もまた強化される筈だ。

白鵬の連勝記録中によく、
「双葉山の時代は打倒双葉をめざし、
出羽海勢は一門総出で智慧を絞ったのに、
今の時代はそんな動きが皆目みられない…」
という嘆きがしばしば聞かれた。
しかしそれも一門別の取組であったがゆえの話で、
部屋別総当りでは難しい注文でもあった。
時代を逆行させるようなこの手法は、
そうした熱さを復活させることにもなるだろう。

と、長々書いてしまったが、
もちろんこの制度では
現在のような関取衆勢ぞろいの大巡業も不可能になってしまう。
今日挙げたものに限らず、欠点はまだまだ多いやり方だ。
その対策はまた追々考えたい。

補足として、
もちろん私は相撲ファンとして、大半の力士たちがガチンコで勝負していると思っている。
彼らは普段の付き合いと土俵の上は別物と割り切っているはずだ。
しかしごく稀に「おや?」という取組は無いこともない。
信じたいのだが、時に一ファンとして見ても不思議な勝負がこれまであったことはあった。
それも含めて個人的には楽しんできたのであるけれど、
世情がこうも辛くなってくるともうそれも許されないのだろう。


テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

独立委員会の答申と小錦の想い


メディアの八百長フィーバーもちょっとだけ落ちついてきた中、
公益法人化へ向けた第三者機関「ガバナンス(統治)の整備に関する独立委員会」の
最終答申がついに出た。

独立委による答申の要旨=大相撲(時事)

〔はじめに〕 

相撲は日本文化にとって切り離せない存在で、協会の任務に公益性があることに議論の余地はないが、発想の転換が必要。公益法人化のための改革の方向性を提言する。
 
【公益事業の輪郭】
 
本場所や巡業を「相撲文化の実践的表演」と位置付け、特に巡業は地域振興への貢献を強調すべきだ。
 
【組織の改善策】

組織の統率が取れず、情報の共有化が図れていない。理事長の下に四つの局を設けて再編成し、問題を解決すべきだ。

協会運営に広く国民の声を反映させるため、理事の約半数を外部から入れる。相撲部屋を協会の組織の一部とし、権利や義務を詳細に規定する。

年寄名跡の高額の譲渡は、運営能力がありながら協会を去る者が出たり、借金や後援者への依存につながったりするなど問題が多く、廃止すべきだ。

力士の稽古の質と量を確保するため、相撲部屋の数を現在の50から30程度に減らすべきだ。

トップアスリート養成のため、15歳未満も力士の研修生として受け入れる。協会は力士の採用、育成、引退後の進路に関して責任を持つ。十両以上の力士は協会との契約関係を明確にするが、それ以外は育成に期限を設け、新陳代謝を図る。

維持員による寄付が実質的にシーズンチケットの販売と化している。広く国民から寄付を募り、額に応じた特典を与えるべきだ。

相撲教習所の研修内容を充実させ、対象を協会員全員に広げる。

【事業活動の改善策】

指導普及のため、アマ競技者との交流を積極的に取り入れる。

相撲の国際的な普及や紹介への長期的ビジョンを持ち、海外巡業や公演などを行う。

禁止薬物使用に関する規定を作り、取り組みを強化する。

チケットを扱う相撲案内所の手数料を適正化し、新規参入を入札制にする案を検討すべきだ。
 
〔おわりに〕

相撲協会が抱える問題は、組織としての統率がほとんど取れていないこと。独立性の高い年寄の寄り合い所帯として構成され、全体よりも個々や部屋の都合を優先させてきた。早急に改善に着手すべきだ。組織としての自立を願ってやまない。


いやあ読んでいて気持ちがいい。
長年問題とされて来ていながら、
みなが平等なそれこそ「寄り合い所帯」であったがため、
一向改善の進まなかった問題の数々。
これをきっかけにトップダウンの仕組みが作られ、
新しい相撲協会に生まれ変って欲しいもの。
もちろん障害も多いし、犠牲になる人も多々出てくるわけだが…

年寄名跡の問題に関しては以前にもちょっと取り上げたが、
今日のニュースでたまたま「能力がありながら協会を去」った人が登場している。

KONISHIKI、八百長問題で揺れる相撲界に「悲しい」と心境を激白!「身も心もキレイにしてがんばって」と熱いエール!(シネマトゥディ)

17日、鉄道好きの親子を招待した映画『れっしゃだいこうしん ザ☆ムービー しんかんせん大集合』完成披露試写会が、ワーナー・マイカル・シネマズ 港北ニュータウンにて行われ、特別ゲストとしてKONISHIKIが登場した。

(中略)

その後行われたマスコミ向けの囲み取材では、やはりスキャンダルまみれとなっている相撲界の話題について質問が集中。KONISHIKIは「心が痛んでいるし、悲しい。悪いところは直さなくてはいけない。1日も早く、協会が新しい対策を考えて、国民の心が(相撲に)戻ってくるようにして欲しい」と心境を告白。さらに「相撲を引退しても、タレントの仕事ができる自分はいいけれど、通常辞めた力士は不安だらけなんです。相撲界を去る力士に、健康や生活のケアをしてあげるようにして欲しい」と協会へ注文を付ける一幕も。そして角界の人々へ向けたメッセージを求められると「今は大変だと思うけど、身も心もキレイにしてがんばって、早くいいニュースを聞かせて欲しい!」と熱いエールを送った。


どうして『しんかんせん大集合』に小錦が呼ばれるのか今ひとつよく分からない面はあるが(笑)
彼の悔しさや相撲への愛情に報いられるよう、協会には期待したい。

小錦や曙が協会を去ってしまったことで、
高見山以来育っていた言わば「国技において愛される外国人力士」のDNAが
途絶えてしまったのではないだろうか。
国は違うが、同じ一門として朝青龍の問題も
実はその辺りに端を発していた気が今はしている。

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

パイルドライバー

高見盛、父兄とガチンコ勝負…小学校のイベント参加(報知)

大相撲が八百長問題で揺れる中、人気力士の幕内・高見盛が19日、東京都渋谷区の小学校で開催された親子の触れ合いイベントに参加し、児童や保護者と相撲を取るなどして約180人の参加者を喜ばせた。

ひときわ沸かせたのが、児童の父親たちと取った場面。さほど手加減せず、豪快に抱えたり、投げ飛ばしたりした。高見盛は「こういうときだからこそ、あえてガチンコ(真剣勝負の意)を見せた。関取の体を感じてほしかった」と説明した。

日本相撲協会は春場所を中止したが、社会貢献活動などは奨励。34歳のベテランは「今、自分のできることを一生懸命やるだけ」と言葉に力を込めた。師匠の東関親方(元幕内・潮丸)も「相撲協会にとってもいいこと。今後もできるだけやっていきたい」と話した。


リンク先の写真を見ると、父兄の脳天を今にもマットに叩きつけそうな高見盛。
素人さんにケガをさせてはいけません(笑)。

近頃はちょっと影をひそめつつあるが、
自慢の背筋力で相手を豪快に振りまわす取り口のこの人らしいサービス。
これなら協会がつぶれてもプロレスで喰っていける。
いやそれは冗談。頑張れ高見盛!…

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。