スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千代大龍、らしい相撲で初銀星の二日目

ひさびさの更新。
一年半もこのブログうっちゃっていた。

今日の中継。
正面解説は鷲羽山の出羽海親方、向正面は麒麟児の北陣親方。
二人ともベテランの親方で、たいして面白いことをしゃべらない。
放送席はいまひとつ盛り上がりに欠けた。

やっぱり片方がベテランなら、もう片方は若手を起用してほしいよNHK、
そんな二日目。




●稀勢の里<大関1-1>(おしだし)妙義龍<前二1-1>○

立ち合いまさった妙義龍、
頭から当たってモロハズで突きおこすと稀勢たちまち土俵際。
稀勢苦しまぎれに左へ回りこみ突きおとしをみせるが、
妙義龍右を深くさして密着、押しだす。

先場所の白鵬戦もそうだったが、
妙義龍のこうした特攻相撲は見ていて抜群に気持ちがいい。
いっぽうで稀勢の里のワキの甘さは抜群に気持ちがわるい。




そして今場所のお楽しみ。
明月院こと千代大龍、初の上位挑戦。
思いおこせば二年以上前、こんな記事も書いたんだっけ。

残念ながら風情のない、なんともヤンキー臭い四股名になってしまったわけだが、
本人の好みだから仕方がない。
昨日は鶴竜にいいようにあしらわれて黒星スタートとなった。
今日はどうだろう。

○千代大龍<前二1-1>(ひきおとし)琴奨菊<大関1-1>●

立ち合いまさったのは琴奨菊、に見えたが、
千代大龍モロテで突きおこして大関に二歩目を踏ませず、
すかさずつっかえ棒を外すようにひきおとす。
菊ばったり。

千代大龍は立ち合い先に両手をおろして、大関の立つのを待っていた。
たぶん最初から狙っていたのだろう。
琴奨菊も勘付いていたとはおもうが、なんだか余裕がなかった。

千代大龍は上位初挑戦の場所で銀星獲得!なのだけれど、
先を考えるとあまり素直に喜べる内容ではなかった。
若荒雄みたいにならないでほしい。




横綱二人は二連勝。
大関は鶴竜が連勝しているがあとの三人は1勝1敗。
テレビも新聞も大関が優勝争いにからんでほしいとやたら言うが、
現状望み薄なのは分かりきったことで、逆に見ている側はしらけてしまう。
それよりも伸びてくる若手の相撲に目を向けたほうが、よほど楽しいような。







スポンサーサイト

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

春場所初日

終わった場所を一日一日ふりかえるという、
まったくの記録用記事。
深夜に録りためたNHKのダイジェスト番組を見ながら書く。

で、春場所の初日。


今場所、個人的なお楽しみのひとつはいよいよ上位に来た千代大龍であった。
大関相手にどこまでやるかと思われたが。

○鶴竜<大関>(つきおとし)千代大龍<前二>●

立ち合い千代大龍、
もろ手で突きおこして引きおとす得意の攻めを見せるが、
当たりも弱かったので大関はまったく動じない。
逆に右の張り手をもらうとムキになって前へ出るが、足がついていかない。
大関この機をのがさず右へ変化して突きおとす。

千代大龍はそうとう固くなっていた印象。
しかしこの相撲でふっきれたのだろう、
翌日から一横綱二大関を撃破してしまう。
正直、この相撲をみたときは今場所はだめだろうと思っていたのだけれど。


●安美錦<小結>(こてなげ)白鵬<横綱>○

立ち合い、白鵬は安美錦の動きを警戒し、仕切り線のかなり後ろに構える。
それを見てとった安美錦、今日は強烈な当たりで一気に中へ入る。
白鵬は相手を見て立ってゆるりと左の上手を取りに行ったので、
安美錦一瞬もろざしの大チャンス。
しかし白鵬、俵にかかるちょっと前で左をねじこみ、体を入れかえる。
安美錦は止まってしまっては横綱に十分な体勢を作られてしまうので、
廻しを引かれる前にとかまわず一気に出るが、
白鵬は下がりながらも左から起こし、カウンターで右からの小手投げ一閃。
横綱の辛勝。

完全に気持ちが守りに入っていた白鵬。
この相撲が薬となったか、翌日からは立ち合いも厳しくなり、
結果的には全勝優勝を飾ってしまう。


こんな相撲もあったが、この日はいちおう上位陣は安泰。
プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。