スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばれ北勝力

東北巡業で遠藤あたりが横綱に稽古をつけてもらっているらしいが、
それより気になるのがこちらのニュース。

谷川親方、アームレスリングで瞬殺王者!現役親方初の他競技挑戦(報知

大相撲の谷川親方(元関脇・北勝力)が4日、千葉・御宿町で行われたアームレスリングの大会に初挑戦し、いきなり初優勝を果たした。体重70キロを超える一般男性の部に出場し、左右の腕の2部門を制覇した。日本相撲協会に在籍する親方が他のスポーツに挑戦する例は極めて珍しい。谷川親方はアームレスリング無差別級での日本一が目標。夢への第一歩を踏み出した。

 刺すような日差しがビーチに降り注ぐ中、谷川親方は力自慢の猛者を次々となぎ倒していった。体重70キロを超える一般男性の部に参加。左右両腕で部門が分かれるアームレスリング。いずれも100人ほどがエントリーしたトーナメントには、経験者など強豪もいた。それでも関脇まで上った親方は、182センチ、120キロの全身からみなぎるパワーで左右両腕で戦った計10試合をほぼ一瞬で相手をねじ伏せた。終わってみれば瞬殺の2部門制覇。「全国のアームレスラーの方々に教えていただいたおかげです」と喜びをかみしめた。

 相撲協会に在籍する親方が、他競技の大会に出場することは極めて珍しい。協会退職後に挑戦した例は、元横綱・輪島や曙のプロレス、3代目若乃花のアメリカンフットボールなど多くの例が存在するが、弟子の指導が本分になる現役の親方となると事実上、初といってもいい。他競技への挑戦は営利目的では認められない。ただ、今回は趣味での活動のため、協会も認め、問題になることはない。

 同親方は11年5月技量審査場所で現役引退。現役時代は遊び程度だったが、八角部屋付きの親方として弟子を指導しながら、専用のジムに週2回、筋トレをするためのジムにも週2回ほど通い続けた。地方場所でもジムを探して鍛錬。ビデオなどでの研究も怠らなかった。知人の勧めで決意した大会初出場。最高の結果を残し「うれしいのと安ど、両方の気持ちですね」と元関脇のプライドをのぞかせた。

 谷川親方はアームレスリング挑戦のほか、昨年10月からは山梨・甲斐市の日本航空高校通信制課程に通い始めた。角界では珍しい挑戦を続けている。次の大会出場はまだ未定だが、いずれは年1回の全日本選手権にも参加するつもりだ。「夢は無差別の日本王者ですから、まだまだ。今度はレスラーの部門に出たい」。第二の人生もチャレンジを続ける親方の目は輝いていた。


テレビの解説では「フォルム」というボディビルの用語を駆使しながら、
力士の肉付きを微に入り採にわたって語ってくれる筋肉フェチの谷川親方。
いかにもこの人らしい挑戦。

引退の直接の引き金となった取組は、
日ごろ慣れない立ち合いを敢行してのものだった。
立ち合い一発で土俵上に仰向けになってしまい、見ていて相当不安を感じた取組だった。
担架で運ばれていったときは、正直生死も疑った。

結局その後しばらくして引退。回復が思わしくなかったのだろう。
力はまだ落ちていなかったから、不完全燃焼な辞め方だったな、と思っていたがこのニュース。

まだ頂点を目指す気持ちがある。
たとえ別のスポーツだとしても。
がんばれ北勝力。



スポンサーサイト

お盆休みにクイズでも

自分のブログを読み返していたら、3年近く前の記事にこんなのがあった。
首から下の画像だけで力士を当ててしまう、アナウンサーの久保田智子さんのお話である。

それで思いついたクイズ。あなたは彼女に勝てるか?
以下五問、すべて幕内力士です。
まわしの色がヒントになるとつまらないので、画像は白黒にしてみました。
でもなるべく分かりやすそうなのを選んでみた…つもりなのですが。


第一問

q1


第二問

q2


第三問

q3

第四問

q4

第五問

q5



最後はちょっと分かりにくいかな…
でも相撲好きならけっこうピンと来る気もするのだけれど。
答えは…


















第一問・碧山、第二問・稀勢の里、第三問・琴欧洲、第四問・豊ノ島、第五問・隠岐の海、でした。
簡単すぎたかな?

遠藤についてとりとめもなく

来場所の新入幕が確定的となっている、
ホープの遠藤聖大(しょうた、と読むらしい)。

組んでよし離れてよしの万能型で、
すでに幕内上位の力がある、なんて話もある。

ルックスも大変よろしい。

endou


まだザンバラ髪でこの雰囲気だから、
いずれ大銀杏を結ったら女子人気は沸騰しそうだ。

昔の大関で北天佑というのがいた。
相撲は力強いがどこか気だるげな、
アンニュイなところがあって、やはり女性の声援が大きかった。

「がんばれがんばれホクテンユー」なんて黄色い声が、
いつも仕切りのときに聞こえてきた。
遠藤もそんな色男の強豪キャラになってくれると、
また土俵がバラエティに富んで面白くなる。
隠岐の海にも期待したいが、なにしろマイペースだ…

そう、書いていて思ったが、黄色い声援が最近ないような気がする。
取組が終わるたびに女性の悲鳴はよく聞こえてくるのだけど。
仕切りで女子集団のコールがあると、見てて楽しいのだが。

いずれ遠藤が上位に入り込んできて、稀勢の里と対戦。
仕切りでは遠藤をおす黄色い声、一方でキセをおす野太い声、
場内盛り上がって時間一杯…というのを早く見たい。

てかそのまえに遠藤の四股名が問題か。
大翔ナントカではなく、雰囲気のある名前をつけてほしいのだが…

遠藤の四股名を勝手に考える

wikiの「遠藤聖大」から抜粋。

新十両で迎えた7月場所は4日目に徳真鵬に敗れたものの、終始他を寄せ付けない圧倒的な強さで13日目に栃乃若を破り、千秋楽を待たずに2012年1月場所の千代大龍以来となる新十両での優勝を決め、千秋楽も勝って14勝1敗で終えた。新十両での14勝は1950年9月場所の米川(後の横綱・朝潮)以来史上2人目、実に63年ぶりだった。これにより史上4人目となる十両1場所通過、幕下付出から史上最速の所要3場所での新入幕が確実となり、勝ち続けている中で流れを変えないために四股名はまだ付けず、本名で入幕することになった。


とのことだが、きっとまだいい名前が思いつかないのだろう。
きっとそうだ。そうに違いない。

よろしい、私がいい四股名をつけてあげよう。

追手風部屋の力士はほとんどみな、親方の現役時代の四股名(大翔山)にちなんで、
「大翔ナントカ」もしくは「大ナントカ翔」と名乗るのが慣例になっている。
(参考:追手風部屋の力士紹介←ちなみにオンマウスで遊べます。特に大翔鶴は秀逸w)

そうすると遠藤もやはりそうなってしまうのかな、と思うが、
でもつまらないよねえ。

佐渡ヶ獄部屋ならみんな琴ナントカとか、
九重部屋ならみんな千代ナントカ、というのが最近の主流だけど、
個性が感じられない。

九重なんて最近になってニューフェイスが続々十両幕内に上がってきたけど、
いっぺんに上がってきてしかも全員千代ナントカだから、区別できない。

番付を見ていると千代大龍はまだ目立って活躍しているから分かるが、
あとの千代の国とか千代嵐とか千代鳳とか千代皇とか千代丸とか、
もう誰が誰だかぜんぜん分からない。

話がそれた。
とにかく四股名にはパッと聞いてパッと誰だか分かる、個性がほしい。

加えて全く好みの問題だが、やはり出身地にちなんだネーミングが好ましい。
なにしろ地元の人にとっては強烈なアピールになるし、
他県の人間にもその力士のルーツが分かって土俵がより面白くなる。

というわけで、遠藤クンも郷土の石川県鳳珠郡穴水町 にちなんだ名をつけるのがよろしかろう。
まずは旧国名で行くと、ここはかつての「能登」ということになる。
そこで

能登の海、能登の山、能登桜…

どれもイマイチだ。
地元の人には申し訳ないが、「のと」という音の響きにメリハリがなくて、
四股名に入れるにはどうも力感に欠ける。

そうなると地元の海とか山とか川とか…
はて何があるのか、私には馴染みのない場所だから全然分からない。
地図を見てみる。

拡大してそちこちと動かす。
きっと遠藤クン自身にも郷里のみなさんにも馴染みのあるだろう山が、たくさん出てくる。

「大郷山」野暮ったくて二枚目の遠藤には合わないか。
「二子山」こんなの付けたら大問題だ。
「河内岳」イマイチ。
「別所岳」これもイマイチ。
「大丸山」むしろ舛ノ山にでもあげたい四股名だ。
ちょっと町外になると「峨山」…

「峨山」に「大」とか付けてみる。「大峨山(だいがざん)」

強そうだが、遠藤には女子にキャーキャー言われる力士になってほしい。
人気回復をはかる大相撲に女性ファンをどんどん呼び込み、
国技館に黄色い声援を巻き起こすのがこの人の使命なのだ(と勝手に思っている)。
それを考えると怪獣の名前のようで、イメージが合わない。

山は駄目だ。海で行こう。
穴水町は七尾北湾というところに面しているのだな。

「七尾海」安直か。
「七尾浜」四股名らしくないな。
「七尾竜」うーん、悪くない、かな?



endou
七尾竜…


endou
七尾竜…


endou
(女性ファン)「キャー!竜サマ!」


何だか似合うような気がしてきたw
これでいいんじゃないかなあ(←適当)。

「七尾竜 聖大」(ななおりゅう しょうた)

上の名に比べ、下の名の読みが軽いか。
ちょっと音だけ変えて、

「七尾竜 聖大」(ななおりゅう せいだい)

よしこれで行こう。がんばれ七尾竜!





…あっ、でも「七」では勝ち越せないのか?
プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。