スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊真将、幕内復帰

9月場所の新番付も発表されて、大相撲はいよいよ秋モード。

先場所、西十両6枚目で9勝6敗の星だった豊真将は、
再入幕をはたし西前頭13枚目に大躍進。

勝ち越し3点で9枚アップという儲けものの昇進(原則的には1点で1枚アップ)は、
豊真将より上の十両上位陣の大半が負け越してくれたからである。
ラッキーといえばラッキーだが、地力を考えれば当然とも思う。

もちろん満身創痍の現状で、どこまで地力を発揮できるかが問題なのだけれど。
今週なかごろの記事。

幕内復帰の豊真将、初日「倍返し」誓う(ニッカン

大相撲秋場所(15日初日、両国国技館)で4場所ぶりに幕内復帰する西前頭13枚目の豊真将(32=錣山)が3日、東京・江東区の錣山部屋で稽古を行った。

すり足やてっぽうなどで十分に汗をかいたあと、三段目力士と11番相撲をとった。昨年11月に左肩腱板(けんばん)断裂の重傷を負い手術。初場所、春場所を全休し、西十両14枚目まで番付が下がっただけに「5月の夏場所も見切り発車だった。こんなに早く幕内に戻れると思わなかった。ケガしていた時には応援の声が励みになったので、その人たちのためにも頑張らないと」と話した。初日は東前頭13枚目の遠藤との対戦が有力。先場所は敗れているだけに「倍返しします」と誓っていた。


「倍返し」なんて流行語を豊真将が本当に言ったのかどうか、怪しい記事だ。
しかし先場所、遠藤との千秋楽の対戦
相手の突っ張りに一方的に後退し、最後は土俵際突き放されて尻から落ちるという醜態を見せてしまった。
ついこの間まで学生だった相手に、元三役としての沽券にかかわる相撲をとってしまった。

そんな相手と初日から対戦、となると先場所千秋楽、今場所初日と連続対戦。
最短距離でのリターンマッチとなる。
今をときめく遠藤の幕内デビューでもあり、俄然世間の注目度は高い。
ルーキーに意地をみせて、逆におのれの復活をアピールできるだろうか。



スポンサーサイト

いつかウサギを抜く日


秋場所の見所、となると遠藤や大砂嵐もいいが、
やっぱり期待してしまうのが稀勢の里。

綱とりは白紙にもどった。
それでも大関陣のなかでは、ここ数場所もっとも高い勝率を誇っている。

今年4場所の平均勝ち星を見ると、
稀勢の里11勝、鶴竜と琴奨菊が9勝、琴欧洲は休場も負けとカウントすれば7勝。
現状いちばん横綱に近い力士であることは間違いない。

悲願の賜杯もメンタルの弱さゆえ、当分難しそうだ。
しかし終盤までできるかぎり戦線に残って、優勝争いの経験値を着実に積み上げていくこと。
それが一年、二年経って生きてくるはずだ。

そんな悠長なこと言ってられないという向きもあるだろう。
だけど。

平成16(2004)年の新入幕以来、なにしろこの人は大関に上がるまで丸7年を要したのだ。
同じ年に入幕した白鵬が2年、日馬富士が4年でさっさと駆け上がったところを、
モタモタと、だけど一途に精進してようやく這い上がってきた。

幕内最高優勝にいたっては、白鵬が入幕から2年、日馬富士が4年半で達成しているというのに、
われらが稀勢の里は9年経っても未だ賜杯バージンのまま。

モンゴルの両横綱をウサギとすれば、稀勢の里はカメになるだろう。
今は亡き先代の鳴戸親方からおくられた
「稀レナ勢イ」の四股名のまるで逆をいく相撲人生になっている。

それでも愚直なまでに稽古に励み、やっとここまで来た。
いつかカメがウサギを抜き去る日を、僕は心待ちにしている

…なんてね。



日本人7年ぶりの優勝への秘策

常に話題となる、絶えて久しい日本人力士の幕ノ内最高優勝。
現時点で最後となっているのが、平成18(2006)年1月場所の大関栃東ですから、
以来7年半もファンは地団駄を踏みつづけていることになります。

しかしそびえ立つモンゴル両横綱の牙城は、いかんともし難い。
日本人の相撲好きは、まだしばらくは物足りない思いで中継を眺めねばならないのでしょう。

しかしこれなら何とかなるのでは、という提案をひとつ。
花相撲でもいいので、国別対抗の団体戦を開くのです。

日本、モンゴル、そして国単位ではありませんがヨーロッパ。
各チーム5人を幕内の上位から選抜し、3チーム総当りのリーグ戦を行う。
これなら日本人の優勝もあるかもしれない。

たとえば9月場所の番付で選ぶと。

daihyou

副将、大将クラスになるとちょっと分も悪いが、
先鋒から中堅あたりは日本チームも中々のものです。
なにしろ層の厚さが違う。
これならきっと勝てるはず。

ではさっそく試合開始。


第一試合、モンゴル対ヨーロッパ。
各取組の幕内における過去通算での勝敗と、ここ一年の勝敗をもとに、
勝敗をかってに占ってしまう。

mvse

おお、さすがモンゴル代表。
4―1でヨーロッパ代表に圧勝です。
ヨーロッパは把瑠都の不在も響いたか。
(現在の番付は東十両3枚目)


第二試合、日本対ヨーロッパ。
われらが代表の登場に国技館は大声援(たぶん)。
先鋒同士はおなじ部屋なので、ここだけちょっと次鋒と入れ替えて対戦。

jvse

予想以上に苦戦の日本代表。
特に栃煌山の敗戦は痛かった。
(てか、何気に苦手にしているのね)

それでも3-2と勝利をおさめました。


これでモンゴル1勝、日本1勝、ヨーロッパは2敗で脱落。
いよいよ覇権をかけて、リーグは最終戦。


第三試合、モンゴル対日本。
場内は大盛り上がり(きっと)。
個人戦では7年半に渡って煮え湯を飲ませれてきた我らがニッポン。
国技奪還を賭けて、いざ勝負。

mvsj

げげっ、鶴竜と妙義龍の星は完全に五分ではないか。
これは困った。

…まあいいか、ホームの大声援を力に、妙義龍が勝つことにしてしまおう。
えいっ。

mvsjpnei

やったーーーー!!!!\( ̄▽ ̄;)/ 3-2で日本代表の勝利です!
国技奪還!国技奪還!
刈谷アナ号泣、国技館は座布団の嵐です!




…ちょっと無理があるか。
予想以上に日本は厳しい戦いを強いられました。
特に栃煌山は苦手が多すぎ…

でもいっぺんこんな大会、見てみたいものです。

気になる人ふたり

今朝のニュース。

把瑠都、朝稽古5日連続休む 休場の可能性も(報知

大相撲の元大関で左ひざを負傷し十両に陥落した把瑠都(28)=尾上=の秋場所(15日初日・両国国技館)出場について、師匠・尾上親方(元小結・浜ノ嶋)は7日、「何とも言えない」と明言を避けた。把瑠都はこの日、大田区の部屋で行われた朝稽古に姿を現さず。番付発表後5日連続の欠席で調整不足は明らかで、休場の可能性が浮上している。

東十両3枚目の今場所を全休すれば幕下陥落は避けられない状況。大関経験者が幕下に落ちて相撲を取った例はないだけに引退の可能性もある。幕下に落ちた場合の進退についても尾上親方は「今は何も言えない」と、歯切れが悪かった。初日まで残り8日。四股、すり足など基本の稽古もできていない状況は、異常事態だ。



たしかに前例はないかもしれないが、まだ力の落ちる歳ではない。
まず怪我を治すこと。
そして膝に負担のかかる、強引に引っ張り込んで投げでしとめる相撲をやめて、
前に出る相撲にモデルチェンジしていくこと。
それが出来ればまだまだ働ける人だ。

周囲から当然そういう声は本人の耳に届いているだろうし、
親方もそう指導していると思うのだが。

記事はなんとなくではあるが、
親方と当人の間で交流を欠いている様子を伺わせる。
何があるやら。


新小結高安が精彩欠く…幕下に8勝6敗(デイリー

二所ノ関一門の連合稽古が7日、千葉県船橋市の松ケ根部屋で始まり、稀勢の里、琴奨菊、琴欧洲の大関陣ら10人の関取が参加した。平成生まれ初の新三役、小結高安(鳴戸)は申し合いで幕下力士に8勝6敗、関取には6勝9敗と精彩を欠いた。

 前日の稽古総見は体調不良で欠席し、この日は一方的に土俵を割る場面が目立ち、親方衆から「それでも三役か」などとゲキを飛ばされ続けた。高安は「体は大丈夫。でも足が出なかった」と、反省しきりだった。



先場所前頭筆頭で、日馬富士、鶴竜、琴欧洲を撃破。
白鵬にも負けはしたものの、互角の差し合いを演じて場所前半の主役だったこの人。
新三役でどれだけやるかと期待させておいてのこのニュースだから、ちょっとこちらも戸惑う。

実際どこか悪いのかもしれない。
しかし先場所、横綱日馬富士を相手に、
立ち合いから張り差しを敢行するという掟破りの策に出た勝負師でもある。
場所前に絶好調なんて書かれたらたまんねえよ、という陽動作戦にも思える。
はたしてどちらだろう。

白鵬はいつまでやれるか(ファンの人はごめんね)

2020年の東京五輪が決定して。

白鵬も東京五輪喜ぶ「20年まで頑張る」(ニッカン

大相撲の横綱白鵬(28=宮城野)が、2020年東京五輪開催決定を喜んだ。8日、東京・墨田区の宮城野部屋での稽古後、「みなさんおめでとうございます」と笑顔。

自身は中学まではバスケットボールで活躍し、現在はモンゴル野球協会名誉会長も務める。父ムンフバトさんは68年メキシコ五輪で銀メダルを獲得しているだけに、他競技にも精通している。全世界から日本が注目を浴びる7年間となるため、五輪競技でなくても伝統文化として相撲のアピールもできる。「もう1つ大きな目標ができた。2020年まで頑張る」。35歳まで横綱として現役を継続することで「SUMO」普及にも尽力する構えだ。

 
2007年9月の横綱昇進以来、6年に渡って白鵬の一人天下が続いて私はもうウンザリです(泣)。
この上まだ7年もやる気なのか、勘弁してくれよと声を大にして言いたい。
(白鵬ファンの人ゴメンネ)

しかしこの人は怪我が少ない。
おまけにちょっと負けると、
やれ衰えた、それ稽古不足が祟ってきたと散々言われはするが、
最終的には何だかんだで賜杯をかっさらっていく。
ホントにまだ7年やってしまいそうな悪夢も頭をよぎります。

もし現実に白鵬があと7年、
東京オリンピックの開かれる、
2020年の名古屋七月場所まで横綱の地位に居座ってしまったら(ほんとヤダけど)。
在位まる13年、78場所となって当然歴代1位の記録となります。

wikiなどで横綱在位記録を見てみると

1位 北の湖   63場所(10年半)
2位 千代の富士 59場所(10年弱)
3位 大鵬    58場所(10年弱)
4位 貴乃花   49場所(8年強)
5位 曙     48場所(8年ジャスト)
6位 柏戸・輪島 47場所(8年弱)
8位 朝青龍   42場所(7年ジャスト)
9位 白鵬    37場所(6年強)←来たる9月場所も込みで
10位 千代の山 32場所(5年強)

となっています。
つまり白鵬がオリンピックまで相撲を取っていたら、
北の湖の記録を2年半も上回ってしまう。

年齢的には、1985年3月の生まれですから、35歳4ヶ月になっています。
千代の富士あたりは35歳11ヶ月まで務めましたが、昇進したのが26歳のとき。
横綱の引退はは年齢より耐用年数の問題だとよく言われますから、
22歳で昇進した白鵬がその歳まで綱を張るというのは、まあ至難の業でしょう。
三十路に入ったあたりでガクンと力が落ちるようにも思います。

もっとも63連勝のころは、
双葉山やら谷風といった途方もない名前が引き合いに出されたこの人のこと。
なんだか嫌な予感もするのですが…

いや、無いよな、きっと。
プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。