スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稀勢の里の昇進に対する杞憂、かな

あけましておめでとうございます。
今年もマイペースで更新します。
皆様もおひまなら来てよね、という感じで。





…ええ、若干おとそ気分です。すみません。



さて本題。
今場所の見所、稀勢の里の綱とり、というのが注目されるところ。
以前の記事で「絶対考えないぞ」とは書いたがやっぱり考えてしまう。
昨年は初場所以来10勝、10勝、13勝、11勝、11勝、13勝と大関としては十分過ぎる成績。
勝ち星からいえば、特に5月場所以降のそれは、既に横綱クラスといってもおかしくはない。
ただ優勝経験がないのがどうにも痛い。
といって白鵬という絶対的な王者がいる中で、賜杯を奪うのはハードルが高い。

その点を考慮してか昨年末の稽古総見後、
横綱審議委員会の委員長からは「初場所14勝でも優勝同点ならば…」という意見があった。
先月27日の記事から抜粋。

稀勢に神風!稽古場できた&綱とりハードル下がったサンスポ

総見後、横審の内山斉委員長(78)=読売新聞グループ本社顧問=は「14勝して優勝決定戦で負けてもその場合は昇進OK」と新たな見解を示した。これまで「13勝以上の優勝」を昇進の条件としていたが、優勝が絶対条件ではないとハードルを下げた。逆風を追い風、いや、“神風”に変える。


分からなくはないが賛成しかねる。
一度の優勝もなしに昇進させては、また双羽黒のように「仮免横綱」のレッテルを貼られてしまうのではないか。
賜杯バージンのまま、優勝次点、優勝同点、そして昇進というのは「あのとき」の流れと一緒である。
それは稀勢の里にとっても、相撲ファンにとっても、先を考えると不幸なことだろう。

稀勢の里の横綱昇進は普段相撲を見ない層を引き付ける、協会にとっても大きなチャンスだ。
それが世論の祝福に満ちたものになるか、はたまた当人を追い詰めるようなものになるか。
大きな分岐点になる。

ストイックな稀勢の里は、新人類と呼ばれた双羽黒とは正反対のキャラクターだ。
重圧の腹いせに下の者をいじめたり、親方夫婦といさかいを起こすようなことはまず無いだろう。
(その真相も最近では疑わしいものになってきてはいるが)
しかしプレッシャーに負けて成績が上がらず、やがて詰め腹を切らされる事態は考えられなくはない。

二場所連続の優勝にこだわる必要はもう無いとは思う。
しかし一度でも優勝することは絶対条件だろう。
アツモノに懲りてナマスを吹いてきたのが双羽黒以来の慣習だが、
それがダメだからといってナマスを丸呑みするのはまた行き過ぎだ。

もちろん協会、審判部の要請がない限り審議会が動くことはないから、
私の心配は杞憂に過ぎないのかも知れない。
年寄衆の見識を信頼していれば、審議員のコメントにいちいち反応するのは馬鹿げたことかも分からない。
それでも何処か不安を覚える昨今の空気。

ようやく、本当にようやく(涙)ここまで育ってきた稀勢の里。
どうか大事に育ててほしい。
お願いしますよ北の湖さん。

スポンサーサイト

2014年の大相撲界を占う


年も明けたことだし、今年の大相撲を占ってみます。


1.稀勢の里、秋場所で綱とりに成功

初場所で二度目の綱とりに挑んだ稀勢の里だったが、
理事長からは「13勝以上の優勝」横審からは「14勝以上なら優勝同点でも」と外野の声に悩まされ、
結果10勝で準優勝以下という、綱とりはおろか次場所にも繋がらない成績に終わる。

春場所では奮起して前半平幕に取りこぼすものの、残りは2横綱も倒して全勝。
14勝1敗の堂々たる成績で初優勝。
1月にもう少し勝っていればこのまま昇進もありえただけに、つくづく先場所の不出来が悔やまれる。

夏場所は場所前理事長から「勝ち星にかかわらず準優勝以上で昇進」とのコメント。
前半戦を1敗で乗り切り昇進ムードが大いに高まるが、
後半戦、どうしたわけかこれまで得意としてきた上位陣にまさかの連敗。
10勝にとどまり準優勝にも該当せず、またしてもファンを失望させる。

世間がすっかり日本人横綱の誕生をあきらめた名古屋場所、当人はあきらめていなかった。
12日目まで土付かずの快進撃で理事長からは「全勝優勝ならば昇進もありうる」とのコメント。
急遽綱取り場所となり、よっしゃと気合を入れて横綱2連戦に向かうも空回りして2連敗。
しかしこの場所白鵬が前半から不振で12勝止まり、稀勢の里13勝2敗、2度目の優勝を飾る。

もう横綱としての力は十二分にある、あとはメンタルの問題だけであることが国民的コンセンサスとなった秋場所。
理事長も横綱審議委員も場所前から余計なことは言わなくなる。
散々裏切られてきたファンは、もはや素直に期待する気力も失っている。
微妙な空気の中、稀勢の里はマイペースで星を伸ばし、
前半平幕、後半白鵬に土を付けられるものの13勝の立派な成績。
優勝は1敗で並んだ白鵬と、この場所好調の日馬富士が決定戦で争い白鵬に決まる。
稀勢の里は準優勝と正面切って名乗ることはできないが、優勝次点には間違いない。
スカッと喜べはしないが、もういい加減よかろうというグダグダ感にあふれたムードの中、
2003年の貴乃花引退以来、久々の日本人横綱がやっとこさ誕生。


2.新大関の誕生はなし

豪栄道奮闘し、二場所連続二桁勝利までは達成するものの、三場所までは至らず。
栃煌山、妙義龍も伸び悩む。
隠岐の海が稽古嫌いを返上し、三役に定着。
しかし勝ち越すのがやっとで、大関候補とまではならず。


3.遠藤は七尾竜と改名、九州場所で新三役に

テクニックは十分ながら幕内で活躍するにはパワーの面で課題のあった2013年の遠藤。
今年前半は下位で勝ち越し、上位で負け越しと一進一退を続け、ひところの勢いを失う。
ゲン直しということで郷土の七尾湾にちなみ「七尾竜」と改名。
国技館は女性ファンの「竜サマ」コールで大盛り上がり。
黄色い声援に押されて七尾竜ようやく勢いを取り戻し、11月場所で新小結となる。


4.豊真将が9月場所新関脇に、33歳6ヶ月での昇進は史上2位の年長記録

肩のケガで一時は十両下位まで番付を落とした豊真将。
衰えた上半身の張りも徐々に戻り、従来の粘り強い相撲が復活。
再小結となった7月場所、これまで勝ち星のなかった白鵬から金星を奪うなど大活躍。
翌場所新関脇となり、青葉城の34歳7ヶ月に次ぐ、史上2位の年長新関脇記録を達成。


あとは簡単に。

5.勢、千代大龍、新三役に昇進

6.照ノ富士、大砂嵐が上位に定着

7.日本相撲協会、公益法人化なる


こんなところでしょうか。
中には占うというより願望に近いものもあるのですけど(笑)。
今年の年末、どこまで当たったか、またチェックしたいとおもいます。

場所まであと1週間

初場所まで1週間を切った。

日馬が初場所に不安「自分の体と相談」(ニッカン)

左足首痛を抱える横綱日馬富士が5日、東京都江東区の伊勢ケ浜部屋で9番取ったが、本来の立ち合いの鋭さはなく、2場所連続優勝が懸かる大相撲初場所に向けて大きな不安を残した。

師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)によると、先月下旬に負傷して以来、初めての相撲という。

幕内宝富士と2番取った後に「痛い」とうなって顔をしかめ、足を引きずって休むなど状況は芳しくない。喉輪での突き放しに終始し、本来の頭から当たる取り口はなかった。横綱は「自分の体と相談してやるしかない」と言葉少なだった。

本場所へ残り1週間と時間が限られている。師匠は「(状態は)厳しい」と話した。

[2014年1月5日17時38分]



あまりまともに相撲の取れる状態ではなさそう。
本番までどこまで持ってこれるか。

稀勢の里 21勝3敗の出来に納得(ニッカン)

大相撲の初場所(12日初日、両国国技館)で綱とりに挑む大関稀勢の里(27=田子ノ浦)は5日、東京・江東区の尾車部屋で行われた二所ノ関一門の連合稽古で汗を流した。

幕内豪風(34=尾車)と16番続けて取った後、出稽古に訪れた幕内魁聖(27=友綱)とも連続で8番取った。計21勝3敗の出来に「昨日(の連合稽古)よりいいね。状態は良くなっている」と、無精ひげを蓄えた姿で、満足げにうなずいていた。

[2014年1月5日13時43分]



こちらはまずまずか。
この先のオーバーワークがちょっと心配だけど。

琴欧洲のこと

大関復帰へ 琴欧洲奮起(毎日)

大相撲の関脇・琴欧洲が、初場所での大関復帰を目指し、急ピッチで調整している。九州場所は左肩痛で2場所連続の途中休場を余儀なくされ、歴代単独4位の47場所も守った大関の座から降格。「初日までに、もう少し動ける実感はある」と語る元大関は、相撲勘を取り戻そうと懸命だ。

6日は千葉県松戸市の佐渡ケ嶽部屋であった二所ノ関一門の連合稽古(けいこ)に参加し、豪風、玉鷲ら関取5人と続けて12番取った。左上手を力強く引いた盤石の寄りが目立ったが、本人は「本場所になったら違う」と慎重だ。九州場所3日目の松鳳山戦で土俵下に落ちたことによる「左肩鎖(けんさ)関節脱臼」の回復が遅れ、関取相手の稽古は4日に始めたばかり。不安なのも無理はない。

大関降格の規定が2場所連続負け越しとなった1969年名古屋場所以降、降格となった力士は琴欧洲を含め15人(18回目)で、10勝以上を挙げて大関に返り咲いたのは、わずか4人(5回)。2005年初場所で11勝し、2度目の復帰を果たした元大関・栃東(現玉ノ井親方)が最後で、昨年初場所の把瑠都(既に引退)は8勝止まりだった。琴欧洲の2桁勝利は昨年春場所以降はなく、ハードルは高い。

琴欧洲の課題は、身長202センチの恵まれた体格を生かし切れない精神面の弱さ。過去7度のカド番で2桁勝利は幕内優勝した08年夏場所しかない。対戦が予想される平幕力士には、豊ノ島、隠岐の海、安美錦ら合口の悪い顔が並ぶ。師匠の佐渡ケ嶽親方(元関脇・琴ノ若)は「10番勝たなきゃと思うと相撲が小さくなる。重圧はあるが一つの試練」と奮起を促す。


このところの成績を思うと、二桁勝利はかなり難しく見える。
引退後は年寄として協会に残る意思だという琴欧洲。

この人は年寄株を持っているのか、いまひとつ定かではないが、
大関経験者は引退後3年間は株がなくても年寄として残ることはできる。
ただ日本国籍は必要だから、現在申請中のそれが取得できるまでは、
大関への復帰如何にかかわらず現役を続けるのだろう。

がんばれ琴欧洲、と書きたいが、このところの覇気のなさを見ると、
どうもそう書く気にもなれない。
ただ外国人力士が引退後軽々と協会を離れてしまう現状を思うと、
青い目のこの人が親方になろうとしてくれているのは嬉しいことだ。

門松破壊

門松壊した風冨山と錦戸親方に厳重注意(ニッカン)


日本相撲協会の八角生活指導部長(元横綱北勝海)は7日、酒に酔って飲食店の門松を壊したとして器物損壊の疑いで現行犯逮捕されたカザフスタン出身の西幕下18枚目の風冨山(29=錦戸部屋)と師匠の錦戸親方(元関脇水戸泉)に対し、問題を起こした3日に厳重注意したと発表した。

八角部長は風冨山の大相撲初場所(12日初日・両国国技館)への出場には支障がないとした。

危機管理部長も兼ねる八角部長によると、相撲協会は年末年始の行動や外出時の服装に気を付けるようにとの通達を、昨年12月に親方衆に出していたという。同部長は「こういう騒動を起こしたことは誠に遺憾だ」と述べた。

[2014年1月7日18時41分]


せっかく正月だから門松とでも稽古してやろうと思ったか。
プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。