スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九重親方の落選について

先月末の九重親方の理事候補落選劇について。

九重親方、現職事業部長初の落選(ニッカン)

公益財団法人に移行した日本相撲協会は1月31日、東京・両国国技館で新法人の理事候補を決める選挙を行い、協会NO・2の事業部長を務める九重親方(元横綱千代の富士)がただ1人、落選した。現職NO・2の落選は異例。

九重事業部長が、理事の座を失った。全親方で一番最後の午後1時49分に投票会場入り。約1時間後に開票が終わると、うつむき加減に歩きながら「不徳の致すところです」とひと言。普段の豪傑ぶりとは違い、寂しげに言葉を発して肩を落とした。

理事候補には定員10人(外部理事を除く)に対し、11人が立候補。九重親方は5票しか獲得できず、当選者で最少だった元理事の友綱親方(元関脇魁輝)の7票に及ばなかった。



得票と当落は以下の通り(◎が当選、×が落選。)。

rijisen001

ニッカン記事の続き。

事業部長の落選は、68年初場所後の理事選挙開始以降、24度目で初。現役時代に「ウルフ」の愛称で親しまれ、史上2位の優勝31回。角界初の国民栄誉賞にも輝いた。北の湖理事長が病気休場中だった初場所は理事長代行も務め、ファンの人気は親方屈指。12年2月から同職に就き、取り仕切り役だった実務者の落選は、協会運営への影響も懸念される。一般的に波乱とみられるが、角界の力学が落選につながった。

相撲界では、一門内で理事選の候補者を立て、事前に票割りを決めて投票するのが慣例だ。高砂一門は、現広報部長の八角親方(元横綱北勝海)を第1候補に擁立。九重親方の豪傑すぎる言動への反感もあり、支持は八角親方に集中した。九重支持は部屋付きの佐ノ山親方(元大関千代大海)ら4人とみられていた。

また、執行部ながら“反北の湖”の姿勢をうかがわせ、次期理事長の座を狙っている話も出回った。友綱親方も伊勢ケ浜一門内の支持は少なかったが、危機感を募らせた北の湖派から支援を得た。その結果、出羽海一門や時津風一門からは、各一門出身者へ投じる以外の余った票を獲得した。



この「反北の湖」の姿勢については朝日新聞に詳しい。2月1日付の朝刊より抜粋。

出羽海一門のある元三役は「九重さんを落とさなければならなかった」とささやく。協会の全事業を取り仕切る九重親方は、協会と業者との契約などを巡り、北の湖理事長やその側近の事務方と対立を深めた。そこで、理事長が所属する協会最大派閥の出羽海一門が、「九重落とし」に動いたという。

伊勢ヶ濱一門は、現職の伊勢ヶ濱審判部長(元横綱旭富士)を第一候補として擁立。第二候補は一門の残り表で戦う友綱親方で、ここに「九重落とし」でまとまった出羽海一門から票が流れ、友綱親方の得票が九重親方を上回った。


一般紙で書けるのはこの辺りが限度だったかも知れない。
大衆紙になるとより大胆で。これも抜粋してみる。

九重親方を“実弾”で落選させた北の湖理事長「側近」の狙い日刊ゲンダイ

現役時代は史上2位の優勝31回、国民栄誉賞も獲得したナンバー2の事業部長とはいえ、幹部としての能力は疑問視されていて、人望があるわけでもない。「不徳の致すところ」には違いないものの、落選の理由はそれだけではない。

そこには北の湖理事長の右腕といわれ、パチンコメーカーから裏金をもらったX氏の謀略があった。広告代理店経営者で、X氏に裏金を渡したA氏が1月31日付日刊ゲンダイ本紙でこう言っている。

「X氏の理事選での狙い?ずばり九重親方の失脚です。協会の実質ナンバー2で、X氏のやり方に猛反対しているからです。X氏にとっては目の上のタンコブ。だから理事選で落選させ、その影響力をそごうとしている。友綱親方がなぜ、理事選に出たかご存じですか? 実はX氏がそうするように仕向けたからなんです」

落選した九重親方が5票だったのに対し、最下位で当選した友綱親方は7票を獲得。選挙にあたって友綱親方を擁立したX氏は、友綱親方への票を買いあさったというウワサまである。

今回の当選者は3月24日の評議員会の専任議決を経て、正式に理事に就任。同日の理事会で新理事長を互選する。

A氏が「X氏は北の湖理事長を続投させようとするでしょうね。初場所中に入院するなど体調に不安がある北の湖理事長の代行として相撲協会を牛耳ろうとしている」と話していた通りの展開になっているわけだ



内部の人間(?)の告発(らしき)ものも2ch上にある。
真偽のほどは何とも言いがたいが、読んでいるとあながち出鱈目と無視もできない。
このスレッドの84以降の流れが興味深い。

巷間言われているように、九重親方に人望がなかった、というのも事実なのだろう。
ただ同時に、そこを敵に付けこまれた面もあったはずだ。
このまま終わっていい問題ではないと思うのだが。
3月、外部の評議員は今回の選挙結果をあっさり認めるのだろうか。


スポンサーサイト

大人のコメントを

白鵬が初戦敗退「本場所が大事だから」ニッカン

<日本大相撲トーナメント>◇9日◇東京・両国国技館

初場所で28度目優勝の横綱白鵬(28=宮城野)が、初戦(2回戦)で平幕の佐田の富士に敗れる波乱。「ケガをしないように。本場所が大事だからね」と淡々とした表情で話した。

優勝決定戦で白鵬に敗れたが、春場所(3月9日初日、大阪・ボディメーカーコロシアム)で初の綱とりに挑む大関鶴竜(28=井筒)も初戦(同)で高安に敗退。

1月28日に第1子となる長女が誕生した千代大龍(25=九重)は4回戦で優勝した碧山に負け、初場所敢闘賞の遠藤(23=追手風)は3回戦で琴欧洲に敗れた。横綱日馬富士、大関稀勢の里、平幕琴勇輝は故障のため土俵入りだけの参加。十両は照ノ富士が制した。


まあ花相撲だしね、正直な気持ちなんだろうけどさ、本音とタテマエってものがあるでしょうに。
横綱がこういうこと平気で言っちゃうってのは良くないと思うのだが。

モンゴルから来た白鵬には、このあたりのメンタリティーは分かりにくいのだろうな…

ゾウが押し合っているスポーツ

大砂嵐が外国特派員協会で会見(ニッカン)

大相撲でエジプト出身の幕内大砂嵐(22=大嶽)が12日、東京・千代田区の日本外国特派員協会で会見を行った。

ボディービルから相撲に転向した少年時代、来日後の角界入りでの戸惑い、イスラム教徒としてのラマダン(断食月)の苦労などを、子どもの頃から勉強してきた英語で各国出身の特派員らに伝えた。相撲との出会いに関し「エジプトでは裸でやるスポーツになじみがない。相撲はゾウが押し合っているスポーツとやゆされている。一生やりたくないと思っていた」と明かすと、会場内に笑いをもたらした。「将来はエジプトだけでなくアフリカ全体に相撲を普及させたい」の夢を語り、拍手も浴びた。過去の角界では元横綱曙、朝青龍や、白鵬、琴欧洲らも特派員の要望で実施している。



全然違うんだけどねぇ…
でも海外の人にはたいていそういう印象みたいだ。



日本人の中にも「デブが押し合っているだけ」とのたまう向きも多い。

円形の競技場から、出すか転ばせば勝ち、
その単純なルールから皆がどれだけ知恵を絞っているか。
世界中の人にそれが分かってもらえれば、
こまごまポイントを稼ぐレスリングよりも、相撲はもっとずっとワールドスポーツになりうる格闘技だと思うけど。

まずは土俵を広げることだろう。
小さな人でも大きな人に勝てる、そんな機会を増やす。
それが、相撲が世界に広がるための第一歩ではなかろうか。


何で双差しにこだわるかな

栃ノ若、葛西メダルに感動 金星狙う(ニッカン)

大相撲の栃乃若(25=春日野)が、ソチ五輪で2個のメダルを獲得したジャンプの葛西に感銘を受け、金星獲得を誓った。

20日、都内の春日野部屋で春場所(3月9日初日、大阪・ボディメーカーコロシアム)に備え稽古。西前頭8枚目の初場所で9勝を挙げ、2年ぶりの横綱、大関総当たりの番付が確実。12年は前頭筆頭で5勝、昨年は右太ももを痛めて途中休場した春場所に向け「葛西選手もケガや欠場を乗り越えて結果を出しすごい。相撲に金メダルはないですが金星などの活躍が地元場所(兵庫・尼崎市出身)での恩返しになる」と意気込んだ。

[2014年2月21日9時15分 紙面から]



ちょうど2年ぶりに幕内上位に戻ってくる栃乃若。
ケガによって久しく低迷していたこの人が幕内後半戦に復帰するのは慶事。

ではあるのだが、今の相撲振りではどうも金星も望めそうにない。
どうしてあんなに双差しにこだわるのだろう。

あれだけ上背があって、ふところの深さもあって、抜群の柔軟性もあって。
もっと上手からガバッとつかまえて、相手をじわじわ寄りつめるような相撲もとれそうに思うのだが、
兄弟子栃煌山のコピーを無理に演じているような窮屈さを、この人の相撲にはいつも感じる。

まあ本人にしか分からない体の感覚もあるのだろうけど。
この人のもったいなさは今の幕内力士の中で、隠岐の海と双璧を成している観がアリアリ。

春場所の番付発表と遠藤について

春場所の新番付が発表された。

遠藤が東前頭筆頭、横綱、大関と総当たりニッカン

日本相撲協会は24日、大相撲春場所(3月9日初日、大阪・ボディメーカーコロシアム)の新番付を発表した。

初場所で11勝を挙げ、敢闘賞を受賞した遠藤(23=追手風)は東前頭筆頭に。初の横綱、大関総当たりとなるが、勝ち越せば新三役が見えてくる。

西小結で11勝した栃煌山(26=春日野)が2場所ぶりに関脇に復帰し、豪栄道(27=境川)琴欧洲(31=佐渡ケ嶽)との関脇3人は、12年秋場所(琴奨菊、稀勢の里、鶴竜)以来となった。豊ノ島(30=時津風)と松鳳山(30=松ケ根)が小結に復帰。新入幕は初場所に13勝2敗で十両優勝した千代丸(22=九重)と照ノ富士(22=伊勢ケ浜)の2人。千代丸と弟千代鳳(21=九重)の兄弟幕内力士誕生は、史上10組目となった。



勝ち越し新三役を目指す遠藤だが、さすがに先場所までの相撲を見る限りではちょっと難しい。

さる初場所二日目のNHK大相撲中継、デーモン閣下がゲストで出たおり、
「遠藤の相撲はハラハラさせる。それもまたスター性のひとつ」と、閣下仰せになられた。
プロレスでも主役は最初に相手の技を受けてピンチに陥りながら、最後は自ら技をくりだし逆転勝利を収める。
遠藤にはそんな雰囲気を感じる…ということだった。

ただハラハラ相撲に「なってしまう」のは立ち合いの弱さゆえで。
プロの幕内力士の立ち合いにまだアジャストしていない遠藤。
得意の左四つに組みに行くわけだが、当たって左は入っても、右の踏み込みが弱く上手が引けない、前に出られない。
やむなく右足を引いて左半身になり、出てくる相手を左へ回り込みながらしのぎ、チャンスをうかがう。

それでも右のおっつけがあって半身の構えがしっかりしているし、
土俵を丸く使うのが上手いから(遠藤の円運動、と呼びたいくらいだ)何とか勝てる、
というのが先場所までの遠藤だった。
(まあそんなことは先刻御承知の上で、
閣下は遠藤人気を盛りたてようとポジティブな見方をしておられるのであろうけど)

春場所は先場所までのようには、まあ行かないだろう。
幕内中位下位と違い、上位以上の立ち合いは、
半身で回りこめるほどの余裕を遠藤に与えてくれまい。

すでに栃煌山や琴奨菊といった三役以上の力士との対戦も先場所は組まれたが、
立ち合いからいっぺんに持っていかれており、そうしたもろさがはっきりと出ていた。
春場所は連日そんな相撲が続くわけで、勝ち越すのは厳しいと思う。

ただ横綱大関を目指すもの、誰しもぶち当たる上位の強烈な立ち合いという壁。
みなここで一旦つまずく。
そこで半端な相撲に落ち着くか、
あるいは正攻法を模索してこの壁を乗りこえ、さらに上の地位をつかむか、
勝負の分かれ目になるだろう。

しばらくは苦しい場所が続く。
それでも、いずれは右四つの白鵬に左四つで組み勝って、巧みに先手を打って左右にゆさぶって…
そんな絵も浮かんでくる。
じっくり立ち合いの強化に取り組んでいってほしい。

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。