スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋場所を振り返る(1)稀勢の里

名古屋場所が終わって一週間経った。
自分なりに目についたところを振り返る。

せっかく場所前にいろいろ展望も書いているし、それと照らし合わせる形で。
星取りはこちらを参照しながら。

まずはやっぱり稀勢の里。
場所前、わたしはこんな風に書いた。

相撲振りも落ちついたものに進化してきて、そろそろホントに行けるんじゃないか、
そんな思いを抱きながら見ていたのだが。

しかし9勝6敗。結果は惨憺たるものだった。

わたしと同様の期待は、メディアや角界の中にもあったようだ。
1敗大関同士の直接対決となった十日目の琴奨菊戦。
相手の速攻に完敗し、優勝戦線から脱落。
翌日の朝日新聞にはこんなコラムが載った。

(抜粋)今場所が、稀勢の里の岐路だったと思う。
同じ茨城出身の先輩大関である元雅山の二子山親方は場所前、こう語っていた。

「優勝するなら、ここしかない。
序盤で取りこぼし、10日目で3差がつくようなら、綱なんて夢のまた夢。
優勝すらできない力士で終わると思う。期待をことごとく裏切り続けて終わると思う」

(7月23日付朝日新聞朝刊 大相撲名古屋場所記事中「東西トーザイ」より)


書いたのはtwitterでもおなじみの抜井規泰氏で、
わたしは失礼ながら重度のキセヲタとお見受けしている。
コラムは氏らしくかなりエモーショナルに締められていて、

「白鵬の連勝を63で止めた、名『大関』」。
後に、それが稀勢の里の枕詞になるのだろうか。
日本出身力士優勝の夢を託しては、いけないのだろうか。
(中略)
稀勢の里……残念だ。


いよいよ稀勢の里の相撲が完成形に近づいた、
そんな印象を与えておいてのこの所業。
それでいて白鵬には勝ったりするのだから不可解な力士だ。
私も場所中はヤケになって「導師様」などとワンワン口調で書いているが。

確かにもう、この人に期待するのはよした方がいいのだろう。
近頃ネットやメディアには「稀勢の里終焉論」とでも呼びたくなるような言辞もちらほら見られ、
私もその流れに乗ろうかな、とも思う。

しかしそう思いつつも、自分が期待しないことが、
稀勢の里の難敵であるプレッシャーを減らす遠因になるのではないか。
そんな裏の期待も感じられたり。

終わったのかなあキセは…うーん。
スポンサーサイト

熱戦の代償


スポニチの記事から。

新大関の豪栄道は夏巡業全休…左膝負傷、秋場所へ治療優先

日本相撲協会は4日、7月の大相撲名古屋場所後に大関へ昇進した豪栄道(28)=本名沢井豪太郎、大阪府出身、境川部屋=が左膝のけがのため、7日の復興祈願イベント(福島県いわき市)と、8日から17日まで東北や北海道などで開催する夏巡業を全休すると発表した。協会に提出された診断書は7月29日付で、外側半月板損傷により1カ月の安静を要するとなっている。

師匠の境川親方(元小結両国)によると、豪栄道は名古屋場所12日目に横綱日馬富士に敗れた一番で痛めた。場所後も断続的に治療を続けてきたが、膝という大事な箇所でもあり、秋場所(9月14日初日・両国国技館)の出場を優先して休場を決めた。入院はしないというが、秋場所への影響も懸念される。

境川親方は「ファンや(巡業の)勧進元の皆さまには、申し訳ない気持ちでいっぱいだ。早い段階でしっかり治さなければならないため、休ませていただくことにした」と話した。


怪我の原因となった一番は、横綱に両まわしを引かれながら、
自分は下手一本で粘りに粘った相撲だった。
最後は左の上手投げを必死にこらえ、結局は屈したものの、顔から落ちる執念を見せてくれた。

大関昇進の会見でもコメカミに赤く傷跡が残っていたが、
あの一番で痛めたのは顔だけではなかったらしい。
踏ん張ったときの軸足にそうとう負担がかかっていたのだろう。

名古屋場所では豊真将も、相手のはたきこみを懸命に堪えようとして無理な態勢となり、
結果右脚に大怪我を負っている。

土俵上であれだけの奮闘を演じた力士が、結果的に貧乏くじを引いているわけで。
こういうのを立て続けに見ると、公傷制度の再考も必要と思われるのだが。

まあ個人的には今週末出かける予定の新潟巡業に、
新大関が姿を見せないというのが残念だったり。
しかし大事なのは本場所であるから、じっくり治療に取り組んでほしい。

新潟巡業に行った話(1)


8月9日土曜日、新潟市での大相撲巡業に行ってみた。

こんなブログを書いてはいるが、
巡業に足を運ぶのは子供のころ生まれ故郷の仙台で見て以来。
おおよそ30年振りのこと。

私は最近転職したのだが、前に勤めていた職場の同僚の方が、
私を相撲好きと知って声をかけてこられ、では一つ行ってみますか、と相成った次第。

この人はそんなに相撲に詳しくはないのだけど、
一度生の力士を見てみたかったのだとか。
で、うぃぬっさん相撲知ってるみたいだから色々教えてよ、とのこと。

開場は8時で、到着したのは8時半ごろ。
中に入るともう関取衆の稽古が始まっていた。

KIMG0045.jpg

巡業においては、取組では力士も本気は出さない。
みどころはむしろ朝稽古、というのはよく聞くところ。

ではここを楽しもうとはするのだが、
土俵周りを大きなお相撲さんたちがグルリ取り囲んでいるので、
自分の場所(前から21列目)では中の様子がさっぱり分からない。

前日にこんなニュースも読んでいたので、
よほど見やすいかと思っていたけどそうでもなかった。

このあたりは会場の作りにもよるのだろう。
今回のハコは平べったいワンフロアで、
後ろの席になると座ったままでは誰が誰と取り組んでいるのかさっぱりで。
そうかと言って立って眺めていては後ろに迷惑だし。

もうちょっと客席がすり鉢型であったり、
2階席まであったりすれば幾らか違うのかもしれない。

仕方がないのであちこち動き回りながら見物。
前に行って立ってみれば当然よく見える。

KIMG0046.jpg

でも他のお客に悪いので早々退散したり。

ならばと一番後ろまで行って立って眺めたりもする。
見えるけどちょっと遠い。

KIMG0051.jpg

なかなか大変だった。

ただあんまり一人でうろうろしていても、
一緒に来ていた元同僚をほったらかしにしてしまう。
それも気の毒なので、適当なところで稽古のガン見は切り上げ。

あとはもうビールを買って自分の席に座り込み、
立っている力士の間からチラチラ見える土俵の様子を眺めつつ、
元同僚にあのお相撲さんはこんな人でねとのんびりお話タイム。

遠藤が大砂嵐や常幸龍と何だかやってるな、というのは分かったが、
正直それ以上はよく理解できなかった(笑)。

(また続きを書きます)

新潟巡業に行った話(2)

前回の記事の続き。


朝稽古が11時ごろに終わると、
あとは地元の子供と関取衆の稽古、
大山親方の相撲講座などとプログラムが続く。

お昼頃からは取的の取組が始まる。
序二段5番、三段目14番、幕下11番。

よほど地元出身の力士でも出てくるかと思ったが、
新潟県出身は三段目の飛燕力だけであった。
関取の付け人が同行ついでに、こうした前座を務めるのだろうか。
そのあたりの人選はよくわからない。

このころになると私もビールが進んで、若干ほろ酔い気味。
写真も面倒になって撮らなくなった。


ただお酒の好きな人間からすると、ちょっと物足りない点も。
持ち込みは禁止なので、飲食は場内の売店を使うしかない。
その売店は4つほどあるのだが、
どこも扱っているのは同じようなメニューばかり。

飲み物はどの店も生ビール、サワーのみ。
つまみは唐揚げ、焼きそば、枝豆、フライドポテトとビールのお供ばかり。
なんだか申し合わせでもしているみたいだ。
脂っこいものとビールばかりでウンザリしてしまう。

日本酒はないかとそちこちの売店のお姉さんに尋ねるが、
申し訳なさそうにありませんと答えるばかり。

注意深く見て回ったら、3000円のお土産セットの中に、
日本酒の小瓶が入っているのを見つけた。

しかし小瓶のために3000円出すのも馬鹿馬鹿しいので、これは買わず。
結局終了までビールとサワーで我慢した。

どうして日本酒を単品で売らないのだろう。
あまり酔っ払いが出ては場が乱れるということなのだろうか。
持ち込み禁止にするならそれなりのラインナップを揃えてくれよ。
どこの巡業先もこんな調子なのだろうか。

まあ酒飲みのタワゴトなんですけど(笑)。


幕下の相撲まで全部終わると、
相撲甚句、初っ切り、十両土俵入り、櫓太鼓打ち分け。

このあたりになると、
日本酒が飲めない寂しさでなんだかガッカリしてくる(←意地汚い)。
甚句は勢が歌うかと期待したが、今回は出番なし。
ますますガッカリ。


やがて中入。
幕内力士、横綱、それぞれ土俵入り。
まあさすがに横綱土俵入りはいいものだった。

あとはメインの幕内力士の取組。
もっとも巡業なので誰も本気は出さない。
あっさりした勝負が続くのとビールの飲みすぎで睡魔に襲われる。
連れの元同僚もウツラウツラ。

眠い目をこすりながら土俵を見つめるのだが、
一番一番、力士同士で取り口を打ち合わせているようには思えない。
なんとなくだが、攻め気でパッと出た方に対し、
相手が、じゃあ俺負けとくわ、と巧く合わせ、さっさと勝負を片づけているようだ。
花相撲なのだから仕方がないが、正直阿保らしく思った。

そんな中一番に感じたのは、お客さんたちの優しさであった。
一人一人、1万4千円から9千円という大枚を叩いてこの場に来ている。
それでいて見せられるのはこんな馴れ合い相撲だ。

ほかのスポーツなら到底チケットはさばけないだろう。
プロ野球やJリーグのチームが地方に出向き、
朝一番の公開練習だけ一生懸命やって、あとは地元の少年チームとお手合わせ、
最後に試合もどきの見世物をのんびりやって、入場料1万円。
とてもお客は入りそうにない。

しかし相撲は違う。
客席を見渡せば、この日はほぼ満員の入りだった。
みな楽しそうに遠藤だの白鵬だの声をかけ、拍手しながら温かく見守っている。
自分たちの街にお相撲さんが来てくれた。
それだけで十分満足なのだろう。

みな優しいのである。
一年に6場所も真剣勝負を務め、ケガの絶えないお相撲さん。
あいまに地方を回る巡業くらいは、手抜き勝負もいいではないか。
個々の力士や部屋にタニマチはいても、
大会社がスポンサーについている訳ではない日本相撲協会。
チケットが高いのも仕方ないではないか。
たぶんそんな思いで、半分くらいは御高齢のお客さんたちは、
気の抜けたような相撲も文句を言わず、楽しんでいるのだろう。

大相撲を支えているのは、大都市で本場所を楽しむ人たちばかりではない。
こうした物わかりのいい田舎のおじいちゃん、おばあちゃんたちもまた、
テレビには映らないところで力士をサポートしているんであった。

酔った頭でしみじみ、そんなことを考えた。


何だか元気のないレポになってしまったけど、
力士と間近で触れ合えるというのは巡業のいいところ。

KIMG0073.jpg

私も妙義龍にサインもらっちゃったし(笑)。

いよいよ上位へ

ニッカンの記事から。

照ノ富士強くなった!白鵬に勝ち越す

大相撲の夏巡業は11日、宮城・加美町で行われ、幕内照ノ富士(22=伊勢ケ浜)が横綱白鵬(29=宮城野)と互角に渡り合った。

がっぷり四つに組み合うと、寄ろうとする白鵬を力で組み伏せ、反対に寄り返し。力勝負に挑んでいきなり2番続けて勝ち、横綱を苦笑いさせた。2勝1敗で勝ち越した。

ただ、ここで力を使いすぎたのか、続く遠藤(23=追手風)との三番稽古は1勝5敗。その姿に白鵬から「力を出さんか」と、またも苦笑いされた。

最後は白鵬にぶつかり稽古で胸を出してもらい、ひしゃくにつがれた水を顔に浴びて気合を込められる場面も。それでも「強くなったな」と声を掛けてもらって顔がにやけた。「最初の三番で腕がパンパン。足もフラフラ。場所の一番みたいに力を入れていった」と話した。

報道陣からも、自信になったのでは、と問われると「そんなこと言っちゃ、アカンですよ。調子こいちゃうから」と、またも顔がにやけていた。


白鵬も力を見てやろうとあえてガップリに組ませたのだろうが、
それでも堂々寄り切ったというのだから凄い。

来場所の新三役が濃厚な照ノ富士。
上位初挑戦でどこまでやれるか、今から楽しみだ。

腰の重さはすっかりトレードマークとなりつつあるが、
将来的には逸ノ城とともに一時代を築くのだろうか。

逸照(いってる)時代?いや照逸(てるいち)時代か。
しかし遠藤改め清水川にも頑張ってほしい。
清照(きよてる)あるいは清逸(きよいち)となってほしいのだが。

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。