スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋場所番付発表

秋場所の番付が発表された。スポニチの記事から。

秋場所の新番付発表 豪風が35歳新関脇

日本相撲協会は1日、大相撲秋場所(14日初日、両国国技館)の新番付を発表した。

名古屋場所で12勝の好成績を挙げた豪栄道(28=境川)は、12年夏場所の鶴竜以来となる新大関で秋場所を迎える。13勝2敗で30度目の優勝を遂げた白鵬(29=宮城野)が東の正横綱。11勝の鶴竜(29=井筒)が西の横綱で、東に10勝の日馬富士(30=伊勢ケ浜)となった。

35歳2カ月での新関脇が決まった豪風(尾車)は、戦後1位の高齢昇進。新入幕から所要68場所での達成は史上1位のスロー昇進となった。妙義龍(27=境川)は昨年秋場所以来、6場所ぶりの関脇復帰だ。

新小結には常幸龍(26=木瀬)と千代大龍(25=九重)の大卒同学年力士が昇進した。日大卒で初土俵から所要9場所での最速新入幕記録を持つ常幸龍だが、初土俵から所要20場所での新三役は年6場所制以降にデビューした力士では9位タイ。木瀬部屋からは現師匠(元前頭肥後ノ海)が03年12月に創設後、初めての三役力士誕生となった。日体大卒の千代大龍だが、同大からは垣添、妙義龍、嘉風に次ぐ4人目となった。

新入幕はモンゴル出身の逸ノ城(21=湊)のみ。幕下付け出しデビューから所要4場所での昇進は、遠藤の3場所に次いで昭和以降2位タイの速さだ。貴ノ岩(24=貴乃花)が2場所ぶり、佐田の富士(29=境川)が3場所ぶりの幕内復帰を果たした。

十両には、魁(28=芝田山)芳東(37=玉ノ井)若荒雄(30=阿武松)が2場所ぶり、北■磨(28=北の湖)が3場所ぶりに返り咲いた。

先場所に三段目優勝した飛燕力(31=尾車)は、初土俵から所要98場所での新幕下が決まった。闘鵬(大嶽)の96場所を抜き、史上1位のスロー昇進となった。

12日には東京・両国国技館で取組編成会議が行われ、幕内の初日、2日目、十両初日の取組が発表される。



三役陣がごっそり入れ代わって、新味に富んだ番付になりました。

まずはやっぱり豪風。
まさかこの人が新関脇とは、数場所前なら笑い話だったでしょう。
まあ私なんて今年の初めには豊真将が九月場所新関脇とかのたまっていた訳で。
半ば冗談で書いたんですけど。
それ以上のサプライズが現実に起こってしまったんでありました。

その豊真将は東の十三枚目。
先場所の日馬富士戦で右ひざを無茶苦茶に痛め、今場所の休場は必至。

正直、見る側からすれば、もうやめてもいいんじゃないか、というケガだった。

でも本人はまだやるんだと言っている。
やり残したことがあるんだと言っている。
九州場所か初場所か、またきっと出てくるんでしょう。
公傷制度もないなかで無茶に踏ん張って大怪我を負った。

力士に同情はよろしくないわけで、
やれやれマショー勝手にやれ、と見るしかない。
でも楽しませてもらおう。
一度でいいから白鵬をぶち破って欲しい。


飲みながら書いてるので滅茶苦茶なのですが…

常幸龍と千代大龍が新小結。
期待の割には…という二人がようやっと上がってきた感じです。

常幸龍は巡業の朝稽古にも積極的で、
かなり気合が入っているのが見て取れました。
正直番付的には上がりすぎの観も否めませんが、
後につながる相撲を見せてほしい。

千代大龍が新小結というのは、どう捉えていいのか分かりません。
この人も上がりすぎなんでしょうけれど…
この地位でも勝ち負けに拘らず、前に出る相撲が貫けるなら本物なのでしょう。
例え負けこしても数年先が楽しみになりますが…
何だか手先の相撲でごまかしてギリギリハチナナとかなると、
若荒雄くらいなものかと思ったり。

まあ上に上がるだけが全てではないし、
分相応のところで長く稼ごうというのも否定はしません。
素人の見立てでああだこうだ言うのもなんですが。


平幕筆頭の東西が照ノ富士と遠藤。
どうなるのかなあ。

照ノ富士は腰の重さを生かして上位陣を持久戦に持ち込んで、
ちょっと面白い者でも見せてくれれば。

遠藤は上位相手にはしばらく期待できないですね。
上にはパワーで負けて、下にはテクニックで勝って勝ち越してくれるといいのですが。


新入幕に逸ノ城。もう見るからにモノが違う。
白鵬なきあとの東西の横綱は照ノ富士と共に約束されたような。
あとはそこに遠藤がどこまで絡めるか、という構図になるのでしょう。


あまりの新鮮さについ二年先五年先を夢想してしまう、今場所の番付でありました。
やっぱり日本人だけでやったほうがいいんじゃないかと思ったりもする。
スポンサーサイト

稽古総見

スポニチの記事から。

白鵬 マイペース調整に理事長苦言「もっと稽古をつけないと」

大相撲秋場所(14日初日、両国国技館)を前に横綱審議委員会による稽古総見が5日、両国国技館の相撲教習所で行われ、史上2位タイの31度目の優勝を狙う横綱・白鵬(29)の稽古内容について北の湖理事長(元横綱)が苦言を呈した。

白鵬は新小結・常幸龍を指名してマイペースに調整していたが、単調な稽古にしびれを切らした北の湖理事長が「遠藤、照ノ富士、大砂嵐、行かんかい!」と声を荒らげた。その指令通りに土俵周りには若手力士が集まったが、横綱には協会トップの声も届かず、常幸龍のみを相手に大技の呼び戻しを決めるなど軽々と8戦全勝。稽古終了後、白鵬は「呼び戻しが豪快に決まりました。あれこそ仏壇返し」と満足げな表情を浮かべた。しかし、北の湖理事長は「横綱なんだからもっと若手をつかまえて稽古をつけないと。あれではウオーミングアップ」とおかんむりだった。


何かと尊大さが目につくようになってきた最近の白鵬。
今回もまた評判を落としたようだ。

若手がじわじわと力をつけてくる中、自分自身は徐々に力が衰えてきている。
一方で幕内最高優勝の新記録達成まではあと3回。
傍から見る分には時間の問題とも映るが、当人にとってはそうでもないのだろうか。

次の世代の面倒を見る余裕も、無くなってきたのかもしれない。


お疲れさま隆の山

ニッカンの記事から。

元隆の山が断髪式「ゼロからですよ」

チェコ出身で、7月の名古屋場所で引退した元幕内隆の山(31=田子ノ浦)の断髪式が7日、都内で行われた。

同期の横綱鶴竜(29=井筒)や部屋の大関稀勢の里(28)ら約90人がはさみを入れ、最後に師匠の田子ノ浦親方(元前頭隆の鶴)が止めばさみ。断髪式の途中から目をうるませて「途中からはこらえるので精いっぱいだった。でも、ギリギリだったけど、泣かないと決めていたので」と耐えて、大銀杏(おおいちょう)と別れを告げた。

体重100キロに満たない筋肉質の体で土俵を沸かせた男は、10月中にも母国に戻る。断髪後は「相撲界に入る前の髪形。ゼロからですよ」と丸刈り姿で登場し、その男前の姿に鶴竜らから笑みがこぼれた。

稀勢の里は「(ハリウッド俳優の)ジェイソン・ステイサムだね。似合ってる」とおだてて「自分の相撲以上に緊張して、ドキドキして見ていた。あの相撲が見られなくなるのは寂しいですね」と言い、若の里(38)も「愛情を込めて『引退する順番を守れ!』と言いたいですね」と惜しんでいた。



私は普段幕内の相撲しか見ないので、この人を最初に知ったのはまだ大関に上がる前の、稀勢の里の付き人としてだった。稀勢の里が花道奥に姿を現すといつも、髪の薄いひょろっとした白人の取的がペットボトルをもって脇に控えている。

どんな力士だろうと調べてみたら、チェコ出身でもう何年も幕下三段目で苦労しているとのこと。外国出身力士は一部屋一人という枠があるから、親方によっては出世が遅いと早々見切りをつけて帰国させ、別の外国人にチェンジしてしまうという話も聞いている。だからこういう人も大事に育てるというのは、生真面目な(当時の)鳴戸親方らしいな、と妙な所で感心しながら見ていた。インシュリン注射が問題になったこともあったが、増量に悩む弟子に対する、親方の愛情ゆえの行動だったのだろう。

その後、例の八百長騒動で幕内十両に大量の解雇者が出て、穴を埋めるようにラッキーな形で関取に昇進。どこまでやれるかと思ったが、最高位前頭12枚目まで番付を上げた。90キロちょっとの体でよく務めたものだ。

筋骨隆々の体で相手を引っ張り込んで振り回すという、いかにも鳴戸部屋の軽量力士といった相撲振りだった。中に入るような取り口はほとんどなかったのもあって、幕内ではあまり活躍できなかったが、それでも細い体で俊敏に動き回る、銭の取れるお相撲さんであった。

本当にお疲れ様でした。第二の人生、幸多からんことを!



しかしイケメンだな…




偉いぞ千代大龍

ニッカンの記事から。

新小結の千代大龍 白鵬に出稽古 手応え

大相撲秋場所(14日初日、両国国技館)で新小結の千代大龍(25=九重)が7日、東京・墨田区の宮城野部屋に出稽古した。

横綱白鵬(29=宮城野)との稽古を求めて出向く力士は近年では異例。師匠の九重親方(元横綱千代の富士)の「強くなりたかったら、横綱、大関のところに行け」の言葉を実践。千代大龍はいきなり鋭い立ち合いから横綱を慌てさせて押し出すだけでなく、電車道で勝つ相撲も2番あった。後半は息切れして4勝15敗も「横綱に出稽古に来るなんて余計なことをするなと言われるかもしれないと思って来たけれど、よく来てくれたなって言ってもらえた。一発で持っていかないとダメだとあらためて分かった。まわしを取られたら絶対ダメ。土俵際が重たかった」。

稽古後に一気に水分補給すると「うわあ~、うめえ~」と満足の稽古内容に笑顔を見せた。白鵬も「(来てくれるのは)久しぶりだなあ。いいよね」と、向かってくる若手力士の出現を喜んでいた。



「一番強い人のとこへ行って胸を借りなきゃイカン」というのは、最近解説の場で親方衆やOBが口をそろえて若手に言う言葉。要するに、みんなもっと自分から白鵬のもとに行けよって話で。

しかし相撲関連のニュースをいつ見ても、そうした動きはちっとも見られなかった。これほど異口同音に言われながら誰も実行しない。白鵬相手となると遠慮があるのかな、と思っていたが、千代大龍のコメントを読む限りやはりそういうことだった。しかし白鵬自身は結構な歓迎ムードだったようで何より。これを突破口に、若手がどんどん宮城野部屋に出向いてくれれば、ファンとしては喜ばしい限りだ。

しかも切り込んでいったのが千代大龍というのが、また嬉しいニュース。期待の割には平幕での足踏みがちと長く、そのうえ支度部屋では準備運動をしないで寝てばかりいるとか、ケガが多いのはそのせいだとか、最近はちょっと株を下げた観のあるこの人。新三役を機に欲も出てきたようで、今回のトライは頼もしい。

ま、すぐに結果が出るとは思えないが、三年先の稽古ということで。期待したい。

怪物イチンもしゃべると可愛い初日

秋場所が始まった。


60年ぶりの不惑幕内力士が一勝

○旭天鵬<東前十四・1-0>(うわてなげ)隠岐の海<西前十五・0-1>●

立ってすぐ右四つ、旭天鵬先に左の上手を引いて前へ、
隠岐の海寄り返すところ、すかさず左へ体を開き、
土俵中央上手投げに仕留める。

先々場所前にこんな記事を書いたが、
旭天鵬の上がってきた東の控えに居たのが元水戸泉の錦戸審判。
江戸時代の宮城野はこの歳まで幕内を務めたのかと、勝手にしみじみ。

稽古準備運動は欠かさないと評判だが、
それでも下半身が徐々に細くなっているのは隠せない旭天鵬。
衰えを最小限に保つというのは並みの努力ではできないが、
同じ四十代の人間として何だか見習いたくなる。


新入幕の怪物イチン栃乃若を一蹴

○逸ノ城<東前十・1-0>(うわてなげ)栃乃若<西前九・0-1>●

双差しねらいの栃乃若が二本のぞかせ前に出れば、
右四つの逸ノ城、左の上手は引くも右は差せずに後退、
ならばと逸ノ城右で栃乃若の首を巻き、
ひねりを加えながら左の上手投げを豪快に決める。

新入幕で中堅力士相手に大きな相撲で勝った逸ノ城。
喜んでもよさそうなものだが、取組後のインタビューでは、
見た目とは裏腹の甲高い声で「これじゃだめです。これではいつか負けると思う」と反省しきり。
自ら前に出る相撲が取れなかったというわけで、理想は高い。

体重が199キロに増えたことを言われると、
まだ若干カタコト気味の日本語で、
「おっきくなってしまいました…」と何だかしょんぼりしている。
当人は185キロくらいがベストらしい。

照ノ富士に続いて番付を上げてきたモンゴル出身のこの人に、
日本人力士を応援したい身としてはあまりヒイキもしたくはない。
しかしインタビューを聞いていると何だか可愛く見えてしまった。


新大関の豪栄道は黒星スタート

○高安<東前二・1-0>(つきおとし)豪栄道<西大関0-1>●

立ち合って右四つ、豪栄道先に上手を引いて青房に攻め込み、
土俵際上手を離し渡し込みに行くがならず、
高安しめたと体を入れ替え両ミツ引くも、豪栄道に下手を切られる、
ならばと高安左上手投げで崩し再度右下手を伺うも、
豪栄道これは許さず左を差して二本差し。
ふたたび青房に寄って出るがまわしの位置は深く胸の合った格好、
高安下がりながらも金剛力でゆさぶり、土俵際右から突き落とせば、
豪栄道は右から渡し込み、ほとんど同時に土俵を割る。

玉治郎の軍配は高安。
物言いがついて協議となったが、軍配通り高安の勝ちとなった。
豪栄道の渡し込みにいった右手が落ちた瞬間、
突き落とした高安の右足が土俵を割っていたか否かが争点だったが、
結局残っていたという判断。

豪栄道は初めの渡し込みで上手を離し相撲が長引いた。
終始勝ちを焦っていた印象が強い。
入場のときから表情は堅かった。重圧が相当あった様子。

取組前、解説北の富士さんの経験者としてのコメントが重かった。
「プレッシャーなんか感じたことなかったけどねえ、関脇のころまでは。
大関なっちゃうと、無くなりますよ。相撲を取る喜びのようなものがね」

どうでもいいが北の富士さんの解説は心地よくて大好きで。
何がいいのだろうと考えるに、あの独特のイントネーションが良いのだろうと思う。
このコメントの際にも「なくなりますよ」と平板に言うのでなく、
「な(↑)くなりますよ」と最初の「な」の音が微妙に上がる。

これは出身の北海道の訛りなのだろうか。
あるいは東京の言葉なのか。
粋でかつ愛嬌があって、いいなあといつも感じる。


大胆不敵照ノ富士、大関初挑戦で注文相撲

●琴奨菊<東大関0-1>(はたきこみ)照ノ富士<東前筆頭1-0>○

立ち合い照ノ富士、飛び込んでくる大関をさっと左へかわすと、
大関は西土俵下へ勝手に転落。

大関初挑戦でこんな厚かましい相撲が取れる照ノ富士。
殊勲インタビューでは立ち合いの変化について、
「去年十両に上がったときから、いつか当たるだろうからその時はやってやろうと、
付け人と話してました」と自慢げに暴露。

この豪胆さは感心していいのかどうかよく分からない。
並みの新人でないのは確かだ。
しかし、まかり間違えば朝青龍や若ノ鵬の轍を踏みかねない。
まあ親方が厳格な伊勢ケ浜さんだけに大丈夫であろうとは思うが。


三横綱は安泰。

稀勢の里は茄子紺の締め込みで登場。
先場所前に入手したものの、まだ体になじまなかったようでお蔵入りになっていたものだ。
これまでのエンジ色よりよく似合っている。
相撲は低い立ち合いで豊ノ島を押し出し、新しいまわしの色同様、落ち着いたものだった。


おまけ

朝日新聞記者抜井さんのツイートが面白かったので。


数えているのか…遠藤は大変だ。

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。