スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マゲつかみ問題が進…展?

もう寝ようかと思ったら面白いニュースが。

まげつかみで取り直しも 相撲協会審判部が検討へ(産経)

日本相撲協会審判部は1日、東京・両国国技館で会合を開き、取組中にまげをつかむ反則について、故意か偶然かにかかわらず、引っ張ったかどうかの判断が困難な場合、取り直しにする案を検討することになった。今後、理事会で協議される可能性も出てきた。

ここ数場所で、まげつかみによる反則負けが続発している。つかんだかどうか微妙な取組もあり、勝負審判は難しい判断を迫られるケースがあった。現行の規則では、禁じ手の一つに「頭髪を故意につかむこと」と記されている。

5月の夏場所では鶴竜と豪栄道の一番で、豪栄道がまげをつかんだとして、審判ではなく土俵下の控えにいた白鵬が物言いをつけた。9月の秋場所では日馬富士が嘉風のまげを引っ張ったと判定され、横綱として初の2度目の反則負けとなった。



「故意か偶然かにかかわらず、引っ張ったかどうかの判断が困難な場合」とあるのだが、
問題は「故意か偶然かの判断が困難な場合」ではないのだろうか。
「引っ張ったかどうか」は今起こっている論争の争点とは違うように思う。

もともと規則では「頭髪を故意につかむこと」が反則とされている。
文字通り解釈すれば、偶然つかんだ場合は反則とならないはずだ。
しかし現状では、故意か偶然かといった点は考慮せず、
とにかくつかんだら反則、といういささか乱暴な見解がまかり通っている。

本来この規則を字義通り適用していくなら、
「故意か偶然か」をその都度審判団が判断し、
「故意」とみなした場合にのみ反則が適用されなければならない。

ところが「偶然」とみなした場合の対応は規則に明記されていない。
たまたま手がかかっただけならば、勝ちとみなしても本来は良いはずだ。
しかしその割には、マゲを引く行為は勝負を左右するウェイトも大きい。
あっさり勝者と認めるのも難しい。
もう面倒だからとにかく引っ張ったら負けだあ、というのが現状だろう。

「頭髪を故意につかむこと」は反則の文言として残すべきだ。
朝青龍が旭鷲山にしたような、
明らかに故意、というケースも過去にはあったのだから。

しかしそのあとに続けて、
「ただし偶然つかんだ場合、もしくは偶然か故意かの判断が困難な場合は取り直しとする」
このような文言が入れば話はスッキリすると思うのだが。

スポンサーサイト

楽しみな琴欧洲親方

スポニチの記事から。

琴欧洲親方が日体大生に 来日前に大学中退、3年から「編入」

大相撲の佐渡ケ嶽部屋の部屋付き親方である琴欧洲親方(元大関)が来年4月から日体大の学生となることが7日、明らかになった。角界入門前に通っていた母国ブルガリアの国立体育大学からの「編入」という措置で入学する予定。スポーツ科学などを学んで親方としてのスキルアップを図るとともに、強豪相撲部の臨時コーチとして学生を指導する計画もある。

今年3月に現役を引退した31歳の琴欧洲親方が新たな挑戦に乗り出す。この日、神奈川県横浜市の日体大健志台キャンパスを訪問。スポーツを通じた国際化を推進する大学側の要望に応えるべく、自身が持つ唯一の優勝額(08年夏場所)を寄贈した。キャンパス内に掲げられた優勝額を見て親方は「自分も体育大学出身なので、これを見て若い人に頑張ってもらいたい」とあいさつ。だが、日体大との“縁”はこれで終わりではなかった。

贈呈式に出席した松浪健四郎日体大理事長は「来年4月から学生として学んでもらうことになった」と説明。かつて親方は母国ブルガリアの国立体育大学に通ってレスリング選手として五輪を目指したが、体重制限によって夢を断念。大学2年で中退して来日し、角界の門を叩いた経緯がある。そのため、ブルガリアの大学在籍時に取った単位数を日体大が認めた上で、大学3年からの「編入」という措置が取られる予定。また、妙義龍、千代大龍らを輩出した相撲部の斎藤一雄監督は「臨時で指導してほしい」と学生コーチに就任させる方針を示した。

親方は「この縁を終わらせたくない。まわしを締めて相撲も教えたい。試合に出てもいいよ」とジョーク交じりでキャンパスライフへの意欲を述べた。さすがにそれには松浪理事長が「出てもいいけど学生のレベルは高いからね。もう稽古をしていない親方には厳しいでしょう」と話せば、斎藤監督も「元大関ですから無理です…。親方が出たいというのであれば、まわしは用意しますけどね」と笑顔で対応した。

相撲協会の親方が学生になることは極めて異例。試合への出場は冗談?として、指導者として科学的なトレーニング理論を学ぶことで角界に新風をもたらすつもりだ。

2014年10月8日 05:30


現役時代はいやいや相撲を取っているような雰囲気があり、おまけに大の吝嗇家という噂のあった琴欧洲。せっせと蓄財し、引退後はどうせブルガリアに帰って事業でもやるのだろうと私は勝手に思っていた。

ところが現役時代の晩年には日本国籍を取得。内弟子集めにも奔走しているとの話も多々あり、おや、と思っていたら引退後はあちこちテレビに登場。貴重な集金イベントである引退相撲の告知に精を出す。正直出すぎなんじゃないかとすら思われたが、努力の甲斐あって盛況に終わったようで。

年寄株の取得に苦労しているのかな、不知火は若荒雄に行ってしまったしな、フフン、などと外野としては人の苦労を勝手な想像で面白がって見ていたり。しかしこういうニュースを読むと、この人はこの人で自分なりの相撲道を追及しているのが感じられる。

現役時代は「怪我は稽古場で治せ」という角界の慣習に苦しみ、土俵生活に悔いを残したこの親方。西洋の合理主義で育った人だけに、「俺ならこうするのに」という思いは他の日本出身の親方以上に強いのだろう。5年後10年後が楽しみ。

「アーッ!」が更なる「アーッ!」を生む


糸井重里さんの「ほぼ日」が好きでよく見るのだが、ちょっと前に面白い記事があった。

「反省しない」方がいい?

語っているのは西條剛央さんという早稲田大学の先生。「構造構成主義」という何だかムツカシそうな学問をやっておられる方。読んでいるとどうも哲学やら心理学やらを学際的に研究するものらしい。

ともあれ興味深いのは記事の後半。


西條
 本で読んだのですが、マイケル・ジョーダンは
「優勝のかかったフリースロー」
みたいな場面では
何千回、何万回も練習してきたシュートを
いつもどおりに打つだけで
「結果はまったく考えない」と言うんですが‥‥。

──ええ。

西條
仮に外したとしても「ぜんぜん反省しない」
とまで、断言しているんです。

── え、ふつうの人なら「猛省」しそう。

西條
でしょう?

「何やってるんだ、俺は!」
「次こそ!」みたいに、ですよね?

それまでは、かくいう僕も
自分なりに「反省」していたんですけど、
この話を読んでからは
かえって逆効果だと気づきました。

── どうしてですか?

西條
失敗の「悪いイメージ」を
繰り返し、
自分に植え付けることになるからです。

──あー、イメージトレーニングの逆で。

西條
ですから、真面目な選手ほど
何度も何度も、繰り返し「反省」することで
同じように大事な場面で
また、同じようなミスをしちゃうんです。


── 悪いイメージがこびりついちゃって。

西條
逆に、僕の経験から言っても、
精神的に強い選手って、
試合に負けても
けっこう「あっけらかん」としている。

実は、あまんり気にしてないというか、
「負けちゃったけど、
 やるだけやったからしかたねーかー」
みたいな。

──そうなんですか。

西條
もちろん、技術的な面については
改善を繰り返さなければ、上達しません。

何が言いたいかというと
つまり「反省」もひとつの「方法」なので
無闇やたらにすればいいってものではない、
ということなんです。



もちろん個人として、我とわが身に照らし合わせ思うところも多々あるのだが。相撲ファンとして読んでいると、どうしてもこの人のことが頭に浮かんでしまう。



もちろん真ん中の人のはなし。間違っても左側の前髪命のお兄さんではなく。

昨年9月場所の記事。

稀勢の里「アーッ!!クソッ!!」/秋場所

<大相撲秋場所>◇13日目◇27日◇東京・両国国技館

(抜粋) またしても、期待はため息に変わった。大関稀勢の里(27=鳴戸)は関脇豪栄道(27)に押し出されて、3敗目を喫した。これで再び自力優勝の目は消滅。悲願の初優勝の可能性は大きく遠のいた。横綱白鵬(28)は大関鶴竜(28)を下して1敗をキープ。2敗はいなくなり、両者が直接対決する今日14日目に白鵬が勝てば、4場所連続27度目の優勝が決まる。

 何度目だろうか。稀勢の里に向けられた期待が、ため息へと変わるのは。館内の空気が、一気に沈んだ。その痛みは、本人が一番分かっていた。「アーッ!! クソッ!!」。風呂場に入る直前に叫び、中では「アーーーッ!!」と2度、絶叫した。顔は怒りで真っ赤。最後まで一言も発しなかった。帰り際、白鵬の相撲を画面で見つめる目は充血していた。みけんには、深いしわを刻んだままだった。



今年9月場所の記事。

稀勢、汚名残す屈辱的黒星に「アーッ!」

<大相撲秋場所>◇11日目◇24日◇東京・両国国技館

 (抜粋)大関稀勢の里(28=田子ノ浦)が屈辱にまみれた。初土俵から5場所目の新入幕逸ノ城(21=湊)に立ち合いで変化されると体が泳ぎ、はたき込みにばったりと落ちた。大関戦の最速白星を許し、歴史に汚名を残してしまった。

 伏線は立ち合う前にあった。立ち合いが合わず、新入幕力士を相手に2度も待った。9日目に敗れた豪栄道戦とまったく同じで、硬さが目立っていた。

 左腕にはテーピングが施されていたが、その痛みを感じる間すらない3連敗。引き揚げる際や風呂場で「アーッ!」と大声を上げ、支度部屋では両腕を組んで険しい表情。言葉を発することはなかった



場所中幾度となくニュース記事で目にする、稀勢の里の「アーッ!」。ここぞという場面で毎度毎度見事に期待を裏切り、ファンからは「Mrガッカリ」の異名を頂戴している。しかし一番悔しいのは当人であるのは、よく伝わってくる。反省猛省しているのもよく分かる。

ただ今回の西條センセイのお話など読んでいると、むしろそれが逆効果に働いているようで。結果を悔み、二度とこんなミスはするまいと心に決めれば決めるほど、同じようなミスを繰り返す。大一番、勝ち急いでつっかける、体勢不十分で強引に前に出る。結果墓穴を掘る。負けて猛省。次こそ、と思う。ところが猛省がネガティブなイメトレになっている。また大事な星を落とす。負のスパイラルにどんどん落ち込んでいく。

以前私はこんな記事も書いたが、ベースボールマガジン社の計らいも、生真面目な稀勢の里には逆効果だったのかもしれない。ここ一番に敗れても「ま、こんなこともあるさ」と飄々としていられる人の方が強いのだろうな。




九州場所新番付発表

九州場所の新番付が発表された。

逸ノ城スピード出世!九州場所は新関脇(ニッカン)

日本相撲協会は27日、大相撲九州場所(11月9日初日、福岡国際センター)の新番付を発表した。

秋場所で千代の富士に並ぶ歴代2位タイの31度目優勝を決めた白鵬(29=宮城野)が、5場所連続で東の横綱となった。今場所は歴代最多となる大鵬の32回に挑む。

新入幕ながら13勝2敗の好成績で、千秋楽まで白鵬と優勝争いをした逸ノ城(21=湊)は西関脇となり、新三役に昇進。幕下付け出しデビューから所要5場所での新関脇、新三役は、いずれも昭和以降1位のスピード出世となった。新入幕翌場所の関脇昇進も昭和以降初だ。

ブルガリア出身の碧山(28=春日野)も新関脇に昇進。先場所に快進撃を続けていた逸ノ城に勝った勢(28=伊勢ノ海)は新小結となった。

新入幕はロシア出身の阿夢露(31=阿武松)ただ1人。31歳4カ月での新入幕は戦後10位の高齢で、初土俵から所要74場所は、外国出身力士では史上1位のスロー記録となった。栃ノ心(27=春日野)は8場所ぶり、徳勝龍(28=木瀬)は2場所ぶり、誉富士(29=伊勢ケ浜)は9場所ぶり、琴勇輝(23=佐渡ケ嶽)は5場所ぶりの幕内復帰を決めた。



先場所千代の富士の優勝回数と並んだ白鵬は、今場所いよいよ大鵬と並ぼうとしている。
大鵬にしても千代の富士にしても、記録の達成は晩年力が落ちてから。
最後の気力を振り絞るようにして賜杯を手にしたのだった。
大鵬など32回目の優勝は八百長工作によるものという話すらある。
(NHKで解説をしていた玉の海梅吉さんが、番組を降りてから週刊誌に告発していた)

対して白鵬は一時の力感こそ失ったとは言え、まだまだ第一人者の貫録十分。
今年もすでに年4場所を制覇しており、放っておくと40回も50回も優勝してしまいそうだ。

しかし一方白鵬嫌いのワタクシとしては、
33回の新記録を達成してしまえば案外モチベーションがガクンと落ちるのではという期待もある。

歴代1位の記録を打ち立ててしまえば、いかに白鵬といえども人の子。
何を目指したものかしらんとたちまち闘志も萎え、別人のように呆けた相撲を見せるのではないか。

…というか、お願いですからもういい加減衰えてくださいよ、ホントに。


新関脇に逸ノ城。
今場所は逸ノ城自身の相撲もさることながら、
対戦相手がどれだけ研究してくるかというのがむしろ見どころか。
先輩力士たちの逸ノ城攻略法が楽しみだ。


逸ノ城のおかげですっかり影の薄くなったのが大砂嵐と遠藤。
それぞれ平幕の上位から、西の5枚目と8枚目に番付を落とした。
どちらも周囲から相撲を、特に立ち合いの弱みを覚えられて苦労している。

上にあがって立ち合いで悩むのは誰しも通る道であるし、
これでメッキが剥げただの何だのというのは無茶な話だ。
時間をかけて地力をつけていけばいいと思う。
遠藤も立ち合いの二歩目、左足の踏み込みが改善されれば、
先場所のような惨めな相撲にはならないだろう。
辛抱しどころ。


7月場所で右膝に大怪我を負った豊真将。
先場所全休で、今場所は西十両9枚目まで番付を下げた。
また休むとなれば幕下落ちも必至だが、どうなるのだろう。
ネット上でも情報が全くなく、かなり心配。

隠岐の海が婚約


ニッカンの記事から。

隠岐の海が婚約 博多美女射止めた

元小結で東前頭7枚目の隠岐の海(29=八角)が28日、福岡市内で婚約を発表した。

相手は、同市出身で栄養士兼調理師の佐々木詩子さん(25)。師匠の八角親方(元横綱北勝海)と、亡くなった佐々木さんの父賢雄さんが知り合いで、入門時から顔見知りだった。昨年九州場所後に急接近。今年1月に隠岐の海が電話で「最後の恋愛にしたい」と交際を申し込み、女優石原さとみ似の博多美人のハートを射止めた。「芸能人よりきれい」とのろけた隠岐の海は「奥さんのために頑張れる力士になりたい」と出世を誓った。


婚約者は目の大きなはつらつとした美人さん。おめでとう隠岐の海。

それにしても今年に入ってから4場所連続負け越しと不振を極めたこの人。昨年は新三役も経験し、年末には師匠から「来年は大関を」との声も上がっていた。私も結構期待していたが、年があけるとこの低調振り。怪我か病気かと見る側は気を揉んだが「どこも悪いところはない」というのが本人のコメントだった。

ところが先場所幕尻の一歩手前まで落ちたところで、10勝5敗と久々に気を吐いた。好調の原因を問われ、NHKの中継で紹介されたコメントがまた妙で、「先場所まで何が悪かったのか分からない。今場所何がいいのかも分からない」とのことだった。

この男は少し自己分析とかしないのか。分からない分からないってアスリートなんだから少し考えろよと、私はテレビに向かって悪態をついたものだ。しかし今年に入って交際を開始したとの今回の報道。彼女に夢中で相撲どころではなかったとみれば、何だか隠岐の海らしいなと思わないでもなかったり。外野の勝手な推測にすぎないが。

まあ晴れて恋愛も成就したということで、稽古嫌いを返上し、これからは大関への道を邁進…するだろうか。何だかこの人は変わらないような気もするのだけれど。

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。