スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「相撲」11月号の表紙に愚痴る


遅ればせながら月刊誌「相撲」11月号を購入。

相撲 2014年 11月号 [雑誌]相撲 2014年 11月号 [雑誌]
(2014/10/30)
不明

商品詳細を見る



大鵬の幕内最多優勝記録に並ぼうとする白鵬と、
入幕2場所目で新関脇という桁外れの出世を果たした逸ノ城。
展望号だけあって場所の主役のツーショットが表紙となりました。

ただこの写真がそれだけの意味に留まらないのは、
逸ノ城の肩にかけられた白鵬の右手があるからで。
次はお前だぞ、という白鵬の思いが、見る者にもひしと感じられる画であります。
王位継承、とでも言いましょうか。

いつも同じようなことばかり書いてますが、
結局日本人はそっちのけなんですな。

国際化国際化、まことに結構なことかもしれない。
ただ大相撲のそれがイビツなのは、
土俵の中はいくら国際化されて外国の力士が入ってきても、
土俵の外、つまり見る側はもっぱら日本人で占められていることにある。

年6場所はすべて日本国内で開かれる。
しかし日本人が主役となることは決してない。
日本代表がいつも予選落ちするサッカーのW杯が、
毎回日本で開かれているような。
日本人がちっともメダルを取れないオリンピックが、
いつも東京で行われているような。

おまけに日本の「国技」という看板を掲げる以上、
外国出身の力士はお客様のようなもの。
観客席で日本の国旗を掲げて応援するような真似はできません。
モンゴルの国旗はあれほど嬉々として掲げる人がいるというのに。

さりとて、これじゃつまらん、モンゴルで本場所やろうぜ、と思っても、
経済力が違いすぎてとても興行は成り立ちそうにない。

逸ノ城逸ノ城と昨今沸き返ってはいますが、
既存の秩序を破壊するさまが面白いというだけのこと。
やがて彼が頂点に立つようになれば、
相撲人気も再びジリ貧に陥るのではありますまいか。

100年後、大相撲はどうなっているのか。
今の形のまま外国出身者を微妙に制限しつつ、
彼らを王者としてあがめる状況が続くのか。
あるいは制限を完全に取り払い、ワールドワイドなスポーツとして、
年6場所を世界中でサーキットして回るような興行になるのか。
はたまた日本は経済的に没落し、
ジャパンマネーに魅了される若者など世界中からいなくなり、
小国の伝統競技として日本人だけが土俵に上がり、細々と生きながらえるのか。

まあ3番目の形に落ち着きそうな気はしますが…
どうも愚痴っぽいエントリーになりました。
全ては白鵬の右手がイケナイということで(笑)。

スポンサーサイト

二日目

本日のテレビ中継、正面解説は断髪後初めての琴欧洲親方。
マゲを落としたらよほどイケメンになるかと思われたが、
髪の薄さゆえか何やらリンゴ飴のような容貌になってしまった(←失礼)。

しかし解説は福々とした見た目に似ず、実にシャープ。
目の前の一番が終わった直後、スロー再生が出る前に、
勝負のポイントをてきぱきと言葉にしてしまう様はお見事。

スローを見てから、やっと解説が始まるような親方も多いのだが…
観察眼の冴えと頭の良さを感じる今日の解説だった。

そんな二日目。


遠藤圧力負けで2連敗

○隠岐の海<東前七・2-0>(よりきり)遠藤<西前八・0-2>●

隠岐の海鋭く立って二本差しを狙うが、遠藤左を差して左四つに。
しかし出足に優る隠岐の海、西土俵へ攻め込み、差し手を返し上手も引いて寄り切る。

隠岐の海の速攻に遠藤なすすべなく2連敗。
昨日の栃ノ心、今日の隠岐の海と差し身の巧さは見せるのだが、
いかんせん圧力でかなわず、いい格好になったときにはすでに土俵際。
相手も実力者だけに仕方のない面もあるのだが。


逸ノ城マゲ姿で初白星

●宝富士<東前二・1-1>(したてなげ)逸ノ城<西関脇1-1>○

左四つの宝富士当たり勝って左を差しつつ前へ出れば、
右四つの逸ノ城右で首根っこを押さえつつ左へ回りこみ右を差す、
不得手の四つだが宝富士、先に両ミツ引いて正面に寄りたてるも、
逸ノ城落ち着いて右からの下手投げで逆転。

今場所からマゲを結って登場した逸ノ城。
ザンバラの時より頭が小さくなった分、体の大きさが余計目立つ。
今日は大きな体で大きな相撲を取った。

場所前、立ち合いを改善中という報道があった。
左手を下してから右手をチョン、と立っていたものを、
右手を下して左手チョン、という形にするのだとか。

この方が左の上手が取りやすいということなのだが、
今日は従来通り左手を先に下していた。
何だかやりにくそうな顔(に見える)で仕切っているのが微笑ましい。


豪栄道勝ち急いで2連敗

○豪風<東小結1-1>(つきおとし)豪栄道<西大関0-2>●

豪栄道素早く立って一気に東土俵に押し込むが、
豪風下がりつつもおっつけながら距離を取り、
土俵際左へ回り込みつつ突き落せば豪栄道バッタリと這う。

豪栄道は昨日の宝富士、今日の豪風と攻め急いでの逆転負け。
先場所新大関で8勝7敗に終わったこともあってか、今場所は相当勝ちにはやっている様子。
ここから立て直し落ち着いていけるかどうか。


稀勢の里、琴奨菊は2連勝。

白鵬は立ち合いから安美錦を一気に土俵際まで押し込み押し出したが、相手の肩すかしにバッタリ。
安美錦の足が出るのが一瞬先で、際どい相撲だった。
昨日は勢相手に立ち合い一気の寄りで完勝はしたが、
スロースターターのこの人には珍しく、序盤から気合いが入りすぎている印象。
記録達成が念頭にあってのことだろうが、中盤以降のスタミナ切れが楽しみ心配。







三日目

関脇対決は逸ノ城が制す

●碧山<東関脇1-2>(うわてなげ)逸ノ城<西関脇2-1>○

立ち合い逸ノ城左で張って右を差し、あっさり右四つに組み止める。
碧山左からおっつけて出るも、
逸ノ城右を抜いて首に巻き、左上手から振り回し碧山を大きく泳がせ、
右をも一度ねじ込むか、と見せておいて土俵中央左から豪快な上手投げ。

立ち合いに難のある逸ノ城。碧山のパワフルな突き押しに苦戦するかと思いきや、張り差しで簡単に捕まえてしまった。あとは完全に自分のペース。場所前は帯状疱疹だ入院だ骨盤がずれた稽古不足だ何だとかかんだとか、調整不十分が喧伝された。フタを開けてみればこの強さである。調整がうまくいったら果たしてどうなってしまうのか。


宝富士2大関を撃破

●琴奨菊<西大関2-1>(つきおとし)宝富士<東前二・2-1>○

立ち合って互いに得意の左四つ、
宝富士左を深くし大関の体を起こそうとするが、
琴奨菊それは許さじと右からおっつけ西土俵へ攻め込むも、
宝富士俵をつたいつつ右へ回りこみ、白房に突き落とす。

琴奨菊は地元福岡の大声援を背に受け、焦りもあったろうか。右はいつものおっつけるような抱え込むような中途半端な攻めで、宝富士の逆転を許した。「あそこは急がずまわしを引いてから前にでるべき」という舞の海さんおなじみの評が虚しく響く。

マツコデラックスに似ているといった他、これといって特徴のない地味な力士だった宝富士。先場所は2大関を倒し東の四枚目で1点勝ち越し。今場所も既に序盤3日で2大関を降すなど、キャラを裏切る派手な活躍を見せている。じわじわと地力をつけてきた。いつのまにか強くなっている。


栃煌山の速攻に白鵬辛勝

○白鵬<東横綱3-0>(すくいなげ)栃煌山<東前筆頭0-3>●

栃煌山鋭く立って右深く差し、カイナを返し一気に向正面に走れば、
白鵬土俵際弓なりにこらえながら右からのすくい投げで逆転。

まともに差して四つ身の勝負に行っては、白鵬にもマワシを与えてしまい、ハズ押しを試みては、素早い引き足に翻弄されてきたこれまでの栃煌山。ならばとハズで、かつ立ち合いからフィニッシュまで相手の回り込む余地を与えぬスピードで勝負に出た。結果は吉と出かかったが、最後に腰が伸びて横綱の投げを食ってしまった。もったいない一番。花道を引き揚げる当人も切歯扼腕の表情。


ケンカ上手の高安、日馬富士から金星

●日馬富士<東横綱2-1>(いさみあし)高安<東前三・3-0>○

日馬富士が突いて出れば、高安は細かく顔面に打ち込むような底意地の悪い突っ張りで応戦、
日馬富士もこれに大ぶりな張り手でこたえ、激しい突き合い。
やがて日馬富士右四つに組み止めるが、高安腰を振ってきらい、再び突っ張り合戦。
日馬富士今度こそと右四つに組み、向上面に寄り立てれば、
高安右へ俵の上をまわりこみつつ左から突き落としに行くと、
日馬富士もたれこみながら付いていき、黒房下左からの渡し込みで高安を倒した…

かに見えたが行司の軍配は西方高安。
高安の突き落としを堪えた際、日馬富士の左足が俵の外に踏み出していたのであった。

短気な横綱をとにかくカッとさせることに徹した高安。横からのいわゆる張り手ではなく、胸でも突くように手のひらをまっすぐ顔面にヒットさせるという相当にエグイ手口。日馬富士はまんまと術中にはまり、体勢不十分なまま前に出て墓穴を掘ってしまった。

高安はこれで3連勝。調子の悪いときはこの突っ張りも出足が伴わないのだが、今場所は上半身も下半身もそろって前に出ている。面白い存在になりそう。


遠藤は佐田の海に立ち合い押し込まれかけたが、叩いて右上手を引き上手投げで初日を出す。

稀勢の里は豪風を突いては見、突いては見、といった慎重な相撲で押し出す。二度ほど土俵際いなされたが、落ち着いて取っていたので食うことはなかった。いまのところ冷静な取り口で危なげなく3連勝。しかしまた安美錦あたりにペースを崩され、ドツボにはまっていくのだろう。この人と十五日間付き合うというのは、もろいガラス細工を見守るような心地である。

四日目

豪栄道、逸ノ城に雪辱果たす

●逸ノ城<西関脇2-2>(よりきり)豪栄道<西大関2-2>○

豪栄道低く立って右は張ると見せて深く差し、左は浅く前ミツ引いていい体勢、
逸ノ城両ミツ引けず苦しくなるや、右を首に巻き左から小手に振って打開を図るも、
これは折込済みの豪栄道、しっかり体を寄せて行司だまりに難なく寄り切る。

豪栄道は初顔の先場所、左の上手を深く取って横から攻めようとしたが、結局逸ノ城の右差しを許し、いいように取られてしまった。これを反省し今回は前ミツを浅く取る作戦に出て、見事的中。ルーキーに連勝は許さず、大関の面目を保った。番狂わせはならなかったが、そう易々と入幕2場所の新鋭に勝たれては見る側も辛い。ほっとさせられる勝利。


琴奨菊は連敗

●琴奨菊<西大関2-2>(よりきり)勢<西小結1-3>○

琴奨菊低く立って得意の左を差すが、勢これを思い切り右から小手に振って白房に泳がせる、
琴奨菊ここは残して正面に押して出るも、
勢下がりつつ巧みに右を差してすくい体を入れ替え、左も差して二本差しで寄り切る。

当たってからの果敢な小手投げ、さらに押し込まれても体勢逆転のすくい投げと、勢の右からの攻めが光った。逆に琴奨菊の右は立ち合いから相手をしっかり捉えることができず、格下にいいように取られてしまった。

琴奨菊は敗戦後、何か考え込むような表情で花道を下がっていった。地元福岡での今場所。前回右胸のケガで途中休場に終わったこともあり、相当な思い入れで臨んでいるとの話も聞く。張りつめた糸が切れるように、この連敗で大崩れすることがなければよいのだが。


日馬富士も連敗

●日馬富士<東横綱2-2>(おしたおし)栃煌山<東前筆頭1-3>○

日馬富士立ち合いぶちかまして突いて出ようとするも、
栃煌山下がらず突いて正面土俵際まで追い込み、
相手の残すところ左から叩いて大きく泳がせる、
日馬富士西土俵に詰まって左へ回り込もうとするが、
栃煌山よく追いかけ黒房に押し倒す。

日馬富士は昨日に引き続いての金星配給。栃煌山の攻めやいなしに足が付いていかず、何とも軽い印象。先場所の右目周辺の骨折で場所前の稽古は不十分だが、それが災いしているようだ。

逆に栃煌山の動きのキレ、前に出る時の力感は目を引いた。昨日は惜しい相撲だったが、負けたとはいえ白鵬をあそこまで追い込んだことで、気をよくしたのかも知れない。この先の上位戦が楽しみ。明日の相手は豪栄道。


稀勢の里は照ノ富士との1分を超える熱戦を制し4連勝。ケンカ四つの相手を得意の左四つに組み止めたまでは良かったが、いかんせん上手が深く、照ノ富士の左を封じ切れない。寄ってはすくわれ、寄ってはすくわれの繰り返し。一応攻防があったから、現場で遠目に眺める館内のお客は沸いたが、テレビでアップで見る者には稀勢の里の不器用さばかりが目につく。居たたまれない。


四日目終えて全勝が白鵬、鶴竜、稀勢の里。平幕の隠岐の海と旭天鵬。

隠岐の海は今場所立ち合いからの速攻が目を引く。相撲の遅さがトレードマークだったこの人が、いったいどうした事か新婚パワーを炸裂させている。別人のようで戸惑う。

旭天鵬は今日で通算出場1800回を記録。1位は大潮で1891回だとか。1年後の九州でも現役を維持していれば新記録となるが、それもあっさり塗り替えそうな元気の良さ。逸ノ城がモンスターと呼ばれるが、その名がふさわしいのはむしろこちらの方ではあるまいか。(というか妖怪と呼んだ方が良いのか)

五日目

豊ノ島、照ノ富士を熱戦の末降す

○豊ノ島<東前六・4-1>(したてだしなげ)照ノ富士<西前三・2-3>●

立ち合い豊ノ島双差し狙うも、照ノ富士右を差し勝ち右四つの体勢、
照ノ富士右のカイナを返し左の上手に手を伸ばすが、これは豊ノ島腰を振って嫌い、
ならばと照ノ富士左は抱え込んで赤房に吊って出たが、
これはかなり強引で豊ノ島難なく残し、体を入れ替え腹を突き出し逆に寄り詰めると、
今度は腰の重い照ノ富士しっかり残すが、
豊ノ島返す刀で左からいなし、ようやく双差しに成功、頭をつけて中に入れば、
照ノ富士右上手を引き持久戦に持ち込もうとする、
そうはさせじと豊ノ島、左を抜いて右から出し投げを打つもやや呼び込む格好、
乗じて照ノ富士西土俵に寄って出るが、
豊ノ島体を開きも一度右から出し投げを打てばようやく決まる。

1分近い大相撲で館内は拍手喝采。191センチの照ノ富士と170センチの豊ノ島の激しい攻防は見ごたえがあった。それでも右で相手のカイナを返しておきながら、左で上手が取れないと見るや抱え込んで吊りに行くという照ノ富士の無茶苦茶な攻めが、無駄に勝負を長引かせた観もある。今宵は怖い親方から懇懇と説教を喰らうことであろう。


逸ノ城冷静に豪風を叩きこむ

●豪風<東小結1-4>(はたきこみ)逸ノ城<西関脇3-2>○

立ち合い逸ノ城右を差しに行くが、豪風おっつけてこれを防ぎ、
さらに相手の上手から逃れるように左へ回り込んだが、逸ノ城は落ち着いて見て正対、
一瞬見合って豪風飛び込もうとするところ、逸ノ城右から首をおさえ、土俵中央叩きこむ。

逸ノ城が小さく素早い相手を落ち着いて下す。序盤5日間は3勝2敗で乗り切った。勝った相手は関脇以下、負けた相手は大関以上(日馬富士、豪栄道)で、今のところ関脇という地位が妥当であることを証明している。明日から横綱大関戦が連日組まれるのであろうが、いよいよ真価が問われるステージに突入する。


琴奨菊は安美錦相手に左を差して走ったが、右のおっつけが甘く相手の左からの肩すかしを許し3連敗。引きあげる表情は相当に固かった。

稀勢の里は立ち合い碧山に圧力負けし、突き出されて初黒星。これがキセの安定感。

不調の日馬富士は勢に対し、立ち合い左変化で上手をつかむ十八番を敢行。上手投げに決めて連敗を2で止めた。

平幕で勝ち放しだった隠岐の海と旭天鵬が今場所初黒星。全勝は白鵬と鶴竜の横綱2人だけとなった。


眠れる大器栃乃若、幕尻一歩前の東15枚目で1勝4敗と苦戦中。今日の中継でも「もっと上手からガバッと取って勝負すればいいのに」といつもの話題に。正面解説の北の富士さんは向正面の竹縄親方(栃乃若の部屋付き親方)に「栃乃若は腕力に自信がないんじゃないの」と振ると、竹縄さん「そうです」とのお答え。「だから双差しにこだわるんだろうねえ。でもそれならなおさら上手を取っていかないと」というのが元横綱の結論だった。

なるほど確かに上手から勝負する力士は怪力のイメージが強い。しかし非力ならばなおさら、相手のカイナを殺すために上手を浅く取るべし…ということだろうか。この辺りの話はもう少し聞きたかったが、これ以上は膨らまずに終わってしまった。

初日か二日目の中継で、栃乃若は最近稽古場で右で上手を引く練習をしているとの話があった。本場所の土俵では相変わらずの双差し狙いに見えるのだが。
プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。