スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妙義龍が初CM、ぶっ飛びぃー


妙義龍がテレビのCMに出ているらしい。

妙義龍が初CM 大関への足掛かりへ発奮材料ニッカン

大関候補の小結妙義龍(28=境川)がテレビCMに初出演することが3月31日、分かった。サントリーから発売中の「伊右衛門 特茶」のアピール役として起用され、2月中に撮影も終了。近日中に放送が始まる。春場所で8勝を挙げ、夏場所(5月10日初日、両国国技館)では4場所ぶりの関脇復帰が濃厚。大関への足掛かりへ、新CMを発奮材料にする。

 速攻の押し相撲で技能賞を5度受賞している技能男が、これからは“お茶の間”にも頻繁に登場しそうだ。女優宮沢りえらを起用して好評の「伊右衛門 特茶」は、体脂肪低減を補助する特長がある。妙義龍は力士の中でも体脂肪率22%台と低く、体重153キロのうち筋肉量が110キロ。角界のムキムキ男にとっては適任のCMで、説得力もありそうだ。(後略)


映像はこちら、リンク先「広告紹介」の一番左。
宮沢りえって色っぽくなったんだなあ(←そこじゃない)。


本題は妙義龍、この人の仕切りの格好が私は好きで。
腰を深く割って鍛え上げた大胸筋をグッと反らし、相手を睥睨する姿が好もしい。
横から見るとひらがなの「ん」の字に見えるが、こういう形になる人ってあまりいない。

一時期は大関候補の呼び声も高かったが、最近は照ノ富士、逸ノ城の存在でちょっと影が薄くなってしまった。
ぜひ奮起を、と思うが。
この人が大関になっても、また弱い日本人大関が増えるばかりじゃないかと考えてしまうのはなぜだ。
スポンサーサイト

だいがくせい なりました

いぜんスクラップした記事の続報、というか。

鳴戸親方が学生に 日体大入学式で沙羅らと記念撮影ニッカン

大相撲の元大関琴欧洲の鳴戸親方(32、本名・安藤カロヤン)が3日、東京・世田谷区の日体大で行われた入学式に出席した。

鳴戸親方は、02年10月の角界入りする前に、母国ブルガリアの国立体育大学に2年間、通学していた。単位も取得しており、これを日体大が確認。体育学部武道学科の3年生として、編入学の措置がとられ、晴れて「大学生」になった。

日体大では、科学的なトレーニング理論の習得に意欲を示している。入学式では、新入学生へのエールを送り「最先端のコーチ論を学びたいと思い、編入学を決意しました。皆さんも充実した学生生活を送りましょう」とあいさつ。体操の白井健三、昨年入学したスキージャンプの高梨沙羅らと記念写真に収まり、満面に笑みを浮かべながら、異例の「学生親方」としてのスタートを切った。


最近引退した親方の中で、NHKの解説に呼ばれ一番頭の良さを感じさせたのがこの人。
たった今おこなわれた目の前の取組やそのポイントを、瞬時に言語化してしまう。
しかも当人にとってはそれが外国語なわけで、凄いな、と感心しながら見ていた。

ただ頭が良すぎて、むやみに考え込んでしまう癖があるのだろう。
現役時代は、前に出て投げや叩きで一度負けた相手には、悪いイメージが先走りしてか、
腰の引けた相撲になる傾向が強かった。
すると上体が下がるから、逆に叩きを食いやすくなる。
ならばと慎重に行けば、見透かした相手にいっぺんに持っていかれる。

あまり深く考えず、自分のスタイルに徹すればそれで良かったのだが。
相手の出方を意識しすぎて、要らぬ苦労を背負ってしまう。
大関琴欧州はそんな人だったように思う。

この辺りの過剰に知的な面が、今後どう働くのか。
細部まで目の届く優秀な親方になるのか、
あるいは神経質なケアで弟子を潰してしまうのか。
恐らく独立して部屋を興すのだろうが、5年後10年後が見ものである。

それにしても散々ごねた先代の鳴戸夫人は、結局指導料を琴欧洲から貰ったのだろうか…?
プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。