スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稽古総見もろもろ

今日(というか昨日か)は稽古総見。
大相撲ニュースも久々に賑やか。

白鵬が豊真将に不覚も13勝1敗(ニッカン)

大相撲初場所(来年1月9日初日、両国国技館)の横綱審議委員会けいこ総見が23日、東京・両国国技館で行われた。6連覇を狙う横綱白鵬(25=宮城野)は全14番で13勝1敗だった。11月の九州場所で敗れた関脇稀勢の里に2連勝して勢いに乗ると、豊響、若荒雄、琴奨菊を退け7連勝。さらに九州場所では14勝1敗で優勝決定戦を行った東前頭筆頭の豊ノ島に2連勝し、玉鷲は蹴返しで破るなど技の豊富さも見せつけた。最後に、東前頭4枚目の豊真将にこそ不覚を取ったが、直後に2連勝。敗れた1番以外は危なげない、貫禄(かんろく)十分の内容だった。「いい汗を流せた。これから初場所まで、まだ日がある。焦らずマイペースで調整していきたい」と振り返った。


おおっ、唯一横綱に土をつけたのが豊真将とは素晴らしい。
どんな相撲だったのか、といえば。

唯一の金星は豊真将「ああいうのを目指していた」(スポニチ)

横綱・白鵬をただ一人破ったのが豊真将だった。横綱から名指しで土俵に呼ばれると、鋭い踏み込みから力強く寄り切った。「下からおっつけて押す、そして前に出る。先場所もああいうのを目指していた」と、イメージ通りの取り口に納得の表情を浮かべた。

先場所はあっさりとはたき込まれたが、東前頭4枚目の初場所も対戦する可能性はある。「まだ本格的な申し合いをしていないんで、これからですね」と気合を入れた。


先場所の相撲もイメージは伝わったが、
白鵬の引き足についていけずバッタリ前に落ちたんであった。
まあ申し合いの流れの中で白鵬の気の緩みもあったろうし、
あと二番は負けたということでニワカには喜べないが、まずは良いニュース。

気になるのはこの人。

モンゴルで右足治療中 無断欠席の日馬富士に注意(スポニチ)

右足首の負傷で先場所を途中休場し、来年1月の初場所では初のかど番となる大関日馬富士(26)が23日、両国国技館での横綱審議委員会(横審)による稽古総見を日本相撲協会に連絡せずに欠席した。二所ノ関生活指導部長(元関脇金剛)は、師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)に本人に注意するように伝えた。

日馬富士はけがの治療のため、10日から故郷のモンゴルに滞在中。相撲協会に海外渡航届は提出しており、30日に日本へ戻る。同協会の放駒理事長(元大関魁傑)は無断欠席に「(渡航)届けを出したから報告の必要はないと判断したのだろう」との見解を示した。

ただ番付発表後も日本を離れていることについて、放駒理事長は「できれば帰ってきてほしかった。年明けから稽古をしても10日もない。大丈夫なのか」と話した


九州場所開け早々、11月の半ばに足首を負傷し、全治6週間の診断が出ていた日馬富士。
いずれにせよ年内一杯まともな稽古も出来ないことは分かっていたので、
今更見る側が気にやむことではないのだけれど。
場所を通じて調子を上げていくしかないのだろう。


スポンサーサイト

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。