スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パイルドライバー

高見盛、父兄とガチンコ勝負…小学校のイベント参加(報知)

大相撲が八百長問題で揺れる中、人気力士の幕内・高見盛が19日、東京都渋谷区の小学校で開催された親子の触れ合いイベントに参加し、児童や保護者と相撲を取るなどして約180人の参加者を喜ばせた。

ひときわ沸かせたのが、児童の父親たちと取った場面。さほど手加減せず、豪快に抱えたり、投げ飛ばしたりした。高見盛は「こういうときだからこそ、あえてガチンコ(真剣勝負の意)を見せた。関取の体を感じてほしかった」と説明した。

日本相撲協会は春場所を中止したが、社会貢献活動などは奨励。34歳のベテランは「今、自分のできることを一生懸命やるだけ」と言葉に力を込めた。師匠の東関親方(元幕内・潮丸)も「相撲協会にとってもいいこと。今後もできるだけやっていきたい」と話した。


リンク先の写真を見ると、父兄の脳天を今にもマットに叩きつけそうな高見盛。
素人さんにケガをさせてはいけません(笑)。

近頃はちょっと影をひそめつつあるが、
自慢の背筋力で相手を豪快に振りまわす取り口のこの人らしいサービス。
これなら協会がつぶれてもプロレスで喰っていける。
いやそれは冗談。頑張れ高見盛!…

スポンサーサイト

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。