スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「史上空前のガチンコ場所」って結局いつも通りの五日目

今日で序盤戦もおしまい。
場所が始まる前後にはゴシップ系のメディアにこんな記事が散見されたが、

大相撲・技量審査場所「最強の“ガチンコ力士”は誰?」(リアルライブ)

大相撲の八百長問題を受け、本場所再開への「みそぎ場所」と位置づけられるテレビ中継・入場料・天王賜杯・懸賞金など「ないない尽くし」の大相撲・技量審査場所が8日から両国国技館で行われている。
(中略)
「2日目を終えて、早くも横綱・白鵬、大関・把瑠都の横綱・大関に土がついた。“ガチンコ力士”として期待されている稀勢の里、豊ノ島は気負いすぎているからか身体が動いていない。白鵬の優勝は堅そうだが、史上空前の“ガチンコ場所”だけに、今場所の結果が現在の実力とおもっていいだろう」(元力士)


蓋を開けてみればいつもと全然変わりない。
警察の尻馬にのって有ること無いこと大騒ぎした人たちは、
この自らがいう「ガチンコ場所」の現状をどう受けとめるのだろう。
そもそも二日目終えたところで白鵬も把瑠都も土などついていないし。

もちろん、今回のメール問題で処分された力士以外に八百長なんてないっ、
とは正直相撲ファンとしても言い切れない。
昔から噂はあったことだし、OBで告発した人もいたし、今も幾らかはあるのだろう。
しかしメディアがヒステリックに叩くような、
あれもこれも皆八百長力士という決め付けは毎場所中継を見るものには信じがたい話だ。
で、五日目。


○鶴竜<小結3-2>(おしたおし)豊ノ島<小結0-5>●

連日横綱大関相手とはいえ、あまりに元気の無い豊ノ島。
昨年九州の大活躍が嘘のよう。

今日も立ち合い、いつものごとく胸から当たって二本差しをねらう。
しかし鶴竜、これを挟みつけるように両前ミツを取って出る。
窮屈になった豊ノ島は振りほどいていなすが、すでに土俵際。
鶴竜がつっかけると横に動くでもなく、簡単に土俵を割る。

今場所の豊ノ島は立ち合いに威力が無いし、
得意の横への動きも何やらモタモタとして切れが無い。
どこか悪いのだろうか。


●豊真将<前二1-4>(よりきり)魁皇<大関4-1>○

豊真将は連日上位を相手にここまで1勝3敗。
横綱大関戦のシメとなる今日勝っておけば、
今場所の勝ち越し、来場所の新三役もだいぶ近づくのだが。

立ち合い豊真将自ら(?)魁皇得意の左差しに組み付く。
右の上手は浅いところをもって魁皇の差し手を封じるものの、
差した左は魁皇お得意の右からの抱え込みでがっちりクラッチされてしまう。
もはや為すすべ無し。
あとは魁皇右から振って左をこじ入れノシノシ寄り切り。

どうしてああも無策に出たか豊真将。
しかし立ち合い魁皇が右から張っていたような気もする。
今回はストリーミング放送で録画できないのでよく分からない…
だとすれば大関の右腰に喰らいついていこうとしたのを、
張り手で阻まれたということかも知れない。

何にせよこれで序盤は1勝4敗で終えた豊真将。
残り十日間最低でも7勝3敗で行かねば勝ち越せなくなってしまった。
関脇以下を相手にもう3敗しかできないのだ。これは大変だ。
先は厳しいが頑張れ豊真将。
稀勢の里も豊ノ島も今場所はきっと三役から落ちそうだから
チャンスは十分あるぞ。


●琴欧州<大関1-4>(つきおとし)豪栄道<前一4-1>○

豊真将同様今日が横綱大関戦シメとなる豪栄道。
豊真将と違ってこちらは横綱以外に皆勝っている。
相手は不振の大関、仕切りのときから負のオーラが漂う。

立ち合い、豪栄道を中に入れたくない琴欧州は長いリーチの突っ張りを選択。
これが上手くいって豪栄道なかなかまわしが取れない。
しかし出足がバタバタ、俵をつたって逃げる相手を捕らえ切れない。
豪栄道の突き落としに土俵下へ。

豪栄道はこれで四大関総ナメの快挙。

動きよく大関総なめ=豪栄道、成長実感(時事)

豪栄道は腰高のまま出てくる琴欧洲を見透かすように、動いて動いて土俵を一周。最後はタイミングよく突き落とした。「動けている」。連日のように口にする手応えが、関脇以下では昨年春場所の把瑠都以来となる4大関全員からの白星につながり、「うれしいです」と一瞬、頬を緩めた。
 
春場所が中止になった期間は普段の稽古に加え、下半身を中心とした筋力トレーニングに励んだ。初場所前から体重は5キロ減ったが「無駄なところが落ち、筋肉は間違いなく付いた。すり足をしても速くなったと感じる」。もともと定評があったスピードに磨きがかかった。

 
これまで上手さはあっても非力な印象の強かった豪栄道。
なるほど自分の課題をきちっとこなしていたのだな。
努力は裏切らない。


序盤五日間を終えて、
全勝が白鵬、豊響、新入幕の魁聖
一敗が魁皇、把瑠都、琴奨菊、豪栄道、ほか平幕二人
いつもとちっとも変わりのない「ガチンコ場所」だ。
スポンサーサイト

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。