スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鶴竜の器用さや豊真将の不器用さに複雑な思いの九日目

もう九日目。
どうも今場所は日の経つのが速く感じられる。
やはり一場所空いて見る側として相撲に飢えていたのだろうか。


●栃煌山<前二2-7>(はたきこみ)稀勢の里<関脇4-5>○

期待は大きいがなかなか応えられない二人。
今場所はそろって調子を落としているが、
今日の相撲内容もそれを象徴するようなものに。

立ち合い栃煌山二本はいって得意の型。
稀勢の里腰が高くずるずる後退しながらも、
土俵際左から突き落とすと、栃煌山バッタリ。
しかし稀勢の里の足も俵を割っており、同体の判定。

取り直しの一番。
今度は稀勢の里先手をとって突っ張っていく。
栃煌山土俵際で何とかこらえ、二本さして頭をつけようとした瞬間
稀勢の里のはたきにこらえきれず再びバッタリ。

稀勢の里の腰高、強引な突き落とし、
栃煌山の足の揃うクセ、
両者が悪いところを存分に出し合った取組であった(しかも二番も)。
ふたりともホープであるだけに、余計そうした点が眼につくのだろうけど。


○琴奨菊<関脇7-2>(おしだし)豊真将<前二2-7>●

昨日は得意の前傾姿勢が見られ、ようやく2勝目をあげた豊真将。
これを契機に少しでも調子が上がれば、と見るものは思うのだが。

立ち合いやっぱり元気のない豊真将。
低く当たりはしたものの完全に圧力で劣り、
相手得意の左差しをゆるすとおっつける間もなく簡単に土俵を割る。

昨日は立ち合いのモデルチェンジかなとか書いたが、
やっぱり調子が悪いのだろう。
それにしても今場所は毎日同じ様な格好で負けている。
連日違う相手と戦っているのに、
全部同じVTRを見ているような気すらしてきた。
調子が悪いなら悪いなりに、
九州場所で把瑠都相手にトライしたように普段より後ろで仕切るとか、
たまには変化もやってみるとか、
小手先でもいいから貪欲に勝ちを拾いにいく姿勢があっても
別に悪くはないと思うのだけど。
親方が元寺尾の錣山さんだけに、
ケレンな真似は叱られるのかもしれないが…
まあこれが豊真将なのかなあ。


○鶴竜<小結6-3>(おしだし)魁皇<大関6-3>●

その点豊真将とは対照的に、取り口に柔軟性のある鶴竜。
組んでよし、離れてよし、時には変化もあるから
相手としては何をしてくるか分からない怖さがある。
同じ一門で二人は仲もいいと聞くので、
この人のクレバーな部分を豊真将も吸収して欲しいところ。

立ち合い鶴竜、魁皇対策の定石通り右の上手を取りにいく。
しかし魁皇突き放してこれを切ると、
鶴竜も突いて応戦しノドワもまじえながら前進。
魁皇腕をたぐろうとすると、
無理に追い込まず突き手で距離を取りながらちょっと足を止め、
機をみておしだし。

鶴竜という人は立ち合いのバリエーションも豊富で、
かつ勝負がはじまってからも流れに対してしなやかに即応できる力がある。
比して日本人の若手というのはどうもみな不器用というか、柔軟性がないというか、
なかなかこういうタイプがいない。

考えてみれば、日本人の力士というのは多くが
子供のころから近所のクラブや中高の部活動などで相撲を学び角界入りしている。
言ってみれば相撲一辺倒の少年時代を過ごしてきた人たち。
一方でモンゴルの力士は様々なスポーツを経験している人が多い。
特に白鵬や鶴竜は子供時代バスケットに打ち込んでいたとか。
サッカーでもバスケット経験者は1対1の駆け引きがうまいらしい。
どうもこの辺りも関わってくるのかな。


九日目を終えて、全勝が白鵬と魁聖、1敗が把瑠都と栃ノ心。
いつものことだが、みな外国人力士。
世のバッシングを受けている大相撲だが、
もちろん直接の原因は暴力賭博八百長であっても、
根本にあるのは国技を称しながら日本人が活躍できずにいることへの人々の不満であろう。

それこそ週刊誌やネット上で面白おかしく書かれる様に、
協会主導でシナリオでも書いて、稀勢の里を横綱にできればいいのだろうけど。

スポンサーサイト

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。