スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白鵬キラー復活の十三日目

今日の中継、解説は出島の大鳴戸親方。
稀勢の里、琴奨菊の関脇対決で二人についてコメントを求められると
「うーん、ちょっと期待が大きすぎるのかな」といささか同情気味の答え。
確かに今の日本人の大関候補が受けるプレッシャーは、
いささか実力を無視した点もあるかもしれない。
しかし三十八歳の長老が満身創痍で砦を守る中、
見る者のボルテージはわずかなきっかけで容易に上がってしまう。
とりあえず一人だけでも抜け出てくれれば、
この過剰なプレッシャーも無くなって
みな伸び伸び取れるようになるのかと思うが。



●豊真将<前二2-11>(よりきり)栃煌山<前二3-10>○

そんなプレッシャーをもろに受けている感のある栃煌山。
今日の相手は私のひいきする豊真将。
お互い星が上がらず2勝10敗同士の対戦。
現段階での幕内ワースト決定戦である。
豊真将は四日目、八日目と中抜けするように白星だが、
栃煌山のほうは初日二日目と大関を連破して以後、えんえん連敗が続いている。
場所前はかなり調子がいいという話であったし、どこか傷めている様子もない。
この不振は多分にメンタルの問題なのだろうな。

立ち合い栃煌山得意の二本ざしから一気に出る。
豊真将なすすべなし。二行で書けちゃう取組。

実は対戦成績が今日も勘定にいれれば栃煌山の11勝2敗。
豊真将にとっては不振と苦手意識がいっぺんに降りかかったような勝負になった。
これで星は2勝11敗。
幕ではもっとも成績の悪い力士になってしまった。
カメラの少ないストリーミング放送では普段の中継で見られる
花道をさがる姿が出ないので分からないが、
どんな顔して毎日の土俵をあとにしているのやら。


●把瑠都<大関10-3>(うわてなげ)栃ノ心<前六11-2>○

琴欧州の休場で終盤の大関相手に抜擢された平幕六枚目の栃ノ心。
右四つがっぷりで力相撲をとる力士だけに、
同じ力相撲でパワーに勝る把瑠都にはこれまで七戦全敗。
普段と違うスタイルで臨まなければならないが、どう行くか。

立ち合い栃ノ心左へかわって上手を取り、頭を付ける。
把瑠都右下手をこじ入れながら左上手に再三手を伸ばすが、
栃ノ心これを意地でも与えず、あとはひたすら我慢。
あせる把瑠都、首を巻きながら強引な下手投げを打ってでたが、
これを待っていた栃ノ心、上手から掛け投げ気味に返し把瑠都に初勝利。

目をみはるような栃ノ心の技量相撲。
誰に対しても左四つがっぷりのパワーファイターだった人が、
相手にあわせてこうした相撲が取れるようになってきた。
相撲がうまくなった栃ノ心。
上位に返り咲く来場所以降、楽しみだ。


●白鵬<横綱12-1>(よりきり)日馬富士<大関8-5>○

本日のベストバウト。
白鵬が横綱に昇進して以来、昨年の初場所までは
16戦して7勝と白鵬キラーの第一人者であった日馬富士。
それがこの一年は膝の不調もあって全く勝てずにいた。
キラーの座を稀勢の里にゆずりかけたかに思われたが。

立ち合い日馬富士下から突き刺さりよい当たり。
左おっつけ右のどわで白鵬を止めると、
左の上手をとって電光石火の出し投げ。
白鵬大きく土俵際へ泳ぎ、あとはむしゃぶりつくように寄り切った。

日馬富士のあざやかな勝利。
今場所はいい時と悪い時が両極端だったが、
いい時は全盛期のするどい立ち合いが戻ってはきていた。
しかしここ一年の流れを見る限り、
ちょっと勝つのは難しいかと思っていたのだが、
まさかのサプライズであった。

白鵬、気持ちに乱れ? 日馬の一気の攻め許す(産経)

国技館が揺れたのは、結びの一番の仕切り制限時間いっぱいで、両力士が最後の塩をまいたころだった。茨城県南部を震源とする地震で東京は震度2を記録。ざわめく観衆に「何があったのかなと、一瞬思った」と白鵬。対する日馬富士は「気合を入れてるから感じなかった」。

集中力の差が出たか。立ち合い鋭く当たり、すぐに左上手を取った日馬富士は、出し投げ気味に振り回し横綱の背後に。白鵬が反転する間に懐に入り込み、寄り切った。

昨年初場所以来となる白鵬戦での白星に、「久しぶりに勝って気分が良い」と大関。「自分の立ち合いだけしっかりできたら勝つ可能性が高いと思っていた」と、勝負のポイントを振り返る。
(中略)
「気持ちが空回りした」と白鵬。「勝負は甘くないってことだな」と自らを戒める。2敗が栃ノ心1人になり、14日目にも7連覇が決まる有利な状況に変わりないが、表情に覇気はない。


どうやらこの時関東では地震があったらしい。
新潟でうすぐらい画面のネット中継を見ていた私には、
客席の変化も含めてちっとも分からなかったのだが。


白鵬が明日把瑠都に勝ち、栃ノ心が琴奨菊に敗れると白鵬の優勝が決まる。
まともに四つに組んでしまっては把瑠都に勝ち目もない。
上手く突いて左でも入ればちょっと面白いかな、とは思うが、
だいぶ難しいだろう。

スポンサーサイト

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。