スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

把瑠都はどうすれば白鵬に勝てるのだろう十四日目

●豊真将<前二2-12>(おしだし)翔天浪<前八4-10>○

豊真将に関してはもう体がどこか悪いのはよく分かるので、
残りの相撲はケガさえしなければいいや、と開き直ってみている積りだ。
しかし実際土俵に現れると欲が出る。
一昨日は北太樹、昨日は栃煌山と不振の者同士で割りを組まれる中、
今日あたりはひょっとして勝てるかな、とつい期待をしてしまう。
連日見事に裏切られる。
今日の相手も3勝10敗と調子が悪い。
これはいけるんじゃね、と無駄な希望を持つが。

立ち合い豊真将低いが翔天浪に突き起される。
のけぞって土俵際、引きにいって逆に呼び込み押し出される。

また負けた。
徐々に豊真将の敗れっぷりを見るのが楽しくなってきた気もする。
応援する者をM体質にしていく力がこの人にはあるのかも知れない。


●琴奨菊<関脇9-4>(よりきり)栃ノ心<前六12-2>○

先場所関脇で11勝、今場所も同じ地位で二桁勝っておかないと、
来場所の大関取りが難しくなる琴奨菊。
残り二日勝負だが。

立ち合い栃ノ心左に変わって上手を取る。
右もさしてカイナを返し寄って出て、
琴奨菊が残すところ上手投げで崩し寄り切る。

琴奨菊まったくいいところ無し。
立ち合いに変わられると、
出足が命だけになかなか対応できない。

日本人の大関候補が皆繊細で容易にプレッシャーにつぶれる印象を受ける中、
この人だけはどうも図太いというか、何も考えていないと云うか、
そんなイメージがある。
メンタル面では一歩リードしている気がするのだが。
相撲はあと一歩なのかな。


○白鵬<横綱13-1>(よりきり)把瑠都<大関10-4>●

把瑠都立ち合い左を固め白鵬の右差しを許さず、
さらに左をこじ入れる。
しかし白鵬右前ミツを浅く引いて頭を付け密着。
把瑠都の差し手を殺す。
左は深く差して返し、有利な格好。
白鵬出るところ把瑠都肩越しに右上手をとってこらえる。
白鵬強引な左外掛けをうつが把瑠都崩れず。
それではと左から投げで崩して右を巻きかえ両差しに。
最後は吊り寄りで決めた。

把瑠都の左が入れば多少は何か起るかと思っていたが、
ただ入れただけでは白鵬にその手を殺され、
かつじわじわと反対の手から料理されてしまう。
どうしたものかな。


十四日目終えて白鵬と栃ノ心が一差。
明日は白鵬が負けて栃ノ心が勝った場合のみ決定戦。
それぞれ相手は魁皇、日馬富士で、白鵬の優勝は固い。
結局いつもと同じ結末で面白みはないが、
初のガチンコ場所などという妙な疑惑を晴らす意味では
喜ぶべきだろう。
スポンサーサイト

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。