スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なるか年寄株改革

年寄株、協会買い取りの可能性も(ニッカン)

日本相撲協会は5月31日、東京・両国国技館で臨時の理事会と評議員会を開き、公益財団法人認定に向けた組織改革の工程表を作成した。一両日中にも放駒理事長(元大関魁傑)が文部科学省に提出し、八百長問題への対応を報告した上で、7月に予定されている名古屋場所の通常開催の了承を得る見込み。

工程表は、本場所を再開するにあたって、文科省が提出を求めている。

この日、工程表の内容は公開されなかったが、評議員会出席者によると約10ページで構成され、「ガバナンスの整備に関する独立委員会」の答申を反映させたという。高額での売買が問題視されている年寄名跡については、相撲協会が買い取る可能性も示唆。外部理事を半数以上に増員する件などについては具体的な期限の目標を記した。

放駒理事長は「工程表は、これに向けてやりましょうということだ。(名古屋場所の開催は)一日も早く決めなきゃいけない気持ちだが、まずは(文科省への)報告が先だ」と話した。


「ガバナンスの整備に関する独立委員会」の答申、というのはこちら

年寄名跡の買取が実現するとすれば、
億単位で取引されてきた物を
現所有者から協会が買い叩くような形になるのだろうか。
相当な痛みを伴うことになる。

しかしこの逆風下、親方衆にとっては受け入れなければ協会そのものが危うい。
残るべき人が相撲界に残れるよう、
ファンとしては親方衆の英断を祈るしかないのだが。

…残酷な話だけれども。
スポンサーサイト

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。