スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大相撲名古屋場所五日目

●岩木山(うわてなげ)琴光喜○

今日一番の熱戦。
光喜立ち合い左で張って右を差す。
右四つの体勢。
光喜、岩木山の下手をしきりに切るがその度取り直される。
いつものように頭をつけることも出来ず。
岩木山左をおっつけて向正面に寄り立てる。
光喜土俵際、体を開いて左から上手投げ。
岩木山は渡し込もうとするが叶わず。

あまり誉められた相撲ではなかったが、
琴光喜はこれで5連勝。
同部屋大関の琴欧州も同じく5連勝。
千代大海、魁皇は仕方ないにしても、
この辺りの大関が元気なのは嬉しい。
優勝争いにもからんでくれないかな。

とも思うが結局は白鵬が優勝してしまうんだろうか。


○白鵬(よりきり)旭天鵬●

立ち会って左の上手を簡単に取り簡単に寄り切り。
土俵際すっと腰を沈めて土俵を割った相手からぱっと手を放す。
もう単なる勝ち負けを超えて、
いかに美しく勝つか、という次元にいる感じ。
小憎らしいというか何というか。


●日馬富士(はたきこみ)阿覧○

日馬、立ち合い鋭く当って突き起こし一発で土俵際まで持ってゆくが、
二発目勝ち急いで頭から突っ込んだところをあっさりはたかれる。
序盤戦で小結、平幕相手に2敗ということで
横綱昇進の道は絶たれたもよう…

とメディアは書いているが、
大関に上がって8勝、10勝、13勝と来てようやく4場所目、
の人にそこまで期待するのがそもそもどうかと思う。
それほど体格に恵まれているわけでもないのだし。
スポンサーサイト

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。