スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白鵬の8連覇ねぇ…

来る名古屋場所の見所として取りざたされる横綱白鵬の8連覇。
しかしこう言っては何だがあまり需要のない記録に思える。
達成された所で見る側のしらけが増すばかりではなかろうか。

ますます品格力量抜群となってゆく白鵬。
先場所のシメには繁華街での短パン姿を写真誌にすっぱ抜かれるケチもついたが、
このダメージも打ち消すべく賢明に取り組んでいる様子。
先月末の記事。

白鵬が“栄断ち”で史上初8連覇宣言(デイリー)

横綱白鵬(26)=宮城野=が、外出自粛で史上初の8連覇を目指す。白鵬は29日、名古屋市内で行われたトークイベントに出席し、夜間の外出を制限することを明言した。栄を中心とした夜の繁華街の誘惑を断ち切り、酒を遠ざけることでコンディションを維持。万全の状態で前人未到の8連覇の偉業達成に臨む。

自信が揺らぐことはなかった。「名古屋場所は平幕優勝が多い。それは上の力士が飲みにいくから。暑い名古屋と闘いながらやっていく」。白鵬は史上初の8連覇へ自ら外出自粛を課し、「いつも通りやれば(優勝は)間違いない」と語気を強めた。

今場所は、今年初場所以来3場所ぶりの本場所となる。土俵内容はもちろんのこと、私生活でも規律を乱すことは許されない。特に夜の繁華街は世間の目が集まる場所でもある。角界の長である白鵬が模範とならなければならない。コンディション調整に加え、自ら先頭に立って角界の規律を律する。


ご立派、ではある。
しかし問題なのは
世間の大相撲叩きはいくら白鵬をはじめとする力士たちが
品行方正になったところで、やみそうにない点だろう。

表面的に問題視されているのは、
力士や親方衆の賭博や八百長といった悪行である。
しかしこれをネタとして人々をバッシングに駆り立てているのは、
朝青龍、あるいはそのあとを継いだ白鵬といった、
同じ外国人力士がいつまでも賜杯を独占し続けることへの倦怠感だ。

相撲ファンでさえ一人勝ちの現状にはいささか辟易している。
そうでない人々にとっては猶更だと思う。

白鵬は国技大相撲の顔として、
土俵下での行ないを正し、
土俵上ではあいかわらず無類の強さを示す。
それは建前上は横綱の責任を果たしていると言える。
しかし一方では、相撲を普段さほど見ない層に対し、
「さいきんの相撲はつまらん」という燃料を投下するばかりだ。
それがまた新たなスキャンダルをほじくり出し、
群がって大騒ぎする原動力となる。

周囲が追いついてくれれば何も問題はないのだけれど。
その気配も容易には見えてこないのが悩ましい。


おまけ



歌そのものはイマイチだけど…大至の美声は聴き所かも。

スポンサーサイト

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。