スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マショーの新婚パワーも爆発する初日

いよいよ名古屋場所がはじまった。
番付は人の入れ替えが激しく、上位下位ともにフレッシュな顔ぶれが揃う。
NHKの中継はその新鮮味をうたうような調子だったが、
裏ではクビを切られた大量の力士たちの存在があったわけで、
何とも複雑な気分の初日。


○豊真将<前九>(よりきり)朝赤龍<前九>●

平幕でエレベーターを繰り返しながら
進歩がない徐々に力をつけている(とおもいたい)豊真将。
昨年9月からは4場所にわたって上位に踏みとどまり、
これは三役も夢ではないかと思いきや、先場所は3勝12敗と大負けに負けて
今場所は久々、下位からの出直し。

先場所の不調は序盤の魁皇戦でヒジを痛めたのが原因らしい。
そのあたりの復調ぶりも気になるところだが。
相手は左四つの技巧派、朝赤龍。

立ち合い豊真将よい当たり、
右からしっかりおっつけて相手の差し手を許さず、そのまま上手を取って前進。
朝赤龍あわてて右から上手に手をのばすが、
すかさず豊真将左へ体を開き首をおさえ上手から出し投げ、
これは残されたが豊真将、すかさず左をさしてカイナを返し、右は上手で強烈な引きつけ、
寄りたてれば朝赤龍もはや棒立ち、やけっぱちで首投げを打つが逆に腰ががら空き、
豊真将そこに喰らいつくように寄りきり。

マショー完勝。先場所の不調が嘘のような充実の一番。
もはやケガの影響はないのであろう。
この調子で今場所は二ケタ勝利、上位復帰を願いたい。
さらにはこんなニュースも。

豊真将4月に入籍していた、12月パパに(デイリー)

大相撲の幕内豊真将(錣山)が、名古屋場所初日の10日、結婚していたことを発表した。師匠の錣山親方(元関脇寺尾)が愛知県体育館で会見し、「本人の(30歳の)誕生日の4月16日に籍を入れました」と報告。お相手は名古屋市出身の家事手伝い、梨愛(りえ)さんで、昨年末から交際を始めた。梨愛さんは現在妊娠しており、12月に出産予定だという。錣山親方は「本人は『力を合わせて頑張りたい』と言っていた。これで一皮むけて、元気な相撲を取ってほしい」と期待を寄せた。


12月に出産予定で入籍が4月ということは十月十日で逆算すると…とか余計なこと考えてはいけない。
男らしいぞ豊真将、おめでとう。
そして嫁さんのために何としても三役昇進を果たすべし。


●琴奨菊<関脇>(よりきり)豊ノ島<前二>○

白鵬の八連覇とか魁皇の最多勝利とか、今場所の話題にはなっているけれど、
やはり何と言っても琴奨菊の大関取りがメイントピックであるはず。
どちらの記録も偉大ではあるが、逆に言えば新陳代謝の進まない現状の裏返し。
それを若手がぶち破ることこそ、この閉塞感の特効薬だと思う。

というわけで、琴奨菊には期待したいのだが。

左相四つの両者、過去は18-4と琴奨菊が圧倒。
立ち合いの威力に勝る琴奨菊が電車道で圧倒するパターンが多い。
ところがこの日、立ち合い勝ったのは豊ノ島、
あっさり左を深く差して返せば、琴奨菊おっつけもできず、
さらに豊ノ島右も入ってたちまち両差し、お株をうばうガブリ寄り、
琴奨菊なにもできずに完敗。

分のいい相手に油断したか、重圧に緊張したか、まあ両方だろう。

大関取りに挑む琴奨菊は、過去18勝4敗と相性の良かった豊ノ島に敗れ、初日からつまずいた。自身より10センチ背の低い相手に下から攻められ、腰が伸びた。同級生対決を制した豊ノ島は「ライバルと言われている意地ですね」とニヤリ。一方、琴奨菊は「すべてはメンタル。気持ちを作り直していきたい」と出直しを誓った。(毎日)


豊ノ島にも意地はある。
しかし日本人の若手は誰か一人抜け出そうになると、途端に足を引っ張り合う。
その間に外国人の若手が追い越してゆくというのが、もはやお決まりのパターンだ。
外野としては客のこと考えて負けてやってくれよと言いたくなるが、そうも行かない。
まずは琴奨菊の巻きなおしに期待。


○白鵬<横綱>(よりきり)栃ノ心<小結>●

これまでの右四つガップリ、上手からの力相撲に加えて、
頭をつける、横から攻めるなど新境地の萌芽も見えはじめた栃ノ心。
波乱とまではいかなくとも、少しはいいところを見せてほしいと期待したのだが。

立ち合い栃ノ心、左に変わりつつ上手をゲット、
それはよかったが横綱の踏み込みあまりに速く、逆に相手の右差しを呼び込む。
何とかしようと右の差し手を返して行くが、腰を割って寄りたてる白鵬にはまるで通じず。
逆に自分の上手を返され、相手の上手を許し、寄り切られてしまう。

なかなかやっぱり、この横綱には小細工では勝てない。いやはや。
立ち合いしっかり、上手は浅くとって白鵬の右を殺す。
まずそこから考えるべきなのだろう。


魁皇は嘉風に敗れ記録達成はお預け。
動きは鈍かったが、場所の中で調子を上げてくる人なので徐々に戻してくるだろう。

スポンサーサイト

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。