スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大相撲名古屋場所十四日目

しばらく更新をサボっているうちに
どんどん場所が進行してしまった。
あっというまにもう十四日目。

○栃煌山(うわてだしなげ)豪栄道●

13戦全敗の栃煌山と4勝9敗の豪栄道、
という一般からの期待の大きさにはまるで見合わぬ二人の対戦。

相撲内容も期待外れ。
立ち合い栃煌山あっさり右四つに食い止める。
豪栄道上手を取りに行く所、
栃煌山体を開いて出し投げ。
豪栄道は四つんばいに。
時間にして3秒程度か。
栃煌山はようやく初日が出た。

それぞれ地団駄を踏むような日々が続いているのだろう。
勝負のついた後、
勝った方も負けたほうも嬉しくも悲しくもなさそうだった。

二人にとっては大いに勉強となる場所だったはず。
これを糧にして、来年あたりは三役に定着していてほしい。
(大関とまでは言わない)


○魁皇(おくりだし)千代大海●

とかく星の回しあい等々を噂される大関陣のなか、
両者勝ち越しの懸かった時点でこのベテラン二人を対戦させる割。

立ち合い当然突いて出る千代大海。
魁皇は明らかに立ち遅れなのだが、さして同ぜず。
右から一、二度いなすと千代大海はあっさり後ろを向く。
そこを送り出し。

千代大海はこれで、
勝ち越しをかけて千秋楽、鶴竜と対戦することとなった。
どうなることやら。


●鶴竜(よりきり)琴光喜○

琴光喜立ち合い右を深く差し、左上手を浅く取る。
チャンスをうかがいながら左から出し投げで崩し、寄り立てる。
十八番のパターンが炸裂した琴光喜。


○白鵬(おくりだし)日馬富士●

日馬富士、立ち合いよく当って相手陣営に踏み込み、
一旦両差しになりかかる。
しかし白鵬下らず、落ちついて巻き変え、
逆に両差し。
慌てた日馬富士、右から首投げに行くがすっぽ抜け。
背中を向けたところ、白鵬が向正面に送り出す。

ちょっと日馬富士、力が入りすぎだったかという一番。
立ち合いはいいけど、あとはいいように料理されてしまった。
白鵬は一敗を守る。


○琴欧州(よりきり)朝青竜●

ケンカ四つの横綱に対し、
右四つの琴欧州は立ち合いから合わせて左四つに組む。
これで簡単に右の上手を取って出し投げで崩し寄り切った。
琴欧州は二敗を守り白鵬を追走。
スポンサーサイト

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。