スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊真将の半泣きも味わい深い十二日目

ここまで2敗と好調の豊真将、今日はやや苦手な阿覧と対戦。
おおよそ流れの中で相手のいなし、引きを喰らって敗れることが多い豊真将。
よく見て攻めていきたいところ。

●豊真将<前九9-3>(はたきこみ)阿覧<前六8-4>○

立ち合い豊真将低く当たりに行く…が、
阿覧いきなり左への変化、マショーバッタリ。

豊真将は起き上がりながら半泣きの表情。
見ているこちらは笑うしかありません。
今場所はもう二ケタ勝ってくれればそれでいいと、個人的には思っています。
残り三日、頑張れマショー。


昨日の白鵬の人情相撲で星をもらった大関取りの琴奨菊。
今日の相手は鶴竜。
こちらは先場所小結で12勝ですから、
今場所は最低二ケタ勝って、来場所の大関取りにつなげたいところ。

○琴奨菊<関脇10-2>(よりきり)鶴竜<関脇7-5>●

立ち合い琴奨菊当たり勝って前へ、
鶴竜は下がりながらも突いて応戦、右を差す。
琴奨菊も右を差すが、相手の四つ。
鶴竜が左を巻き変えに行くとその機に乗じて上手をとってガブり、
最後は外四つになったがすでに引き付け十分、
粘る鶴竜のうっちゃりをこらえながら寄り切った。

相手の四つでも圧力で構わずもっていけるのが琴奨菊の強み。
普段なら千秋楽辺りにあたる相手ですが、この日に早々終えたことで残りは平幕だけ。
残り三日を、まあ最低2勝1敗で終えれば大関は当確でしょう。
横綱に勝ったとあの相撲(笑)でみなすとすれば、
ひとつくらいの取りこぼしは問題ともならないはず。

それにしても魁皇の引退以来、
その分の声援が途端に琴奨菊に流れている観があります。
これまでシーンと静まり返っていた仕切りのときも、むやみと声が飛ぶ。
白鵬を昨日破ったことで、そのボルテージもさらに上がってきた様子。
そう考えればあの花相撲も良かったのかも知れませんが…
しかし、うーん、どうでしょう。


全勝の日馬富士は今日が大関初挑戦の大器魁聖が相手。

●魁聖<前五6-6>(うわてだしなげ)日馬富士<大関12-0>○

立ち合い魁聖頭からいってゴチンと鈍い音。
深く差してきた日馬富士の右を左からぐっと抱え込み、
得意の右をのぞかせる。
しかしさすがに日馬富士上手く、右の差し手を返しながら左の前ミツ浅いところをゲット、
魁聖の右を完璧に殺すと、差し手を抜いて左から振り回す。
魁聖腰をおとして必死で対応するが、最後は右の前ミツも取られ、
おがむような格好から出し投げを喰らう。

普段ルーキーを相手にすると吊り落とし、やぐら投げなど
あえて派手な技を繰り出す日馬富士。
今日は何をやるかとちょっと期待したのですが、
思いのほか慎重な取り口。
それだけ優勝への意識が高いということでしょうか。


白鵬は危なげなく隠岐の海を下して1敗を堅持。
日馬富士との一差は変わらず。





スポンサーサイト

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。