スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マワシも心もカチンコチンの琴奨菊が敗れる十三日目

○豊真将<前九10-3>(よりたおし)高安<前十一8-5>●

左四つの高安、立ち合い左をのぞかせたが豊真将これをおっつける。
苦しい高安この腕をぬいて右から小手投げを打つと、
豊真将右の上手をとって何とかこらえるが、同時に相手の左差しを許す。
高安この差し手を返してうまく豊真将の上手を切ると、
右から抱え込んでぐいぐい寄りたてる。
豊真将あわてて切られた右をねじこんで、
土俵際ギリギリでどうにか巻き変えに成功しモロ差し。
出てくる相手を左からすくってしのぐと、カウンターで対角線上に一気に走り逆襲。
すると土俵際、高安捨て身の右首投げ。
落ちるのはほとんど同時だったが、勢いもあってか物言いはなし。

これで二ケタ勝利の豊真将。来場所の上位再浮上が近づきました。
魁聖、栃乃若、高安と連日新鋭の挑戦を受けるなか、
何とか幕内の厳しさを示したい今場所。
実際には立ち合い一気に持っていかれたり、
勝っても薄氷の勝利であったりとなかなか辛い土俵が続きます。
明日もまたニューカマーの富士東。
格の違いをみせたいところですが、
相手も勝てば二ケタ勝利、三賞の芽も出てくる一番。果たして。


白鵬の好(?)アシストもあって、残り四日格下相手に1敗の猶予が許された琴奨菊。
今日の相手は左相四つのイケメン隠岐の海。

●琴奨菊<関脇10-3>(こてなげ)隠岐の海<前四7-6>○

立ち合い琴奨菊やや弱い。
互いに左下手を引いて上手をうかがう展開。
隠岐の海は左足をひいて上手を遠くし、いい構え。
琴奨菊これを破るべく、おっつけながら右の上手をねらうが
腰高で圧力もないので取れない。
仕方がないからいつものごとく、
左手一本で前に出ながら上手を取りに行くと土俵際、
隠岐の海が差し手をサッとぬいて右からの小手投げ。

隠岐の海が上手く取りましたし、
最後の小手投げはふところの深さも十分生かしていた。
しかし琴奨菊も腰高で、右のおっつけも甘さが目立ちました。
ちょっと固かったかな、と思っていたら。

琴奨菊、手痛い黒星 大関昇進は崖っぷちに(産経)

土俵下に控える琴欧洲は、同部屋の琴奨菊の異変に気づいていた。「カチンコチンだ。いつもの琴奨菊じゃない」

大関の慧眼通り、立ち合いで得意の左四つとなった琴奨菊だったが、懐の深い隠岐の海を相手に右上手を取れない。しっかり膝を曲げて重心を落とすことができていないまま、強引に前へ。そこを隠岐の海が右ですくいながらクルリと回ると、動きに引っ張られるように倒れ込んだ。

「力を出し切ったんで…。まあ、しゃあないスね」。支度部屋で淡々と口にした琴奨菊。しかしテレビで取組映像を確認すると「もうちょっとのとこッスね。もったいなーい」とはき出した。

「前に出なきゃ出なきゃと思ってたね」と焦りを指摘する師匠の佐渡ケ嶽親方(元関脇琴ノ若)は、「今日の一番で勉強になったと思う」。琴欧洲は「(ここからは)相手との戦いより、自分との戦い」と叱咤(しった)する。

「緊張がないといったらウソになるけど、それでも強いヤツは勝つからね」と琴奨菊。「人の評価より自分の評価。いい場所で終われたらそれだけでいい」と、努めて平常心を取り戻そうとした。


どうも写真だけみると焦りなどみじんもなさそうですが(笑)
取り口をみる限りは相当なプレッシャーがあった様子。

これでいよいよ負けたらおしまい、
白鵬の援助を無にして崖っぷちに追い込まれた大関取り。
残り三日間は平幕の好調力士が当てられる様子で、
明日は勝ち越しのかかるベテラン、左相四つの若の里との対戦。
過去は琴奨菊の5勝4敗とほぼ互角。
今日のような取り口では左をねじこまれて苦戦するやも。


稽古場では非常に強いとよく聞く琴欧洲。
本場所での不振はメンタル面によるところが大なのでしょう。
それだけに優勝争いの主役とはいかないまでも、
引っ掻き回すくらいの活躍はたまにあっていいのでは、と常々思うのですが。

○白鵬<横綱12-1>(したてなげ)琴欧洲<大関8-5>●

立ち合い琴欧洲当たり勝ち、左前ミツ浅い所をゲット。
しめた、と一気に出るところ、
横綱の引き足速く、捻じこんだ右からの下手投げ。
鮮やかなカロヤンダイブ。

琴欧洲は右の下手も引けていればよかったのでしょうが、
不十分な体勢で勝負をかけてしまった。
時間をかけては横綱にいいように取られると思ったか、
単なる気の焦りか、もったいない相撲でした。


日馬富士は立ち合いの変化でまわしを取って把瑠都を料理。
全勝をキープ。
明日は白鵬と直接対決で、勝てば優勝となります。

白鵬が琴奨菊に勝ちを譲ったのは
日馬富士を自ら下す自信があってのことだったでしょうし、
それが分かっている日馬富士は相当な気概で明日の勝負に臨むはず。
ちょっと楽しみな一戦です。
スポンサーサイト

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。