スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琴奨菊は来場所がんばろう、の十四日目

今日の解説は元栃東の玉ノ井親方。
現役時代は理詰めの相撲をとっていただけに
話が明快で非常に分かりやすい。

語句通りの「解説」という意味では
NHKの中継において一番レベルの高い人だと思います。
ユーモアやエンタメ性においては
専属解説者のほうに部がありますけど。
そんな十四日目。


すでに二ケタ勝利の豊真将。
この位置ではさすがに役不足と思われましたが、
連日新鋭を相手に勝ちはするもののややヒヤッとする場面もあり。
今日の相手も波に乗る新入幕力士とあって、やや不安ではありましたが。

○豊真将<前九11-3>(うわてなげ)富士東<前十五9-5>●

立ち合い豊真将当たり勝ったが、富士東の突っ張りに後退。
しかし土俵際、腰を落すと左四つに組みとめて右から逆転の上手投げ。

下がりはしたものの、全体に余裕のあった今日の勝負。
格の違いを見せつけた…とまではいきませんが、まあこんなもんでしょう。


そして大関取り崖っぷち。
もはや一つの負けも許されない状況となった琴奨菊。
今日の相手は元大関候補、三十五歳でいまだ金剛力の若の里。
左相四つの対戦。

●琴奨菊<関脇10-4>(すくいなげ)若の里<前五8-6>○

仕切りのあいだ琴奨菊は相当固い表情。
時間一杯になってもなかなか立てず。

けっきょく若の里のペースで立った琴奨菊。
当たり負けしたうえ右のおっつけも甘く、下がりながら左をぐいぐい差し込まれる。
左を差し返して何とかこらえ、互いに上手を引き合う格好に持ち込み、
右をおっつけながら前へ出るいつもの攻めを見せるが、
腰高でおっつけも甘く、さっぱり圧力がないようす。
一呼吸置いたところで土俵中央、
若の里が誘うように(?)右を巻きかえもろざしを狙う。
ここだしめたと琴奨菊、ガブッて前へ出るが上体起きて腰も高い。
若の里すかさず右足さっと引いて体を開き、左の差し手から渾身のすくい投げ。
琴奨菊見事にひっくりかえって4敗。今場所の大関取りは終幕。

昨日と同じ様にフワフワした寄り身で逆転された琴奨菊。
終盤にきて右がどうにも甘くなり、相手の差し手を十分に許し、
らしくない醜態をさらしてしまった印象。

仕切りの顔を見ていても、相当な重圧に苦しんでいた様子。
魁皇の引退を機に、日本人大関誕生を望む声が一気に襲いかかりました。
そう思うと魁皇は今場所やめずに、
休場にとどめてもらったほうがよかったのではないか…などと今更思ってみたり。
まあそんなことを考えても仕方ないのですが。

ただ琴奨菊の大関取りはこれで終ったわけではありません。
先場所10勝、今場所ももし明日勝って11勝まで星をのばせば、
来場所12勝で大関昇進、という道もまだある。

では明日の相手はだれかというと、私のひいきする豊真将。
個人的には困った。
しかし豊真将は今場所11番勝っても12番勝っても、
いずれにせよ来場所は平幕の筆頭あたりで大した違いはなさそうです。
となると琴奨菊を応援したい、軟弱な豊真将ファンです。


そして今場所のクライマックス。
琴奨菊に星をゆずっても日馬富士には勝てると踏んだ白鵬。
それを苦々しく土俵下で見つめていた日馬富士。
なめるんじゃねえと決戦の土俵。

●白鵬<横綱12-2>(よりきり)日馬富士<大関14-0>○

日馬富士すばやい立ち合いで、
左前ミツ浅く取って頭をつけ、差してきた白鵬の右を殺す。
さらに相手の右ひざをおさえ左から出し投げの連発で振り回すと、
白鵬腰を落としついていき、左からかかえこんで止めようとする。
しかし日馬、頭をつけたまま白鵬の右腰にひっつき差し手も返してこれを阻止、
横綱に半身を強いて優勢。
白鵬は苦しい右差し手を何とかしようと一旦これを抜き、日馬富士の寄りを誘う。
出てきた所でぐっとこじ入れるが、日馬そうはいかんと左の前ミツを死守。
白鵬とうとうじれて、窮屈な右から強引な下手投げ。
日馬富士これをこらえて左を前ミツから結び目あたりにスイッチ、
上手投げを打ち返し白鵬を泳がせ、最後は腰に喰らいついて寄り切った。

日馬富士の優勝が決定。
終始白鵬の右を殺し、左もとらせない完璧な技能相撲でした。
優勝インタビューでは目が真赤。
「大関なってから…ケガもありましたし…
でも後援会のみなさま、ファンのみなさまの
御期待に応えられる様、一生懸命頑張りました」
しばらくはケガが続いて成績も低迷していたため、
本人のなかでは忸怩たる思いがあったことを伺わせました。


で、気の早い話。
大関が優勝すれば来場所は当然、横綱昇進という話題が出るのでしょう。
しかし決して体のある力士ではありませんし、
上にいっても大分苦労するように思います。

魅せる相撲を取るだけに、
できれば大関として長く活躍してほしいのですが…
そう思うのは私だけ?
スポンサーサイト

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

タイヘイと申します。
日馬富士・琴奨菊・豊真将、来場所が楽しみですね。豊真将は私も常々
実年齢よりも力士年齢が若い力士だと(その根拠もきちんと示して)何度か
書いていますが、本当にまだまだ、これからが楽しみな力士ですね。
さて白鵬ー琴奨菊について、私も改めて見てみました。以下、個人的な見解を
書きます。まず巻きかえですが、これはやはり厳しかったと思いました。
巻きかえる時は、当然相手としては一気に寄るチャンスです。ある程度、腰に
余裕が無いと危険ですが、白鵬は琴奨菊に寄られた時に、かなり腰が伸びて
います。この場面での巻きかえはギャンブル性が高く、対戦成績で圧倒して
いる相手に仕掛けにくかったとの印象です。もう一つ、上手を引くチャンスに
ついて、これも厳しかったと思います。四つに組んだ場面で、白鵬は右足を
前に出し、何とか右上手が近くなるように構えています。そして琴奨菊が寄った
瞬間は、確かに琴奨菊の廻しは近くなりました。しかし琴奨菊の寄りに耐える
ためには、白鵬は差し手側の左足を前に出して、琴奨菊の圧力に対して自分の
腰を正対させて対応しなければなりませんでした。当然、右足を下げた体勢に
しなければならず、その分だけ右上手は遠くなり、一度目二度目の寄りの時に
上手を引けなかった、というのが私の印象でした。以上です。
それでは、また・・・。

Re:No title

>>タイヘイさん

コメントありがとうございます。

ブログの豊真将の記事、読ませていただきました。
本当にまだまだ、これからが楽しみな力士だと思います。
それにしても今場所のような相撲が上位にくるとなかなか取れなくなるのは、
いったいどうしてなのでしょう。
上に行くと途端にケガに見舞われたり…といったこともありますが、
何か技量的な問題があるのだろうな、しかしよくわからん、と
悶々としながら応援しています。
今場所も下位の力士にはいい相撲を見せましたが、
若の里、琴奨菊といった上位のものと割を組まれると、
途端にもとの相撲に戻ってしまう。
右のおっつけがどうもこう、思うようでないのですかね。

白鵬-琴奨菊戦ですが…
読ませていただいてうーん、なるほど、と思いつつ、
しかし腑に落ちないような…(しつこくてすみません)
もう少しそのあたりを明確にできるといいのですが、
いかんせんそこまで力がないというのが本当のところです(笑)。
もう少し修行します。
今後ともよろしくおねがいします。
プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。