スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報われない日馬富士

大相撲関連誌が次々と廃刊となり、
唯一の専門誌となったベースボール・マガジン社の月刊「相撲」。

奇数月に「場所展望号」偶数月に「場所総決算号」という内容で、
「総決算号」は優勝力士が表紙を飾るのが恒例となっています。

おかげで白鵬が7連覇を続けた先場所までは、
総決算号は長いこと白鵬が表紙を独占していました。
いいかげんうんざりしていたので、
日馬富士が優勝を決めたときは
「ついに白鵬以外の力士が表紙に来るか!」と喜んでいたのですが











ででーん

相撲 2011年 08月号 [雑誌]相撲 2011年 08月号 [雑誌]
(2011/07/28)
不明

商品詳細を見る


編集部のチョイスはまさかの魁皇。
優勝力士が片隅に追いやられるという画期的なレイアウト。

いやまあいいんですけどね、これも新鮮で。
しかし日馬富士の立場が…8連覇阻止の活躍が…

つくづく外国人力士の悲哀を感じます。
これで優勝したのが稀勢の里だったら(ありえませんけど)
こうはならなかったでしょうにねえ。

スポンサーサイト

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。