スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新番付で占う秋場所の豊真将

秋場所の新番付が発表された。
わたしの応援する豊真将は先場所の大勝ちもあって、東の筆頭に再昇進。
悲願の新三役をふたたび目指す。

某巨大掲示板では「戦後最強の前頭筆頭」という
あまりありがたくない異名も頂戴している(笑)
どうやら三役未経験の力士では、筆頭に位置した回数が戦後最多なのだとか。
番付運の悪さも災いしての話なのだが、
今場所こそは頑張って栄光をつかんでおくれよマショー。

というわけで、新番付を見ながら秋場所を占う。
対戦圏内の力士との過去の通算成績、および過去一年の成績を見てみた。
お世話になったのはこちら。ありがとうございます。

masho1109
(注:表の一部をアップ時より修正しました)

赤いラインは一応の対戦圏。
平幕が相手となる後半戦では、星の状況によって当然圏外と割を組まれるだろう。
もっと下で伸び盛りの魁聖や、かなり番付を下げた実力者の安美錦が大勝ちして、
嫌なところで留め男にされるということもなくはない。
ただあんまり多種多様なケースを考えると、頭が禿げそうだ。
ひとまず線の枠内で考えるとしよう。

西筆頭の隠岐の海は、今場所当たれば初顔となる。
左でも右でも相撲が取れる器用な力士。勝負勘も大変よろしい。
マショーには申し訳ないが、大事をとって負け勘定にしておこう(弱気)。

通算でも直近でも勝っているのがピンクの力士。
いわばお客さんである。
おお、稀勢の里には3連勝中か。
いつも一杯一杯で戦っている印象なので、まるでそんな気はしていなかった。
しかし豪風とあわせてピンクは二人だけ。
ここに勝っても2勝13敗である。
再び下位にまっさかさまだ。

黄色は通算にこだわらず、直近で互角もしくは勝ち越している力士。
何とかなりそう、といったライン。
琴欧洲にはこのところ分がいい。
豊真将の低い体勢に腰高の琴欧洲が耐え切れず叩いてしまい、
そこを付け入って勝つケースが多い。
鶴竜は大関取りのプレッシャーがある。
栃煌山は上位で負けが込めばツラ相撲で自滅する可能性がある。
楽天的に考えれば、どうにかなるだろう。
しかしこれでも5勝10敗だ。
やはり豊真将は平幕中位あたりが適正位置なのか?

なかなかツライ分析になってきたので、また続きでやろうと思う(涙)。
スポンサーサイト

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。