スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新番付で占う秋場所の豊真将~その2~

こんどこそ新三役、豊真将の秋場所を占う2回目。
(1回目はこちら
実力者が番付上位にみっしり顔を並べた今場所。
この一年の戦績で勝ち越し、もしくは互角というやや分のいい力士を全部倒しても、
5勝10敗というまたしても残念な星に終ってしまいそうだと予測したのが前回。
暗澹たる前途に涙でディスプレーも見えなくなり、エントリーを中断したのであった(やや嘘)。

しかし応援するものがここでメゲてはいけない。
マショーも今頃必死で稽古に励んでいるのだ(たぶん)。
ファンも必死で更新に励むべきだろう。

masho1109
(前回挙げた表は豊ノ島のあたり若干間違いがあった。これは修正済)

というわけで、今回は分の悪い相手を見ていこう。
まずは表で緑の力士たち。
過去通算は互角以上だが、この一年は負け越しているグループ。
難敵とみていいだろう。
ちょうど目の上のたんこぶである両小結が、ここに入ってくる。
顔があうのは中盤、来場所の三役の座をめぐるサバイバルゲームになる。

阿覧には最近煮え湯を飲まされる場面が多い。
引き技に屈してしまうのがマショー側の負けパターンで、
先場所などは立ち合いからの注文相撲に簡単にはまってしまった。
落ちついて見ながら臨めば勝機は十分あるように思うのだが。

この阿覧に豊ノ島、嘉風までがマショーにとっての難敵ライン。
ここまで倒せばようやく一点勝ち越し、一枚昇格が見えてくる。
何としても両小結を引きずりおろしたいところ。

そしてあまり見たくない、表でブルーの力士たち。
通算でもここ一年でも負け越している、最難関グループである。
特に序盤で総当りとなる横綱大関陣だが、
勝ち越し目指すにはこの四人に対し何とかトータル五分、2勝2敗の星を残したい。
琴欧洲とあと一人、勝てるとすれば把瑠都だろう。

昨年九州場所、徳俵のあたりから立つという奇襲で二本差しに成功し、
大関の巨体をごぼう抜きに吊り上げた相撲は記憶に新しい。
ただそのあとは二連敗中。
初場所では把瑠都のじっくり見ながらの突っ張りに屈し、
五月場所では中に入り攻め込んだまでは良かったが、
土俵際で強引に左をねじ込まれ、掬い投げに散っている。

何とか中に入って左から攻め込んでいければ、勝機はあるはずだ。
白鵬や日馬富士にはスピードでいかんともしがたい差があるだけに、
ヨーロッパ産の二大関からは是が非でも白星が欲しい。


ざっくり見てきたが、過去の戦績から見る限りは
序盤の把瑠都戦、中盤の両小結戦が鍵になるようす。
ここらをクリアできれば、悲願達成も夢ではないのだが。
初日まであと十日、ケガも多い人だけに、万全のコンディションで挑んでほしい。

スポンサーサイト

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。