スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンゴル人の名前について

wikiなどうろうろしていたら、
モンゴル人の名前についてちょっと面白い記述が。

あちらの御国では、代々受け継ぐ家族の姓というのが無いらしい。
日本人は「佐藤―良男」といった感じで「家の姓―自分の名」と名乗るが、
モンゴル人は「父の名(事情によっては母の名)―自分の名」とフルネームを名乗るようだ。

wikiに用例もあって

横綱朝青龍と兄弟
ドルゴルスレンギーン・ダグワドルジ
ドルゴルスレン・スミヤバザル
ドルゴルスレン・セルジブデ
この3兄弟の場合、「ドルゴルスレン」が父の名、「-ギーン」が所属を示す属格助辞で「ドルゴルスレンの(息子)~」の意、ダグワドルジ・スミヤバザル・セルジブデの部分が本人たちの固有の名。

ペルジディーン・ゲンドゥン(モンゴル人民共和国初期の指導者(首相任1924-1937)
母の名「ペルジド」、「-ィーン」が属格助辞、本人固有の名「ゲンドゥン」

ホルローギーン・チョイバルサン(モンゴル人民共和国初期の指導者)
母の名「ホルロー」、「-ギーン」が属格助辞、本人固有の名「チョイバルサン」

アナンディーン・アマル(モンゴル人民共和国初期の指導者(首相任1937-1939)
父の名「アナンダ」、「-ィーン」が属格助辞、「アマル」が本人固有の名。


ちょっとびっくり。

だから白鵬の本名はムンフバティーン・ダワージャルガルだが、
つまり「ムンフバトの(息子)ダワージャルガル」である。
そういえば時々国技館に登場する白鵬のお父さんはムンフバトさんといった。

日馬富士はダワーニャミーン・ビャンバドルジ。
ダワーニャムさんのビャンバドルジ君である。

鶴竜はマンガルジャラビーン・アナンド。
マンガルジャラブさんの息子さんなのだな。

モンゴル人の家族というのは、日本人よりずいぶん仲のいいイメージがある。
父親に対する意識も、談話など聞いていると、
どこか日本人のメンタリティーとは違うものをしばしば感じる。
解説でおなじみ舞の海さんが近著で、朝青龍の言葉を紹介している。

「日本の力士は平気で親の悪口を言っている。なぜだ。
俺はそれが許せない。
モンゴルでは絶対考えられないことだ。
親は大切にするものでしょう」
                                       
                                   ~実業之日本社刊「土俵の矛盾」舞の海秀平著より~


あの朝青龍でさえ(といっては悪いが)こんなことを言っている。

どうしてそこまで?と日本人には感じられるが、
自分の苗字が父の名であるという状況を想像すると、いくらか分からなくもないような。
彼らはこういう国からやって来たのだな。



スポンサーサイト

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

へ~!

面白い記事でした!

っということは、白鳳の息子の名は・・・

ダワージャルガリーン・○○

となるわけですか?
ってことは、苗字は継承されないんですかね。
っていうか、苗字はないのかな?

興味深いです(^^)/

electrocatさんへ

そうなんです、かなり興味深い習慣ですよね。
根本的に、日本で言う苗字の概念がないようです。

白鵬はすでに子供が2人か3人(ちょっとどっちか忘れました)いるのですが、
奥さんが日本人なので子供の名はまるっきりモンゴル風ではないようです。

長女がユンレンツォー・愛美羽(あみう)ちゃん、
ユンレンツォーというのはチベット語で「長寿」の意だそうです。
長男はムンフジャルガル・真羽人(まはと)ちゃん、
こちらは祖父と父の名をくっつけたのだとか。
日本での国際結婚なので、この上に奥さんの苗字が乗っかるのでしょう。

それにしても父親の下の名が自分の上の名になる、というのが何とも。
名を名乗るたびにオヤジの名がついてくるわけですから、
そりゃ自ずと親を大事にするよなあと思います。
プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。