スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イケメンやるじゃんの三日目

三日目。


昨日は不十分な体制のまま出て墓穴を掘った鶴竜。
いつも慎重に攻めて出る力士が「らしくない」相撲を取ったわけですが、今日はどうか。

●鶴竜<関脇1-2>(おしだし)栃煌山<前三2-1>○

鶴竜双差し狙いの相手を張り手もまじえて突き起こし、下がらないと見るや右から叩く。
これは呼び込むかっこうで俵に詰まったが、右へ回り込んで残しまたバチバチ突っ張る。
しかしちっとも足が出ておらず、栃煌山も突いて応酬すると容易に後退。
下がりながら思い直したように廻しを取りにいったが、
逆に栃煌山のハズ押しを招いて押し出される。

良い時は初めに突き起こしたあと、叩くよりは廻しをとりにいくはずの鶴竜。
そこをなぜか引いてしまう。
次に突っ張る場面でも足が出ず、手だけで行くので効果がない。
やはりいつもの鶴竜ではありませんでした。
今場所の大関取りはちょっと厳しいか。



そして豊真将。
今日の相手はこのところ3連勝中の琴欧洲。
低く出ていけば向こうで引いてくれるので、それに乗じて攻めていけばよろしい。
割と取りやすい相手です。

○豊真将<前一2-1>(おしだし)琴欧洲<大関0-3>●

立ち合いすばやく踏み込み双差しを狙ってきた琴欧洲。
しかし豊真将下からよくおっつけて攻めかえす。
すると案の定琴欧洲左から豊真将の首に手をかけ引いてくれる。
乗じて押し込むとまた引いてくれた。
これはありがたいと豊真将、素直に押し込んで勝利。

全く思惑通りの相撲で琴欧洲の無策に感謝するしかありません。
これで豊真将、初日から把瑠都、白鵬、琴欧州相手に2勝1敗。
私の個人的な計画では(笑)、
序盤の横綱大関四連戦をヨーロッパ勢二人倒して五分の星でしのげれば、
中盤以降勝ち越しも見えてくると考えていました。
ですのでひとまず最初の課題はクリア。

大関連破の豊真将「流れ良い」 家族を得て悲願の三役へ(産経・抜粋)

初日の把瑠都に続き大関を連破。好調を支えているのは、新たにできた家族だ。今年4月に名古屋市出身の女性と結婚した。独身時代は朝食を食べなかったが、今はヨーグルトとプロテインなどを軽く採るようになった。「(妻は)栄養バランスを気遣ってくれる。1人の時より調子は良い」という。

さらに、12月に誕生予定の第1子が男の子だと分かった。膨らんだ妻のおなかを押さえると元気に内側から蹴り返してくる。「相撲を取らせたい。自分が鍛えます」。発奮材料が、また一つ増えた。


おお、奥さまナイスアシスト。
マショーJrも12月に誕生とあって、発奮材料に満ちた豊真将の私生活です。

それにしても
「朝起きたら何も食べずに稽古して、そのあとドカッと食うから力士の体は大きくなる…」
というのがよく言われる伝統的なお相撲さんの食生活ですが。
必ずしもそうではない、ということなのかな。
一般人も朝食を摂らないと、力は出ませんしねえ。


そして二大関を食って波に乗る隠岐の海。
今日は白鵬に挑戦。
仕切り時間には「右でまわしを取らないといけない。差されたら負け」
という本人のコメントが紹介されました。
右四つの横綱を相手にした話ですから、つまり双差し狙いということか。
おお、やれるかイケメンと思って見ていると。

○白鵬<横綱3-0>(うわてなげ)隠岐の海<前一2-1>●

立ち合い、隠岐の海ほんとに双差しに成功。白鵬は左の上手一本のみ。
隠岐左の差し手を大きく返して前に出ると、白鵬あわてて左を巻き変えるが、
隠岐これもすかさず巻き変えかえし、再度双差しになって一気に攻めに出る。
しかしさすが白鵬、さっと体を右へ開き、
肩口まで上げられた右手で隠岐の首を抑えこむと、左から豪快に上手投げ。

負けはしましたが、白鵬相手に二度まで双差しとなった隠岐の海。
十分評価してよいでしょう。
まあこうなってくると今後は横綱も警戒するでしょうし、
当分今日のような相撲は取れないかもしれません。
しかし先は楽しみです。


稀勢の里は突き押しで三連勝。
連日離れた取り口で安定感を見せています。

琴奨菊は阿覧相手に今場所初めてガブリ寄りを見せて勝利。
いつもの調子を戻してきたとみたいのですが、
相撲のさして上手くない相手なので、まだ安心はできないか。

日馬富士は若の里に低く当たって双差しから寄り切り、危なげなく白星を奪う。
こちらは初日からの興奮状態が少し落ち着いた様子で、悪くないかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。