スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キセ負けて菊立ち直る九日目

今日もまずは豊真将。
相手は過去戦績ほぼ互角の嘉風。
前回の対戦では土俵際へ追いこみ押したおすところで、
右から小手投げ気味のうっちゃりを食っている。
体の落ちるのが嘉風のほうが一瞬はやく、きわどい星を拾ったのだが、
今日はしっかりと勝負を決めたい。

○豊真将<前一6-3>(よりきり)嘉風<4-5>●

立ち合い豊真将左を差しにいくと嘉風右へ回りこみ、後ろの縦ミツつかんで横に喰らいつこうとする。
しかし豊真将左をのぞかせながらしっかりついて行き、右もおっつけて正対。
左の差し手をかえせば嘉風の右はバンザイ、
体も起きるかと思うが、嘉風頭を豊真将の右脇に突っこんで必死の抵抗。
豊真将これをのしかかるように抑えると首もスポッと抜け、
あとは右からの強烈なおっつけと出足で一気に前進。
左カイナもかえしたまま土俵際腰も落として前回の轍は踏まない。万全の勝利。

苦労するかな、と思ってみていましたが、機敏な嘉風を上回る動きで完勝です。
これで6勝3敗。明日の相手は鶴竜。
対戦成績は8対7とほぼ互角で、
直近四度の取り組みでは互いに勝ったり負けたりを繰りかえしています。
順番どおりいけば、実は今回マショー側勝利のターン。これは喜んでいいのか。

この二人は大体立ち合いで先手を取った方が有利で、
豊真将の踏み込みがよければ、左を深く差して鶴竜の右差しを封じ勝利。
鶴竜の踏み込みがよければ、右を差してあとはいいように相撲を取っています。

豊真将は明日勝てば、関脇小結にトータル3勝2敗の勝ち越しを決め、
場所を通じても7勝2敗と勝ち越しにリーチがかかることになります。
終盤で相手となる平幕には苦手も多いだけに、新三役に向けて勝っておきたいところです。


昨日の鶴竜戦で初日からの連勝が止まった琴奨菊。
ここからの立て直しが大事だが、今日の相手は過去通算5勝16敗と苦手の時天空。
特に最近は7連敗中で、大関取りに向けて難関の一番。

○琴奨菊<関脇8-1>(きめだし)時天空<前四4-5>●

立ち合い時天空左から張って二本のぞかせる。
しかし琴奨菊落ちついて肘のあたりをがっちり抱えこみロック。
棒立ちになった時天空を易々と極め出す。

琴奨菊の安定感が光った一番。
先場所浮き彫りとなったメンタルのもろさを克服した…とまでは未だ言えませんが、
その片鱗がちらりと見えた気もします。

以前もちょっと紹介した「中国嫁日記」
作者の方と相撲好きの奥様が場所前、琴奨菊のパーティーに招待されたそうで、
そのときの模様がちょうど今、続き物でアップされています。
似顔絵がそっくりです(笑)。

琴奨菊はどんな話をしたんでしょう。凄く聞きたい…


全勝の稀勢の里は過去3勝15敗と大の苦手の把瑠都と対戦。

●稀勢の里<関脇8-1>(うわてなげ)把瑠都<大関7-2>○

立ち合い把瑠都右から張って左を差す。
これであっさり稀勢の里も左四つに組んでしまう。
巨体で相四つの相手になってはいけないがっぷりの格好。
しかし右の上手で引きつけて前へ。
すると把瑠都苦しくなったか右を放して左の下手投げで応戦、
チャンスとみて稀勢の里土俵際まで寄りたてたが、
把瑠都こらえて肩越しに右上手を取りなおすと、逆転の上手投げ。

やはり組んでは厳しかったか稀勢の里。
ただその割にはよく攻めたな、という印象はありましたが。


白鵬は栃ノ心を危なげなく下して全勝キープ。
稀勢の里、琴奨菊、臥牙丸が一敗。
明日は並走する稀勢の里と琴奨菊のつぶしあいが組まれました。
過去は琴奨菊が圧倒的に有利ですが、稀勢の里も連敗は避けたいところ。
スポンサーサイト

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。