スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春場所初日

終わった場所を一日一日ふりかえるという、
まったくの記録用記事。
深夜に録りためたNHKのダイジェスト番組を見ながら書く。

で、春場所の初日。


今場所、個人的なお楽しみのひとつはいよいよ上位に来た千代大龍であった。
大関相手にどこまでやるかと思われたが。

○鶴竜<大関>(つきおとし)千代大龍<前二>●

立ち合い千代大龍、
もろ手で突きおこして引きおとす得意の攻めを見せるが、
当たりも弱かったので大関はまったく動じない。
逆に右の張り手をもらうとムキになって前へ出るが、足がついていかない。
大関この機をのがさず右へ変化して突きおとす。

千代大龍はそうとう固くなっていた印象。
しかしこの相撲でふっきれたのだろう、
翌日から一横綱二大関を撃破してしまう。
正直、この相撲をみたときは今場所はだめだろうと思っていたのだけれど。


●安美錦<小結>(こてなげ)白鵬<横綱>○

立ち合い、白鵬は安美錦の動きを警戒し、仕切り線のかなり後ろに構える。
それを見てとった安美錦、今日は強烈な当たりで一気に中へ入る。
白鵬は相手を見て立ってゆるりと左の上手を取りに行ったので、
安美錦一瞬もろざしの大チャンス。
しかし白鵬、俵にかかるちょっと前で左をねじこみ、体を入れかえる。
安美錦は止まってしまっては横綱に十分な体勢を作られてしまうので、
廻しを引かれる前にとかまわず一気に出るが、
白鵬は下がりながらも左から起こし、カウンターで右からの小手投げ一閃。
横綱の辛勝。

完全に気持ちが守りに入っていた白鵬。
この相撲が薬となったか、翌日からは立ち合いも厳しくなり、
結果的には全勝優勝を飾ってしまう。


こんな相撲もあったが、この日はいちおう上位陣は安泰。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。