スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春場所三日目

いまさら春場所を振り返るシリーズ。
今日は三日目。


大関戦のつづく千代大龍。
初日鶴竜に敗れ、二日目は琴奨菊に勝って一勝一敗。
この日の相手は琴欧洲。

○千代大龍<前二・2-1>(したてひねり)琴欧洲<大関・1-2>●

立ちあい千代大龍突いて出るが、琴欧洲も突っぱって応戦。
すると千代大龍左の上手をひいて頭をつけ、体をひらき出し投げで大関を泳がせる。
大関これはふんばって右をねじこみ相手の上手を切り、
自分の左の上手は取れてないけどまあこれでいいやとヤミクモに前にでるいつもの自滅パターン。
千代大龍はこれに乗じ右の下手を引き、土俵際でぐいっとひねりたおす。
左からの突きおとしともあわさってお見事。

突き押しのイメージが強かったので、案外器用なのだなと感心。
本人あこがれの千代大海は四つになると相撲にならなかったが、
この辺はアマ二冠の実績もあって断然千代大海より上である。


ここ三場所8勝7敗の星が続いている琴奨菊。
二日間1勝1敗で、今日の相手は栃煌山。

○栃煌山<小結2-1>(すくいなげ)琴奨菊<大関1-2>●

立ちあい琴奨菊左右からはさみつけるように出るが、
脇があまく栃煌山に簡単にもろ差しをゆるす。
栃煌山そのまま前進し、土俵際おいこんでからの左すくい投げで完勝。

大関にあがるころの琴奨菊は、
左をさし、右は相手にさされても、
相手の肘から下をがっしりとおっつけてロックできていた。
今はそれがちっともできていない。
おととしの九月場所、琴奨菊が大関昇進を決めた場所だが、
当時は栃煌山も安易に左をさしにいく事を警戒したりしていたほどだ。
この日の相撲では何の躊躇もなく左をねじこみ、やすやすと肘まではいっている。

当日解説だったマシンガントーカーの秀ノ山親方は、
琴奨菊の立ちあいの角度の高さを指摘している。
また左四つなのに差し手側の左足から一歩目を踏み出す、
悪い癖なども熱弁していた。

最終的にこの場所も、琴奨菊は8勝7敗と振るわなかった。


結びの一番では日馬富士が高安に金星を献上。
もろ差しと絶好の形になりながら、前に出たところ相手の強引な左つきおとしに横転。

翌日のスポーツ紙の記事。

日馬富士 金星献上に余裕、土俵入りはスムーズ「集中しすぎた」 (スポニチ)

13年初黒星を喫しても、日馬富士の表情には余裕があった。「相手も強くなっている。優しく出そうとした。あいつ、いいやつだし」と、油断を敗因に挙げた。

自身が敗れて座布団が舞ったのは初体験で「少しうれしかった。(横綱として)認めてくれているんだと思った」。2日連続で間違えた土俵入りがスムーズに行えたことにも触れ、「あれに集中しすぎたかな」と苦笑い。敗戦のショックは最後まで感じられなかった。


油断、ということでこの日の相撲は片付けられている。
たしかにそれもあったろうが、場所後半でみせた足腰の軽さを思うと、
あながちそればかりでも無かったような気がしてしまう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。