スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝、曙角界復帰!

蒼国来の復帰もめでたいニュースですが、
その影でこの人も、という嬉しい話題が。

曙10年ぶり“角界復帰”師範代として招へいへ(デイリー)

大相撲の東関部屋(東京・墨田区)が、11回の幕内優勝を誇る元横綱で現プロレスラーの曙太郎(43)を夏場所(5月12日初日・両国国技館)までに師範代として正式に招へいすることが、2日までに分かった。

春場所後から稽古場に、師範代として先代東関親方(元関脇高見山)、先代中村親方(元関脇富士桜)のしこ名に加え「曙」の木札が掲げられた。曙の弟弟子だった東関親方(元幕内潮丸)は、昨年末から招へいに意欲を示しており「4月下旬に正式に決まると思う。夏場所までに一度稽古を見てもらいたい。2人の師範代からも了承は得ているし、横綱も『うれしいです』と話しています。先に木札を掲げて気持ちを表しました」と説明した。

師範代とは力士のコーチ役。日本相撲協会の許可は不要で、部屋が独自に選出できる。2003年11月にK‐1参戦のため協会を退職した曙。10年ぶりの“角界復帰”が確実となり、部屋付き親方の振分親方(元小結高見盛)も「たくさんのことを教えていただきたい」と歓迎していた。


もともと指導力では現役時代から定評のあった人です。
しかし親方株の取得が思うようにいかず廃業。
K-1でボブ・サップにノックアウトされた時は、
どうしてこの人がこんな真似をしなければならないんだろうと、
相撲好きとしては悲しく思ったものでした。

親方株が買えなかったのは、当然資金があまり無かったためでしょう。
外国出身力士は日本人の力士にくらべ、タニマチが付きにくいと言われます。
加えて曙は人がよく、金銭にルーズなところがあった。

昨年の雑誌「相撲」2月号では、勝ち相撲の帰りに付け人と食事にいった際、
店のまえで残飯をあさっているホームレスに同情し、懸賞金の束をポンとくれてやった…
なんてエピソードが紹介されています。
たまたま居合わせた警官には厳しく注意されたそうですが、
本人はその後とても気持ちよく食事をいただいたのだとか。

そんなお人よしに部屋の経営ができるか、という声もあるのでしょうが、
そんな人が残れない角界というのも、また寂しい。
「親方」ならぬ「師範代」ではあっても、初代の外国出身横綱として、
大相撲に貢献してくれることでしょう。
めでたしめでたし!

…とはいいながら、
これほどの功労者が廃業に追いこまれちゃった
親方株の制度って何なの?という思いもあったりなかったり。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。