スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稀勢の里が出稽古解禁

稀勢の里がついに出稽古を敢行、という嬉しいニュースが。

鳴戸部屋が出稽古した 先代の禁解く(ニッカン)

鳴戸部屋の出稽古が解禁となった。2日、一門を越えて東京・足立区の境川部屋(出羽海一門)で出稽古を行った。先代鳴戸親方(元横綱隆の里)が死去した11年11月に現師匠の鳴戸親方(元前頭隆の鶴)が部屋を継承して初めて。これまでは「出稽古に行かなくても強くなれる」の先代の教えや、関取衆が増えたこともあって、二所ノ関一門の連合稽古以外に出向くことはなかった。

前夜いきなり師匠が「明日境川行くから」と告げた。春場所前に右膝を手術した若の里を除く、稀勢の里、高安、隆の山が参加。稀勢の里は「活気のあるところにいってみるのもいいこと」と説明を受けた。境川部屋の豪栄道ら4人に加え、玉ノ井部屋から新入幕の東龍ら2人も集結した。

豪栄道と三番稽古を行った稀勢の里は「40番くらいとれたし、良い稽古になった。刺激になるし、いいことですよ」と笑顔を見せた。申し合いも佐田の富士が頭を裂傷し、富士東が鼻血を出すほど活気にあふれた。高安も「20番くらいできたし、充実した稽古でした。たまには気分も変わっていいかもしれませんね」と喜んだ。鳴戸親方は「またどこかにいくぞ」。出稽古が鳴戸部屋をさらに飛躍させそうだ。



稀勢の里が素質のわりに伸び悩んでいるのは、
出稽古を認めない部屋の方針にある…
さまざまなタイプの力士と稽古して取り口を広げるべきなのに、
いつも部屋で同じ力士ばかりを相手にしている…
これじゃいつまでたっても進歩がない…
日本人最大のホープだというのにもったいない…

小結と平幕を行ったりきたりしていた6、7年前から、
さんざん指摘されてきたことだ。
しかし師弟は周囲の声に耳を貸すことなく、
かたくなに我が道を突き進んできた。

おととし11月の先代親方の死後、
亡くなった方には申し訳ないけど、
これで部屋の方針も変わるだろうと私は正直期待した。
しかし師匠が代替わりしても、守りつづける鉄の掟。
こりゃもう駄目なんだろう、
稀勢の里はずっとこのままだ、
あきらめていたところにこの朗報。めでたい。

さらに翌日の記事。

稀勢の里、琴奨菊と稽古「筋肉目覚めた」(ニッカン)

二所ノ関一門の連合稽古が3日、船橋市にある松ケ根部屋で始まった。稀勢の里(26)と琴奨菊(29)の大関2人は三番稽古で、稀勢の里が15勝2敗と大きく差をつけた。

何度も土俵際までは追い込まれたが、低い体勢で耐えて逆転するシーンが多かった。琴奨菊は右差しも試すなどするも、一気の出足がもう一つだった。

稀勢の里は「力が拮抗(きっこう)した相手だといい稽古になる」。前日には境川部屋へ出向き、出稽古を解禁した。「自分から親方に申し入れた。久しぶりに筋肉が目覚めた。なんとかしたい」と悲願の優勝へ意欲を示す。琴奨菊は「勝ち負けはいいが、馬力負けもあった。立ち合い悪くダメやね」。

連合稽古は5日までに「あと2日稽古つけてもらいます」。



前日の記事では境川部屋への出稽古について、
師匠が一方的に命じたことのように書かれている。
だが翌日の記事では自ら親方に申しでたのだとある。
当日新聞を読んだ稀勢の里が、違うぞ、と反論したのだろうか。
推測にすぎないが、あの童顔でムキになっている姿を想像すると、
なんともほほえましい。




出稽古解禁、となれば、
まっさきに稽古してもらいたいのが把瑠都だろう。
通算稀勢の里の5勝21敗、大関昇進後は2勝4敗と苦手にしている。

左四つで胸をあわせて馬力でもっていくのが、
稀勢の里のひとつのパターンだが、
自分と同じかそれ以下の体格の力士には通じても、
身長で10センチも上回る把瑠都に対しても同じスタイルを試みてしまう。
結果自滅する。
今年初場所の相撲。



上手を切るあたりはよくても、
頭をつけて中に入るくらいの工夫はほしいもの。
尾上部屋に出向いて、ガンガン稽古してほしい。

さらに言えば、このところ分の悪い白鵬、琴欧洲、日馬富士…
こうした相手とも他流試合を積んでいけば、
いよいよ優勝争いに割ってはいる可能性も高くなる。
期待したいもの。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。