スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成22年9月場所終了後の雑感(1)~日馬富士~

秋場所が終了。
とりあえず感想を。

まあ白鵬の3場所連続全勝優勝と63連勝に話題は終始した観がある。
これはおいおい書いていきたいのだけれども。
そのほかの力士についてまずぼちぼち書いておきたい。

最初に日馬富士。
ひざの具合が相当悪いのか、8勝7敗。
序盤から危ない感じだったが
7日目鶴竜のひねりにあっさり転がされてから
3連敗したあたりは目を覆いたくなるような相撲振り。
惨憺たるできであった。

とにかく下半身が軽い。
いつものような突き刺さる立会いは影をひそめ、
投げをくらっても踏ん張りがきかず、
土俵際では栃煌山や魁皇が腕をひっこぬけば簡単に吹っ飛んでしまう。

だいぶ重症である。
楽日白鵬との一番も、立会い左をおっつけて白鵬の右差しを封じようとしたが、
踏み込みがないからまるで利かず、あっさり料理されてしまった。
ヒザさえよければああも淡白な相撲にはならなかったろうに。

何とか来場所はコンディションを整えてきてほしい。
白鵬の連勝ストップがとかく言われ、
攻略するには上手を取らせず横から食いつけと叫ばれる現状。
この横綱相手に実際横から喰らいつくような相撲が取れるのは
日馬富士くらいなのだし。
スポンサーサイト

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。