スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マショー勝ち越しリーチの十一日目

場所は終盤戦に突入。


ここまで二連勝、四連敗、四連勝といかにも「らしい」星取りの豊真将。
6勝4敗で今日のあいては新十両の希善龍。
194センチと大型の力士。
右四つ左上手が得意で、貴ノ浪タイプの引っ張り込む力士のようだ。
ふだん十両の相撲など見ないから、雑誌で推測するしかないのだけど。

●希善龍<十両十一・5-6>(つきおとし)豊真将<十両十四・7-4>○

立ち合い豊真将左おっつけ、右ハズでジワジワ前進。
相手は右をさそうとするが、豊真将おっつけ厳しくこれを許さず、
左の上手にも手をのばすが、豊真将ハズでぐいと持ち上げこれを遠ざける。
しまいにはこのハズにかかった手で希善龍がひねりたおされる格好に。

決まり手は突き落としだったが、
相手の力を利用する突き落としではなく、
こちらの攻めに相手が横向きに倒れてしまった形。
日に日に元三役らしい相撲になってきた。
本来この地位で見せつけられるはずの自力の差が、
場所が進むたびにはっきりと出てきた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。