スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白鵬がモンゴル相撲に挑戦

今週火曜日の記事。

白鵬 モンゴル相撲出る!?“二刀流”に協会困惑 (ニッカン

大相撲の横綱・白鵬(28=宮城野部屋)が10日、異例の二刀流挑戦を熱望した。26度目の優勝が懸かる名古屋場所(7月7日初日、愛知県体育館)に向け本格的な調整を始めた朝稽古後に、母国で7月26、27日に開催されるモンゴル相撲の大会に出場する意向を示した。大相撲の現役力士による他競技との掛け持ちは前例なし。日本相撲協会の対応が注目される。

朝稽古を終えると、白鵬は仰天プランを語りだした。「モンゴル相撲をやったんだ。向こうの小結と。やっぱり全然違う。まわしの切り方とか」。4日から8日まで里帰りしていた白鵬は、現地でモンゴル相撲の稽古に参加した。日本では全勝優勝10度など確固たる地位を築く最強横綱も、相手を圧倒することはできなかったという。元来、負けず嫌いの28歳。「7月26、27日にオヤジ(父・ムンフバトさん)の出身地トゥブ県で大会があるので出ようかな」と打ち明けた。

ムンフバトさん(72)は全国大会ナーダムで5連覇を果たしたモンゴル相撲の大横綱。レスリングでも68年メキシコ五輪フリースタイル87キロ級でモンゴル人史上初の銀メダルを獲得した国民的英雄だ。全国大会は参加者512人で開催されるが、白鵬が出場を希望する県大会は、その半分の256人による勝ち抜き戦。「大会直前にトゥブ県の選手がやる合宿にも呼ばれている」と、しっかり稽古を積んでから臨むつもりであることを明かした。

しかし、日本相撲協会の八角広報部長(元横綱・北勝海)も「何も聞いていないので、こちらとしては答えようがない」と困惑気味。県大会レベルであっさり負けると大相撲の横綱の威厳は保てない。ましてやケガでもすれば、本業に支障を来してしまう。横綱は「勝ち負けは別として出ること。(知人からも)“横綱はチャレンジする気持ちがあるからまだまだ伸びる”と言われたしね」と本気モードだが、あの朝青龍でさえも挑戦しなかった二刀流は協会内でも波紋を呼びそうだ。


七月場所の千秋楽が21日、大会が26日。
あいだの4日間で帰国して合宿して稽古して…と随分あわただしい。
いかに天才白鵬とはいえ、違う競技でそう簡単に結果は出せないだろう。

ただ白鵬のコメントから感じられるワクワク感は何だろう。
日頃は横綱としての体面に縛られ、優等生然とした言葉ばかり述べる白鵬。
「まだまだ伸びると言われたしね」という口ぶりは、無邪気な子供のような喜びに満ちている。

勝ちを義務付けられる立場を離れて、
たまには伸び伸び戦ってみたい、というのが本音なのではあるまいか。
だとすれば、今回のチャレンジは応援してあげてよいと思う。

「負けては横綱の威厳が保てない」
と記事は書いているが、県大会レベルで負けても別に良いのでは。
そもそも別種のスポーツなのだから。

ルールの違う格闘技で負けたからといって、大騒ぎをする必要もない。
確かにむかし、曙がK-1で惨敗したときにそんな声も上がった。
しかし大向こうに配慮して、格闘家としての本能を押さえ込んでしまうのもつまらないことだ。
新弟子に戻ったつもりで、存分に戦ってほしいと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。