スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋場所番付発表

七月場所の番付が発表された。
あと2週間で本場所なのだ。
このあいだ五月場所が終わったばかりのような気がするのだけど。

蒼国来は2年半ぶりの復帰。
もともと最高位が平幕13枚目の力士であるし、
そこに不幸なブランクが重なったわけだから、相当苦労するのだろう。
頑張って欲しい、が、同時に辞めさせられた徳瀬川や白馬のことを思うと、
番付をみながら何とも割り切れない気分になる。

楽しい話題も。

11年ぶり「寺尾」復活 寺尾丸 師匠のしこ名継承 (スポニチ

「寺尾」のしこ名が02年以来11年ぶりに復活した。寺尾丸から改名した西幕下52枚目の寺尾は、師匠の錣山親方の現役時代のしこ名を継承した。

先場所負け越したときに改名を打診され「初めは理解できなかった」とあ然としたという。重圧は相当なものだが「突っ張って前に出る相撲を取って十両に上がりたい」と抱負を語った。錣山親方は「ケガが多いのでいいきっかけになれば」と期待を寄せる。


これは嬉しい。
前にも書いたが、名前を継承するというのは他のスポーツにはなかなか無い、大相撲ならではの文化。
先代を知る世代へのアピールにもなるし、知らない世代にとっては過去を振り返るきっかけにもなる。
頑張れ二代目寺尾。

もっとも本人はそうとうプレッシャーを感じているようだ。
しかし師匠自身も改名に関しては苦い過去がある。

初土俵以来「寺尾」を名乗ってきた師匠は、新十両のときに「源氏山」と改めたことがあった。
大正時代の部屋の横綱が大関まで名乗っていた四股名で、相当な出世名である。
当時小学生だった私は、大正時代の名前が突如復活するという大相撲の奥深さに感激したものだ。

しかし新しい源氏山はこの場所負け越し。
すると名前が大きすぎると言って、さっさと一場所でもとの寺尾に戻ってしまった。
当時小学生だった私は…なんだかとてもがっかりしたものだ。

のちに看板力士となった親方だってそんなことがあったのだ。
気楽にやればいいと思う。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。