スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白鵬がモンゴル相撲大会参加を断念

半月前に話題となった、
白鵬が母国でのモンゴル相撲大会への参加に意欲を燃やしているという話。
結局立ち消えになったようです。

ネット上に記事がないので、2日付けのスポーツ報知から手打ちで。

白鵬母国大会衣装なく欠場(報知)

横綱・白鵬(28)=宮城野=が一日、場所後に予定していた母国でのモンゴル相撲大会出場を断念した。「衣装がなかった」と大会で着る民族衣装の準備が整わなかったためという。(後略)


あとの文は他の話題なので省略。

一般の週刊誌までが扱うほどのニュースであったのに、
その結末を伝えるにしてはひどくそっけない書きぶり。
私は今回の挑戦に賛成だったので、肩透かしを食らった感じです。

憶測にすぎませんが、周囲からの反対意見が相当にあったのでしょう。
いかに父親がモンゴル相撲の第一人者とはいえ、当人は遊びレベルでしか経験がない。
苦戦が予想される。頂点に立つものとして日本の相撲を辱める真似はやめてほしい。
半月前のメディアの論調はおおむねそのようなものでした。
当人の耳にもそうした声が届き、結局「衣装が準備できなかった」
という見え透いたウソで話を片付けるしかなくなったのでしょう。

しかし気の毒です。
勝つことを義務付けられた立場を離れ、
一人の挑戦者として戦ってみたい意気込みが白鵬にはあったはず。
それがこうもあっさりと覆されてしまうというのは、何とも。

確かに今回のチャレンジは、プロフェッショナルとしての自覚に欠けるという見方もできます。
しかしルールが違うのだから負けたって当然、という意識をもっと見る側が持ってもいいのに、
とも思うのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。